加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2020.04.05
NEW!

傍観できないので。。。

自宅に閉じこもっていると、ギターを弾く時間以外は、スマホをずっと見てる。

見ていると色々と勉強になる反面、言いたいことも多々出てくる。

僕が言ったところで何が変わる訳じゃないんだろうけど、この一大事の局面において実際に起きている事について傍観する事はできない。

事後的に「あーだ、こーだ」と文句を言ってもあとの祭りだ。

殆どの政府関係者もお役人も一生懸命やっているんだとは思うけど、こういう局面だからこそ僕らも市民権を持つ人間として、もっと踏み込んで政治参加すべきなのかも知れない。

何が正解かも分からない状況で、批判や反対意見もあるかも知れないけど、そういった意見をぶつけ合わないと辿り着けない結論や考え方もあるはず。

批判を恐れて自分の意見を飲み込むのではなく、生産性のあるメッセージであればどんどん発信して行こうと思う。

メッセージを発信しようと思うと、色々勉強しなければならないことが増える。他の人の意見も色々と見るようになる。それによって自分の考え方も整理されるし、知らなかったことを目にしたりもする。

それだけでも、とても意味のあることのはず。

でも、ブログだから、あまり難しくならない程度に。。。。

まず、今、緊急事態宣言を出すべきか否かで議論が起きているけど、出すことの目的とその効果、それによって失うものの定性的・定量的な比較考量に基づく総合的判断以外にはない。

それを踏まえて、もう個人的には緊急事態宣言を出すタイミングに来ていると思う。

緊急事態宣言を出しても都市封鎖は現実的には無理だし、外出も現行と同じ自粛要請と変わらないのかも知れない。その意味では、小池都知事の要請による週末の外出自粛は一定の効果が出ていると思う。

でも、問題は平日だ。かなりの会社が在宅勤務や分散出勤に切り替えているが、未だにテレワークの体制が整っていないからという理由で、通常出勤の体制を維持している会社もある。

最近は地下鉄やバスに乗っていないから分からないけど、聞こえてくる話ではやはりラッシュ時にはそれなりの”三つの密”状態が発生しているようだ。

緊急事態宣言を出すことで、企業は出勤体制の見直しを余儀なくされるはずだ。自覚症状が出ない場合がある特性を考えれば、平日の外出人数を減らす効果はかなり大きいと思う。

まだ危機意識は十分なレベルまで浸透しているとは思えない。

経済とのバランスをとることも重要だが、一定期間、例えば3週間か4週間、積極的かつ徹底的に自粛することで、みんなが一斉に耐える時期を乗り越える方法が最も効果が高いように思える。このままズルズルと破滅に引き摺り込まれる一線を超える事態だけは回避しなければならない。

日本は幸いなことに何とか爆発的な感染拡大を押さえ込めている。このタイミングでこそ引き金を引かないと取り返しがつかなくなるのは、海外、とりわけニューヨークの状況を見れば明らかだ。

日本は違う、と思うのは、その可能性は否定しないが、、甘い。

そもそも東京オリンピックを何としても今年敢行する→難しいかも知れないけど、できるならば今年実施したい→今年無理でも中止だけはご勘弁を、というズルズルな結果を繰り返してはならない。

中途半端な初期対応が結果として事態を悪化させている可能性がある以上、あわよくばこのまま経済と感染拡大の抑え込みの両立を維持して世界の注目を、、、、と目論むのはあまりにも危険すぎる。

状況が好転することで、緊急事態宣言を途中で撤回することは可能だが、遡って宣言することは出来ないのだから。

一方で、経済対策が不可欠なのは言うまでもない。

個人的には、こう言う時にこそ躊躇なく赤字国債を活用すべきだと思う。国家予算の半分を使ってでも、、だ。国が生きていれば国家予算の半分の赤字国債はどれだけ長い年月がかかってもコツコツと返済する事ができるが、国の経済が死んでしまっては元も子もない。

あと、政府が発表した条件付きで一律30万円を支給すると言う対策。。個人的には良いアイデアとは思わない。

こう言う時に出す対策はシンプルであること、つまり、分かりやすさが一番重要。それが、国民の心理的不安の軽減に寄与するはずなのに、所得が半減だとか、自主申告して書類を見せろだとか、そんなややこしいやり方はこの状況には適さない。

