加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2020.01.21
NEW!

撫で肩のシンガー

プロゴルファーやフィギアスケートといったスポーツ選手の場合、コーチが果たす役割がとても重要だと言う。

誰でも上手く出来ている時は、誰からも何も教えてもらわなくてもちゃんと出来たりするものだが、やがて調子が狂ってしまい、ちゃんと出来ていた時から何がどう変わってしまい、元の良かった状態に戻すにはどうすればいいのか、という点を的確にアドバイスしてもらえると言う意味で、コーチの果たす役割はとてつもなく大きいと言うのだ。

それがちょっとしたフォームの乱れが原因だったりするみたいで、とても繊細なことらしい。

常に正しいフォームで出来ていればいいが、人間なので100%いつも完璧な姿勢やフォームでいるなんてことはあり得ない。

スポーツって大変だな、と他人ごとのように思っていたが、、、実は歌を歌うシンガーにも同じことが当てはまると言う。

ついこの間のこと。

忙しい事を理由に2ヶ月近くサボっていたボイストレーニングへ。

自分では日課にしている発声練習はやっていたし、その間に何本もライブをこなし、レコーディングもやった。

そりゃ調子の良し悪しは日によってあるものの、昔に比べれば声が出る日と出ないの差は明らかに小さなものになってきたという自負はある。

つまりは、自分の中では歌を歌う行為自体の平均点がそれなりに上がってきた感覚があると言うこと。

そんな僕が先生の前で歌い始める。

そこで先生、、僕の歌う姿勢を見るなり一言。

「肩が上がってるよ。特に右肩が。」

え、、と鏡の中の自分をよく見ると、、確かに右肩が上がっている。

おそらくギターを弾く時のストロークを繰り返すうちに、知らず知らずのうちに右肩に力が入って上がってしまっていたみたいだ。

背筋を伸ばし、胸を左右に広げるイメージで息を吸い込んでから両肩を持ち上げる。

そこから、息を吐きながら肩をストンと落として脱力する。

それを何度か繰り返して、やっと歌を歌うために必要な正しい姿勢が出来上がる。

それを何度かやってみる。

それでも「まだ、右肩が上がってるね。」と。

意識して右肩を下げる。

半ば力を入れて強引に右肩を下げないと下がらない。

こんなに肩を下げても大丈夫か??

