加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2018.08.25

レコーディング開始!

昨日から始まったアルバムの残り2曲分のレコーディング。

思い返せば、ちょうど1年前のこの時期に、ラジオ番組のテーマソング「Fighitng on the Edge」という曲をレコーディングした。

新宿にある大きな立派なスタジオ。

そんな大きなスタジオでのレコーディングは初めてのことだったから、何もかもが新鮮で、些細なルーチンワークにもいちいち関心したものだ。

その一つが、エンジニアの人たちの手際の良さ。

「1番のBメロの3小節目、最初のバージョンと3回目のバージョンと両方聴かせて」

とディレクターが言えば、間髪入れず、「これが最初のバージョン」「そして、これが3回目」とエンジニアが音を聴かせてくれる。

「それを最初の半分と後ろの半分を繋いでみて」と言えば、

キーボードをカシャカシャと叩いて、

「こんな感じです」と。

レコーディングは、ともすれば長丁場になる時だってあるし、1枚のアルバムを根詰めてレコーディングする場合なんか特に締め切りとの戦いにもなるだろう。

こうしたエンジニアも人たちの技術の高さがあってこそ成立するものなのだ、と改めて感心、、いや感動させ覚えたものだ。


さて、昨日は順調に2曲分のドラムとベースを録り終わったところで、僕のアコギをレコーディング。

ドラムはいつもお願いしている駿汰、ベースもいつもの井上まさや君。

もう、ずっとこのアルバムの制作に携わってきてくれたので、多くを語らずとも音作りもいい感じで出来たみたい。

井上まさや君は、かの名ベーシスト、チャックレイニーが憧れのようで、いつも「チャックレイニーみたいに・・」と言っている。

昨日もチャック全開、、いやチャック全快でベースを弾いてくれていた。

休憩時間、駿汰にこのアルバムでどの曲が一番苦労したか聞いてみた。

「Fly into the Summer」の夏の疾走感を出すのが難しかったとのこと。

へえ、意外だな。

僕なんか、毎回毎回新しくレコーディングする曲が一番難しく感じてならない。

レコーディングする度に、「今回が一番難しい曲ですよ」なんて言っている気がする。。

まあ、特に今回の「二度目のGood-byeは僕が呟く」という曲は、ちょっとエグいなあ。。

ドラムも、ベースも、ギターも、、、そして何よりも歌が難しい。。

今日が、その曲の歌録りの日。。

今日OKテイクでずに、明日も「二度目のGood-bye〜」の二度目の歌録りをやっている気がしてならないが。。。

さて、どうなることやら。
^
TOP