ましてや、役所に出向いてこい、なんて言うことは外出の自粛要請を行なっている最中では以ての外だ。もっとデータベースやネット環境を活用すべきはずなのに。

5Gの時代がもう来ているが、通信技術がどれだけ進歩しても、それを活用するだけの制度と仕組み、社会インフラが追いついていないと意味がない。3000億円かけて導入したマイナンバー制度は何のための制度だったのか。中途半端に形だけ作りました、で終わっているツケはこう言うところで出てくるのかも知れない。

今、僕らが出来る事はとても単純で小さな事。でも、とても重要。

それは、出来る限り人と接触する外出機会を制限する事。

東京オリンピックを来年実施するならば、僕らが向けるべき視線は、日本国内ではなく全世界に向けられなければならない。オリンピックは一時的なものだけど、インバウンドに依存する経済構造が出来上がっている業界の回復や国外への人の移動を含めて僕らの生活が元に戻るためには、全世界が新型コロナウイルスの脅威から解放される必要がある。

1日も早く日本単体として元の状態に戻ること。そして、その先に余力があれば、これから感染拡大が懸念される発展途上国やウイルスの収束にまだ目処がつかない先進国への支援を日本としても積極的に行なっていくこと。

苦境の中で求められるリーダーシップは、集団が目指すべきものを明確に提示し、共有化を図り、そこに向けた分かりやすいロードマップを描くことだ。

森友、加計、公文書改ざん、桜を見る会、、、度重なる出来事によって、相当程度の国民の信頼を失ってしまった(?)今の日本のリーダーが「いつまでに必ず新型コロナウイルスを収束させる」と言う強い意志を示し、全国民の協力を仰ぐためにも、緊急事態宣言は出されるべきものである、と感じてならない。
2020.03.29

今年度、最後のオンエアデス!

Facebookで数年前の今日の思い出を知らせてくる機能がある。

先日、その機能で手元に届いた写真がこれ。

去年の3月末までやらせてもらっていたTOKYO FMでのラジオ番組にゲストで来てくれた杉山清貴さんとのショット。

ちょうど1年前か、、、と懐かしむ。

TOKYO FMのラジオ番組が終了して、去年の4月から始まったZIP-FMの「MIDNIGHT RUNWAY」というラジオ番組。

当番組は、お陰さまで4月以降も継続となった。

そう、ラジオ番組は4月と10月に改編の時期を迎えるので、どの番組が終わってどの番組が続くのか、あるいはあの番組があの時間帯に移動になるとか。。。まあまあ現場は戦々恐々とする時期なのだ。

「MIDNIGHT RUNWAY」の継続は、いつも聴いてくれている ZIPPIE(ZIP-FMではリスナーの事をこう呼ぶのです。)の皆さん、そしていつもお世話になっていますZIP-FMの皆さん、番組制作に携わって下さっている皆さまのおかげなのです。

感謝感謝!

今日、3月29日の深夜0時から今年度最後のオンエア。

いよいよ僕が書き下ろした2月3月のマンスリーソング候補を披露。

一年間、聴いてくださった皆さま、有り難うございました!

そして、また4月以降も引き続き宜しくお願い致します!

4月のマンスリー企画「ヒロとハカセの温故知新カバー研究所」で取り上げるのは、偶然にも杉山清貴さん。

懐かしい曲を改めて聴いてます!

そして、雪から変わった雨が降りしきる今日。。ストーブをつけた部屋の中でこのブログを書いている途中、僕のヘッドフォンから流れてくるのは、オメガトライブ時代の最後のアルバム「 FIRST FINALE」から「君はIN THE RAIN」という曲。