ただでさえ僕は撫で肩なのに、取り返しのつかないようなとてつもない撫で肩になってしまうではないか、と心配する。

僕の中では、バブル時代の全盛期にみんな肩パット入れて怒り肩にするのがかっこいいというイメージがまだ強く焼き付いているのに。

そう、そのイメージに反する事をやってていいのか。。。

まあ、撫で肩でもトム・クルーズみたいにカッコいい人もいるし。。

そんなどうでもいい事を考えながら、何とか肩を下げる。

下げる途中で右肩から肩甲骨にかけてビリビリと電気が走る。

痛てて・・。

ここまで下げると、結構な撫で肩だ。

僕はここしばらくの間、肩の力を抜いているような気持ちになっていたけど、実は全然力が抜けていなかったことらしい。

そんなこんなで、なんとか肩を下げることができた。

そして、正しい姿勢でちゃんと歌詞の合間に息を吸う事を意識すると、、なんと、、苦労して満足に歌えなかった曲が楽に歌えるではないか。

いやあ、コーチって凄いな。

歌の先生曰く、世界的なシンガーになると日常生活をずっと共にし、正しい姿勢がキープできているかを常にモニタリングする専属コーチを付ける人もいると聞く。

姿勢って大切だし、繊細なものだし、、、レッスンには定期的にいかないとダメってことだな。

サボっちゃダメと。

ハイ、また一つ勉強になりました。
2020.01.15

一週間の諸々。。

カレンダーを振り返ってみると、恒例のラジオ企画のマンスリーソングを披露しないといけなかったこともあり、先週一週間は曲作りに没頭した週だった。

簡単な2曲分のデモをプロデューサーの安藤さんに聴いてもらって、そのうちの1曲を12月・1月のマンスリーソング候補として歌うことに。

色々と歌詞を書き直したりして、木曜日の夜には何とか完成させ、翌日の金曜日はラジオ収録のため名古屋へ。

その日の収録は、俳優で東京やんちゃボーイズのリーダー、南翔太君がスペシャルゲストとして登場。

色んな話が出来てとても楽しい収録だった。

ちょうどその収録回がオンエアされた日、東京やんちゃボーイズが出演してくれた「スタートライン」のPVが解禁となった。(まだ観てない人は、ぜひ観てね〜❤️❤️→ https://www.youtube.com/watch?v=ZLDtPzEVgQo )

撮影のときの話はこのブログの中でも紹介したけど、スーツ着て革靴履いて走るのはキツかったなあ。

PV観てくれた友人からは「走りが軽いね〜」と。。。いやいや、、ありがとうございます!

東京やんちゃボーイズの皆んなは僕よりもまだまだ若いから大丈夫だろうけど。

特に南翔太君は、その昔ウルトラマンだったし。

まあ、僕が決めれる話ではないけど、もうしばらくは走るPVの撮影はやめておこう。

いや、僕の年齢を考えれば、この先ずっとやめておいた方がいい。

もっと言えば、AK監督の年齢と体重を考えればなおさらだ。

それがみんなの為というもの。。。

さて、スタートラインのツアーライブも残すところあと大阪と東京の2回のみ。

曲を書いたりレコーディングしたり、ゴーンさんのニュース見たりと忙しかったので中々手が回っていなかったけど、もう大阪のライブまで日にちがないではないか。

リハもそうだけど、、、そろそろ集客を頑張らなければ。。。

そして、スタートラインのPVの中で一緒に走ってくれた東京やんちゃボーイズが、僕の東京ファイナルのライブにゲスト出演してくれることが決まった。

こちらも皆んなで盛り上がれば、とっても楽しいライブになりそうだ。

大阪でのライブには、神戸を中心に活動中のcheri*さんがゲストに来てくれる。

メジャー経験もある小柄な可愛い女性シンガーソングライターだけど、声もギターもとてもパワフル。

ぜひ一度生で聴いてみてほしい。

そして、、、僕も頑張るぞ!

と、いうことで、加藤ヒロ CONCERT TOUR 2019-2020 “スタートライン” 大阪と東京のチケット、まだお買い上げ頂いていない方、、是非とも宜しくお願い致します!

ちなみに、東京ファイナルは僕のバースデーライブです!51歳になります!

このまま全力で50歳代を駆け抜けます!

あ、、さっき走らない方がいいと言ったばかりだった。。。(笑)
2020.01.05

2020年のお正月

12月に入ってからは、あっという間に時間が過ぎて年が明けたけど、あっという間に時間が過ぎるのはどうやら年明け以降のお正月も同じらしい。

もしかしたら、師走に感じていた時間の早さは、慣性の法則が働いて年明け以降にも引き続き影響を与えるのかも知れない。

どの時代にあっても時間はいつもあっという間に過ぎ去るものであり、ぼんやりとしていると乗り遅れてしまうものなのか。

お正月休みは、束の間の日常からの脱却だ。曜日の関係で今年は例年よりも脱却期間が長かったからか、ちょっと休みボケみたいになってるかも。

ギターを殆ど弾くことのなかったノンビリとしたお正月休みに、2020年早々世間への乗り遅れ感は否めないが、もうそろそろかつての日常生活に戻るタイミングが来たということで、心を入れ替えて頑張っていこうかと思う次第である。

ギターをあまり弾かなかったおかげで、疲労が蓄積していた両腕の痛みも大分取れたし、お酒もバカみたいに飲まなかったので、去年は正月早々に風邪をひいて最悪だった喉の調子も、今年はまずまずの状態を維持している。

