加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2018.04.30

畑仕事。。

目が覚める。。

つい数時間前まで出張先の空港に到着してホテルを探して、やっと目的地であるホテルにたどり着いたばかりなのに。。

出張先の国の名前は、、、ああ、、思い出せない。。

到着してチェックインできないまま彷徨った街。。

やっと見つけたホテルで、チェックイン後にすぐに飲まされたウォッカに、そのまま気を失ったか。。。

朝、、目が覚めたのはいいが、、ここは、どこだ。。

中東とウクライナとかカザフスタンの近くだっけ。。

確か、、国の名前は、、、アリ、、なんだっけ。。ああ、、思い出せない。。

アリ、、アリ・ハリル。。

いやいや、、いくら解任騒動があったとしても、、、そんな名前の国はないはず。。


時差は。。。日本との時差は。。そもそも、、今、、何時だ、、?

ああ、、頭がいたいのと、、睡眠不足で、、何もかもがメチャクチャだ。。

そういえば、、今回の出張はクライアントの営業マンと一緒のはず。。

僕は、一体、、どこにいるのか。。

部屋中に目を凝らす。。

それでも一切時計の時刻が目に入ってこない。。

目を擦っても擦っても、、、今、何時か、、把握することができない。。。

次の瞬間、、、朝の朝食を済ませた僕は、今日の現場へと出発する集合場所に。。

気がつけば、、クライアントの超お偉いさんを前に、少数メンバーによる会議の真っ最中。。。

超お偉いさんの質問に、、訳が分からず答えられない僕。。

隣にいるちょっとだけ優秀な若手のバンカーが、解決策を模索してなんとかその場をやり過ごす。。

「こういう問題は、、やっぱり金融出身の人間しかわからないですよね〜。。」とお茶を濁す僕。。

「そりゃ、そうですよね〜。」と合わせるクライアントの中堅の事務局部隊の人たち。。

ああ、、、なんてことだ。。。

みっともない。

昨日の重いコンダラがもたらした肉体的な疲労は、悪夢という形で僕に影を落とした。。。

これ以外の夢にも、、似たような後味の悪い夢を覚えている限り3回は見た。。。。




リアルな朝に目を覚ましたのは7時。。

床に着いたのが9時半だったから、、睡眠時間は十分のはずだ。。

でも、、夢の中で何度も目を覚ました僕は、、、なんとなく眠れた気がしない。。

体は、、重い。。

筋肉痛が出てくれれればまだマシだが、、、まだ筋肉痛に発展する前の、、、筋肉痛の元が体中に蓄積し、筋肉痛という症状を発症させる前の極めて不快な疲労感に体はまだ包まれていた。。。




それにも負けず、、朝の散歩を済まし、朝食を終えてから野菜の苗の調達に出かける。。

毎年お世話になっている農園だ。。

帰ってきてから昼食もとらないまま畑仕事へ。。。

今日もまた、雄のキジの雄叫びは、、絶好調だ。

作業をしているうちに、肥料が切れているのに気づく。。

で、近くのホームセンターに買い出しに。。

有機苦土石灰を撒き、仮の畝立てを行い、そこに堆肥と肥料と鶏糞を散布して、自慢の小型自走式トラクターで畑を耕す。。

夕方5時を過ぎた。。

キジが本日最後の雄叫びをあげたところで、僕も作業終了。


いやあ、今日も働いた。。

こんなに働き者は、ちょっとした村の集落の若手ホープNo.1になれるぞ。。



ヘトヘトになった僕は、ギターさえ弾くことはできないくらい、腕はパンパンだ。。

もう、、弦を押さえても、ピックで爪弾くことなんて出来そうもない。。

ああ、、、明日は東京へと戻る。。

できるなら、、すっとここでこうして暮らしたいものだ。。
^
TOP