雨だからね。。いいなあ。。いい感じだなあ。。

それにしても、オメガトライブ時代の曲は、コードが難しい。。。。

外出自粛の中、練習して次の収録に向けて練習、練習と。

こんな感じの日曜日。

杉山さんにもう一度、会いたいなあ。。




2020.03.19

春が来た、、ようです。

数日前のこと。。

閉め切られたカーテンの隙間からは、白み始めた外の気配が窺える。

春近しとはいえ、外はまだ凛とした空気が張り詰めている。

布団の中にいる僕の意識は、深夜の熟睡状態から徐々に水面近くへと浮上し、浅い眠りの中でノンレム睡眠とレム睡眠を何度か繰り返す。

眠りと目覚めの間を彷徨いながら、なんとか均衡を保ったまま、、再び現実社会へと繋がる扉に手をかけようとしている。

意識は、、一歩一歩着実に朝の覚醒へと近づいている。

ふと無意識に打った寝返りの瞬間、鼻がムズムズ。。。

その直後、鼻の奥から脳天にかけて、とある感触が走る。

そう、こみ上げるクシャミの感覚。

ダメだ、、、これは我慢できそうもない。

鼻から吸い込む空気の濃度が一気に増した瞬間、僕の意識は覚醒へと大きく前進する。

そして、その吸い込んだ空気を一気に吐き出す。

「ハクション!」

ああ、、たった一回のクシャミで、余韻を味わうはずの朝の春眠から完全に目覚めて、、現実社会に繋がる扉を開けてしまったようだ。。。

あの夢の続きをもうちょっと見ていたかったのに。。。

「ハクション!」

これは、、花粉だな。

ありがたいことに僕は杉花粉にはそれほど反応はしない。

反応するのは、どちらかと言えばヒノキ。

それにシラカンバ。

こりゃ、いよいよヒノキ花粉も飛び始めたか。。

でも、今の僕の花粉の症状はこの程度で済むからまだマシだ。

以前は、春先から夏が始まる頃までは毎日のように薬を服用しなければ、まともに1日を過ごせないくらい酷かった。

数年前に食事の内容を大きく見直してから、花粉症をはじめあらゆるアレルギー症状が劇的に改善した。

これはありがたい。

「昔は酷かったけど、今はもう花粉症は治ったんだよ。」

と自慢げに言う。

そんな時に限って、その翌日くらいに思い出したように花粉症の症状が酷くなる。

神様なのか、仏様なのか、はたまたお天道様なのか、、空の上から見ていて何かを警告してくれているのかも知れない。

「花粉症、、治ったなんて思うな」と。

だから今は軽々しく「花粉症が治った」なんて言わないようにしている。

きっと一歩間違えば、また症状が酷くなるような、、危うい均衡を保っている状態に過ぎないのだろう。

食事を変えてアレルギーが短期間で改善したとすれば、油断して暴飲暴食を少し繰り返しただけで花粉症なんて再び重症化するに違いない。

自分の身に降り掛かる全ての物事には、きっと何らかの意味がある。

それは神様なのか仏様なのか、、はたまたお天道様なのか、、誰かが企図したものなのかどうかは分からない。

でも、起きる事象についての意味を考えることは、自分への戒めを込めてとても大切なことなんだろうと思う今日この頃だ。

花粉症が酷くなくても、、季節はもう春。。。

9年前もそうだったように、、心から笑顔になれる春ではないけど。

とにかく今は、、耐えるしかないんだろう。。

来るべき笑顔になれる春を待ちわびながら。

そう考えれば、、今の世の中で起きている事象は人類に対して何の警告の意味を持つのだろう。。

その警告に真摯に耳を傾け、自らを見つめ直すことが出来れば、きっと事物はいい方向へと進んでいくはず。

耐えるべき時は、耐えるしかない。

そんな事を考えながら、、一人篭り場に閉じこもって曲を書いて過ごす、、2020年の春なのです。
2020.03.10

僕のビートルズ

先日、ラジオ番組の中でビートルズを取り上げてみた。

小学5年生の頃に初めてビートルズの歌をテレビで聴いて以来、僕にとっては中学を卒業するまでずっと音楽と言えばビートルズ一色だった。

高校受験を控えた中学3年の秋に、ただただビートルズの曲をギターで奏でたくなって、近所の知り合いの人から古びたクラシックギターをもらってきた。

でも、弾き方が分からないまま、そのギターは、、結局、、返しちゃったのかな。。。捨てちゃったのかな。。

それから時を経て、高校3年生の春に新聞配達のアルバイトで貯めた貯金で買ったMorrisのアコースティックギター。

今でも持っていて、時々弾いたりしている。

音のバランス悪いけど。

結局、Morrisのギターも独学で勉強するも、どうやって弾けばいいか分からないまま、その後約四半世紀にわたりギターケースに仕舞い込まれたまま。

僕が42歳の時に再びギターを手に取るまで、長い長い冬眠生活を過ごすことに。。。

ケースから出したのは、義理の妹の結婚披露宴で、さだまさしの「親父の一番長い日」を弾き語りしたときくらいか。