あと一週間後には新年一発目のレコーディングも控えているし、その前にラジオ収録もある。

曲も書かないといけないし、ライブの準備とラジオ企画のカバー曲の練習もしなければならない。。。

会社の会議もあるし決算とか予算とかも考えないといけない。

鍼にも行きたいし、、ずっと年末のゴルフの翌日から肩と腰が悲鳴を上げている。

そして、遥か昔に訳の分からない回線を無理やり契約させられたまま2年おきに自動更新されていた意味不明の携帯電話回線が、やっと契約期間満了を迎えてその解約手続きの為にわざわざドコモショップにも出向かないといけない。

昔のことなのでよく覚えていないけど、通話料が安くなるからといって不要な携帯電話をどさくさに紛れて一個買わされた記憶が微かにあって。。。これって何かと世間を騒がせてる”か◯ぽ生命”と同じような手口だったのか??先日、いつも使っている携帯をiPhoneに変えた時に発覚したからいいけど。。。

まあ、色々あるけど、色々あるのが日常ってもの。

面白くないこともあれば、楽しいこともある。。怒ったり、笑ったり、悔やんだり、優しい気持ちになったり、、そんな日常をもっともっと今年は曲にしていきたいなと、、思うお正月なのでした。

2020年、お正月。。。中吉。

可もなく不可もなく。。。それが一番かもね。

今年も宜しくお願いします。

加藤ヒロ


2019.12.31

雨のち晴れの大晦日

年末恒例のゴルフコンペ。今までは、ほぼ毎年不参加だったけど、今年はちょっと特別な意味があって予定を調整して強行参加。

幹事は高校1年の時のクラスメートで、僕のすぐ後ろの席に座っていたK田君。K田君は途中で転校して行って、普通なら二度と会うことはないはずなんだけど、まさか50歳になって彼と一緒にゴルフしてるなんて誰が予想しただろうか。ちなみにK田君と再会した時は、彼はプロゴルファーになってた。すごい。。

朝から雨が降りしきる中、僕たち1組目がスタート。一緒に回るのは、僕と中学生時代からの同級生に、その彼の教え子でもある広島カープの岩ちゃん。

そう、今年は岩ちゃんが引退を表明して現役最後の年となったので、コンペの名前も岩本カップに。。長年の現役生活の労いも兼ねて僕も参加させて頂く。

やがて雨は止んだものの、ぬかるんだ不安定な足元か、一年の疲労の蓄積か、それとも前夜の飲み過ぎか、、それぞれが抱える理由によりスコアは皆んなボロボロに。。まあ、僕はいつも通りだったけど。

表彰式の後、K田君の粋な計らいで僕のミニライブをやらせてもらう。CDも沢山買って頂いて、、皆さま、感謝です!

一夜明けて2019年の大晦日。前日の雨雲に霞んだ空からは打って変わって、朝から青空が広がる。朝のうちに新幹線に乗り込み、実家のある街へと移動。

途中、窓からは見事な富士山が。

今年は色んな事にチャレンジさせてもらった年。まだまだ必ずしも先が見通せるような状況ではないけれど、感じ始めている微かな手応えのようなものを、少しずつでいいので確かなものに変えていければ、と思う訳でありまして。引き続き頑張っていきたいと思います!

今年お世話になった皆さま、本当にありがとうございました。来年も宜しくお願い致します!

2019年大晦日
加藤ヒロ
2019.12.27

かぶりまくり。

12月19日木曜日の夜、ツアーライブ3本目の広島・ヲルガン座でのライブを終えてひと段落、、と思いきや、25日と26日の2日間にわたり開催される
「JACO Fes 2019冬」の準備が何も出来ていない。。。

