加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2018.06.24

ああ、取り戻せない時間よ。。

失くした時間。。。取り戻せない時間。。

そんなセンチメンタルな言葉、、遠い青春を思い出させるかのような言葉だ。

ところが、僕にとっては失くした時間は、日常的な生活の中で結構ある。

特に、昔は多かった。。



例えば、Excelで投資意思決定に資するための複雑な財務モデルを自分なりに組んだりしていた時、、急にパソコン画面がフリーズして動かなくなったりして、、

昔は今ほどオートセーブ機能や作業の復元機能が発達していなかったから、一度失われたデータは僕たち素人ではまず復元することはできなかった。

だから、30分くらいかけて作ったモデルを、またゼロから作り直し、ということを幾度となく経験した。

なによりも、そのモデルが複雑な前提条件とか変数要因とかを設定しながら、慎重に考えて考えて苦労して作り上げたものである場合、もう一度その作業を繰り返さねばならない時の精神的なダメージは計り知れない。。。

それが、深夜の作業だとすればダメージは倍増したし、その時の誰にもぶつけることができない如何ともし難い思いは、、、タバコの煙と一緒に天井に向けて吐き出す他に術はなかった。

ところが、そんな失われた30分は、僕の経験からすれば意外と簡単に取り戻すことができる。

一度試行錯誤しながら30分かけて行った作業は、もう一度ゼロから作り直したとしても、およそその3分の1くらいの時間で復元することができる。

それが、ノウハウというものだ。

つまり、短縮された20分という時間を他の生産的な時間に当てることができれば、それは新たな価値を生み出すことにつながる。

これがこのノウハウが持つ価値だ。

失われた30分を取り戻す作業というのは、実は自分にとって単純に無駄な作業なのではなく、その30分の作業が自分に授けてくれたノウハウの価値を測るための大切な時間だったということだ。

と、、前向きにいつも考えていた。


今朝、起きてipadでRPGの画面を開ける。

「あれ?昨日手に入れたはずのアイテムがないぞ。しかも、昨日半分達成したはずのタスクが消えているし。。あれ?おかしいな。。」

どうやら、昨日の夜酔っ払っている時に、携帯からアクセスしたゲームが最新のステータスのものではなかったらしく、古いステータスのものに上書きされてしまったらしい。。

ショック。。。

これは、 Excelのモデルのように復元することは不可能だし、、パラレルワールドのようにもう一つの道を歩み直さねばならない。。

まあ、、あくまでもゲームの中の世界だけど。。



今や、Excelでも音楽ソフトでも、パソコンの作業で何か失敗するとすぐに「UNDO(やり直し)」のボタン一つで”無かったこと”にすることが可能だ。

それに慣れてしまっていると、、、現実の世界で何かあった時に、、「あ、、ちょっと待って。。いまのなし。。UNDO、UNDO!」と心の中でUNDOボタンを探してしまうのは、、僕だけだろうか。。

人生には、、やり直しはきかない。。

全ては消えない歴史として、積み上がっていく。。

だから、与えられたその局面の中で、できる限りの努力をして道を選択していくしかないんだね。。

リアルとバーチャルは、、根本的に違うなあ。。

それにしても、、、ゲームの失われた時間、、ショックだなあ。。。
^
TOP