チューニング狂いまくって失敗したけど。

今考えたら、よく人前で弾き語りなんて出来たものだ。

ところで、中学生の頃に父親におねだりして買ってもらったビートルズの解散10周年を記念して発売されたアルバムセット。

それが何処にあるんだっけ、、とふと思い、部屋の中の本棚の奥にあった”ソレ”を引っ張り出して中を開けてみた。

箱を開けるのは、、果たして何十年ぶりだろう。

懐かしいポスターとか、子供の頃に部屋に飾っていたパネルとかが、いっぱい出て来たので床に広げてみた。

懐かしいなあ。。

ちょっとしたコレクションだ。

全部レコードだから、いつの日かレコードプレーヤーを買ってゆっくりとワインでも飲みながら聴いてみたいなあ。。

あの頃に弾けなかった曲も、今ならきっと弾けるはず。

片っ端から弾いて歌ってみるのも悪くないね。


2020.03.04

簡単にはいかない

今年最初に書き下ろした「幸せなRadio」という曲のレコーディング。

駿汰君のドラムとまさや君のベースを録り終えて、夕方から僕のギターと歌を録り始める。

ギターは何とか録り終えたものの、この日は今一つ歌の調子が上がらない。

気分転換を兼ねてメンバーと一緒に夕食を外で取り、スタジオに戻ってきてからは環(たま)ちゃんのグランドピアノ。

いい感じでピアノを録り終え、残すは僕の歌だけ。

密閉された地下のスタジオ空間。

僕はヘッドフォンを耳に当て、一人マイクスタンドを前に悪戦苦闘を繰り返す。

何とか歌も録り終え、日付が変わる前に家路につく。

翌日は4時起きで名古屋に車移動しなければいけないので、早く寝なければ、、とお風呂に入り速攻で就寝。

早朝の目覚めは、前日のレコーディングの疲労が抜けない感が満載で体が重い。

まだ眠い身体に鞭打って新東名を西へと走らせる。

静岡SAで最初の休憩。

すると大阪に住む高校時代の同級生からLINEが。

なんで??滅多に連絡なんてない友達からLINE??

「コロナ大丈夫か?もう歳なんだから無理するなよ。」と。

なんで??どっかで今の僕を見ているのか??

午前9時前に名古屋に到着。

午前中の用事を済ませて、お昼からZIP-FMにてラジオ収録。

この日は通常収録に加えて「ヒロとハカセの温故知新カバー研究所」企画のカバー曲も収録。

疲労に寝不足が重なり、何とか最後まで走りきった感じ。。

出来栄えは、、聞かないでってところ。

ちゃんと練習してからYou Tubeにアップすることとしよう。

ラジオ収録を終えてからその足で大阪へ。

途中、新名神の菰野ICの側、湯の山近くの温泉施設「アクアイグノス」に立ち寄る。

敷地内には温泉のほか、スイーツや石窯パン、イタリアンに割烹料理店、さらには宿泊施設も。

服を脱ぎ捨て、ヘロヘロの僕は沈み込むように露天風呂に首まで浸かる。

湯船の湯気を取り払うように、微かに春の匂いが混ざった乾いた風が吹き抜ける。

すると露天の前に植栽された小さな竹林が風に揺れる。

「いいか。世の中っていうのは思う通りにはいかないんだ。時には行く手を阻む風も吹く。そんな時はこうやって風を凌ぐんだ。根元から、そう、柔らかくしなるように、風に身を委ねるように揺れていればいい。大事なのは、、風に負けて折れないことだ。」

細いながらも青く伸びた竹が揺れながら僕に語りかける。

「簡単にはいかない。何事も。だからそれを存分に楽しめばいい。簡単に上手くいってしまえば、楽しみさえも直ぐに消え去ってしまう。」

風呂上がり。

見上げた東の空には、ロケットが遥か彼方に飛んで行った跡のような雲が。

ああ、僕もいつの日か一気に遠くまで飛んでいきたい。

でも、簡単には上手くいかない。

だから面白い。

「幸せなRadio」。

ZIP-FM「MIDNIGHT RUNWAY」の新オープニングテーマソングとして流れる頃には、平穏な日々が戻っていることを祈る。
2020.02.27

気分を変えて

ネットでもテレビでも新聞でも、朝から晩まで新型コロナウイルスのニュースばかり。。。

大変な時期だし、亡くなられた方も増えてきたし、、本当に気が滅入る。。。

事実に目を背けないという意味では、これから検査対象者数が増えるに従い、日本での感染者数も自ずと増えていくことを覚悟しておかなければならないのかも知れない。

個人的には、世の中の感染リスク自体は、時差通勤とか在宅勤務が広がり始めている今よりも2週間前の方が高かったような気がするけど。。

致し方ないとはいえ、相次ぐイベント中止にエンターテイメント業界も本当に大変みたいで。。飲食店も。。。

イベントキャンセルは保険の対象外で補償が下りない、というのがニュースになっているけど、、会場費とかは、、全額とは言わなくても、主催者側に何らかの救済があってもいい気がするなあ。