広島から大阪に移動し、あれこれ必要なものを買い揃えようと、クリスマス前の大勢の人でごった返す梅田の街へと繰り出す。

今回のJACO Fesの舞台での僕の役は、ギターで歌う流しと釣り人の役。出番は短いけど、二役やるのは意外と大変だ。

流しの役では、歌い終わって投げ銭をおねだりするための帽子が必要。

グランフロント大阪の帽子屋のお兄ちゃんに、普段でも使えそうな僕に似合う帽子を選んでもらう。

それをかぶって鏡を見ながら「僕はシルクハットみたいな帽子、似合わないんだよね〜。」と謙遜気味に言うと、

「いえいえ、街ですれ違っても、あれ、変じゃない?、、とは絶対思わないっスよ。」

あ、そう。。。変じゃないレベルなんだ。。「似合ってる」って言ってくれないんだ。。。

まあ、いいか、と勧められた帽子を購入。

今回の流しの役は、投げ銭をおねだりするも誰もお金を投げ入れてくれない状況に、「お呼びでない、、お呼びでない、、、こりゃまた失礼しました〜!」という伝説の植木等さんのギャグで落とすという脚本。

JACOメンバーからは、「ヒロさん、この役、美味しいっすよね。」とか「この役、もらった時にずいぶんとやる気モード上げたらしいっすね。」とか言ってくるけど、、んなアホな、、誰がじゃ。。。

こんなの、、一人のミュージシャンがやる演技のK点を遥かに超えちゃってるでしょ。。。

こうなりゃ開き直ってやるしかない、と本番では「こりゃまた失礼しました〜」は、大声で叫ぶ。

そしたら、最後の「た〜」の部分が普段使わない声帯から声が出たみたいで、喉がおかしくなった。

滑ったのか。。受けたのか。。。まあ、、いいか。

兎にも角にも、JACO Fes 2019冬も沢山の方々にご来場いただき感謝感謝。

これで今年の僕のイベント出演も全て終わり。

購入した帽子がすっかり気に入った僕は、ずっと帽子被りまくり。

それにしても、今回のJACOメンバー、みんな名前が被りそうで、被らないややこしさ。

「しょうた」に「しょうたろう」に「こうたろう」がいて「りょうた」もいれば「りょう」もいる。

珍しいよね。。

そんな中、今回のゲストは、俳優のヒロ・ホンダさんと加藤ヒロ。。。

こっちは被っとるやんけ!







2019.12.21

面白そうだから追いかけた、という感じで。

よく晴れた月曜日の朝、PVの続きを撮影するため都内のスタジオへと車を走らせる。

空はいつもよりも青味がかっていて、日中の気温も例年よりも高くなる予報だ。

スタジオに到着すると、同時並行で撮影しているショートドラマの撮影中で、スタジオ内の空気は出演する人達の熱気を幾分帯びている。

「おはようございます!」

いつもの仲間といつもの挨拶を交わす。

朝の冷気をコートに纏って入ってきたばかりの僕が、その空気感に馴染むのに時間はあまりかからない。

ショートドラマの撮影は順調に進み、無事に終了。

その後、僕のPV撮影へ。

「今日は、たくさん走りますから。」と前もってAK監督から言われていた。

だけど、それを聞いた時点では、それがどう言う意味であるのかをあまり理解できていなかった。

室内での撮影が終わり、いよいよ走る場面の撮影のため屋外へ。

春になれば桜が満開になるであろう川沿いの道を、スーツを着た僕がギター片手に走る。

走る。

そして、また走る。

僕にレンズを向けたまま後ろ向きに走るカメラマン。

その前を交通整理役でAK監督と演出家のNK先生が交代で走る。

そして、僕の背後から派手な衣装を着た4人組の男達が僕を追いかけてくる。

この4人組は、、、今年の夏に結成された東京やんちゃボーイズ(https://twitter.com/yancha_tokyo )だ。

このシチュエーションは、、一体、、なに??

AK監督からは「よくわからないけど、面白そうだから皆んな追いかけてきた、と言う感じで。」という指示が。

なるほど、、、そこに合理的な理由は必要ないらしい。。。

まずは、AK監督の膝が最初のダッシュで悲鳴を上げる。

NK先生も走る速度が徐々に落ちてきて、挙げ句の果てにコース取りを間違えて僕の隣でカメラに映り込んじゃってるし。。。

東京やんちゃボーイズも、まだ僕よりもずいぶん若いはずだが、かなり息が上がってきている。

ぐんぐんと上がる気温に、全員の額に汗が光り始める。

メイクさんは大変だ。

やんちゃボーイズの拓玖君は、背中に貼っていたホッカイロを剥がしている。

僕のふくらはぎも、5本目のダッシュが終わった時点で急にずしりと重くなった。

小春日和のような空の下、川沿いの道路を移動しながら、10本近くダッシュしただろうか。。

さすがにもう走れない、、という状況になって、ようやく撮影は終了。

さて、どんな映像に出来上がる事やら。。。

僕はと言えば、この後の3日間は脛のあたりが重度の筋肉痛に。。。。

ああ、、鍼に行きたい。。

でも、楽しかったから、、ま、いいか。。


2019.12.15

リベンジは終わらない

振り返ってみても、ここ10日間くらいの出来事がうまく記憶に刻まれていない。

決してやることがなくて、特徴のない似たような毎日が続いた訳でもない。

結構、忙しい日々が続いたはずだ。

だからと言って、時間に追われ慌ただしく”モノゴト”を上辺だけでやり過ごした訳でもない。

それなりにその時々のベストは尽くしている。

でも、何故だろう。。。僕ではない誰かが僕の身体を乗っ取って、色んな予定を僕の代わりにこなしてくれたみたいな感覚だ。

もしかしたら、記憶の帯を繋ぐ意識がやや麻痺状態に陥ってしまっているのかも知れない。。。そう、ヤツの侵略による後遺症として。

そんな日々を振り返ってブログに文字を綴るには、いささかリアリティーに欠ける気がしなくもないが、ブログと言うのは書かなければ何の価値も産まないと言うことで、できるだけ思い出して書いてみることにする。

ツアーの初日の東京公演が終わった翌日以降、結構忙しい日が続いた。

グループ会社の人事考課の会議に出席し、中途採用の若手と入社前の食事会をし、あまり気乗りしない会議にも3つほど出席した。

週末には一昨年に亡くなった愛犬の納骨の為に田舎にあるお寺にも出かけた。

週が明けて、新曲のレコーディングも行い、その数日後には、寒いビルの屋上で東京やんちゃボーイズのメンバーとPV撮影、そして別のショートドラマの撮影のあと、銀座での忘年会に出席した。

移動中の地下鉄の中では、読みかけの村上春樹の「1Q84」のページを開いては、やっとBOOK1の後編を読み終えた。

そんな日々を過ごしていると、気がつけば名古屋公演の前日になっていた。

自分を褒めるとすれば、この間何度となくお酒を飲む機会があったにも関わらず、適度にお酒を控えたことかな。

ところで、、あれ??肝心のライブの練習してる??

ライブ当日の11日の朝、前日に千葉でライブだったハルキ君とシュンタ君を車に乗せて名古屋へと向かう。

今回の名古屋・sunset BLUEでのライブは、僕にとってはある意味リベンジの機会でもある。

この場所で出演した春のライブには、苦い思い出しかない。

気合いを入れてリハに取り掛かるも、調子が上がる前にあっという間に時間切れ。。。

あれ???やばいじゃん。

もう、ぶっつけ本番に近いけど、、、、何とか名古屋公演終了。

始まって2曲目で嫌な汗をかきはじめ、その汗はライブ後半まで流れ続けた。。

色々と思うところはあるけれど、まあ、何とか出し切れたから良しとするか。

でも、まだまだリベンジが必要だな。

格子模様のシャツを着たスーパープロデューサーを含む満員のお客さん全員が、右手の拳を突き上げて「オウ!オウ!」叫び続けるようになってくれるまで、、、リベンジは終わらないな。


^
TOP