本当に一日も早い終息を願うばかりだ。


暗いニュースばかりブログに書いていると益々気が滅入るので、ここは気分を変えて少し音楽の話題を。。

幸いにも開催させて頂いた先日の僕のツアー最後のライブ。

開演までに会場で流すBGM用のCDを作るように言われ、、、さて選曲をどうしようかと悩む。。。

本当に僕の好きな曲でいい、ということだったので、洋楽・邦楽を織り交ぜて、基本的にはAORを中心に曲を選ぶ。

中心はやっぱり80’sのJ-POP。。

ライブの後、会場に来ていたお客さんが「BGMで馬場さんの曲、かかってたよね?私たち、馬場さんのファンクラブ入っているんだけど、馬場さんの曲がかかるなんてびっくり!」と。

お、、分かっていただけて僕も嬉しい!

喜んでいただけて良かったです。

僕的には、「東野純直の曲かかってたけど、びっくりした!」

という人を期待してたんだけどね。

東野純直の「80’s」は、僕のニューヨーク時代のカラオケの十八番。

とても懐かしい。。。

と、いうことで、僕の選曲はこんな感じ。。

M1 Everybody Wants to Rule the World(Tears for Fears)
M2 NO END SUMMER(角松敏生)
M3 80’s(東野純直)
M4 カナリア諸島にて(大滝詠一)
M5 MARIA(稲垣潤一)
M6 Don’t Dream It’s Over(Crowded House)
M7 START(DEPAPEPE)
M8 一本の音楽(村田和人)
M9 ワルツ(スネオヘアー)
M10 The Big Blue(杉山清貴)
M11 In Only Seven Days(Queen)
M12 LADY BLUE(山下達郎)
M13 君はレースの途中のランナー(馬場俊英)
M14 Just When I Needed You Most(Randy VanWarmer)
M15 優しい最後の夏(安部恭弘)

安部恭弘とか、、分かる人には分かってもらえるよね。。
2020.02.18

人生100年時代の折り返し地点

私ごとではありますが、本日51歳の誕生日を迎えました。

たくさんの方からのメッセージを頂戴しまして誠にありがとうございます。

幸せなことに、この10日ばかりの間に色んな方から誕生日のお祝いをして頂いたので、気分的にはここ数日で3つか4つ歳を重ねた気分。。

でも、実際には本日をもって一つ歳を重ねたと言うのが唯一の真実のようだ。

人生100年と言われる時代。

でも、最初の50年と残りの50年では、過ぎ去る時間の早さとその時間を過ごす意味合いは随分と異なるんだろう。

そもそも100年も生きられる保証なんてないから、どうなるか分からないし。

30年前には人生100年なんて一般に言われることはまだ無かったはず。

もしかしたら、あと30年経ったら人生150年時代なんて言われてるかもね。

だとしても、そこまで生きる保証はないことに変わりはない。

つまりは、与えられた時間を、いかに楽しく過ごすか。

それに尽きる。

よく悔いのない人生を過ごしたい、と言う言葉を聞く。

でも、僕の人生、悔いだらけの人生だって構わないと感じる。

僕の言う人生の楽しさの定義には、嬉しいこと、楽しいこと、やりたい事ばかりの人生ではなく、後悔とか、苦しみとか、嫉妬とか、人との軋轢から生じる嫌な思いとか、色んなものが含まれる。

そう言う負の部分も引っくるめて、人生の楽しさと言うパイを如何に大きくすることができるか、と言うのが信念だ。

そのパイを大きくするためにはどうすればいいか。

答えは簡単だ。

チャレンジすること。

チャレンジして失敗すること。

その失敗から学んで、またチャンレジすること。

そして、小さな成功を手にして、その喜びを胸にまた次にチャレンジしていくこと。

その過程を通じて、嬉しいこと、楽しいこと、嫌なこと、苦しいこと、、、全部くっついてくる。

人生100年の折り返し点を昨日の24時に折り返し、今日の0時にその後半の一歩を踏み出した。

今日までは、どちらかと言えば失敗を恐れたり、人目を気にする生き方だった気がするから、これからは人目を気にしないような生き方、失敗を恐れず自分をさらけ出す生き方が出来ればいいな、と願う次第である。

2020年2月18日
加藤ヒロ


^
TOP