加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2018.08.29

ライブの後も。。

昨日の火曜日の夜は、Tokyo Funky Dollsのライブへ。

そう、僕のボーカルの師匠であるKiYOMiさんがリーダーを務める4人組ボーカルユニット。

僕もメンバーの皆さんとはとても仲良くさせてもらっています。


毎年、この時期にブリッツで開催するワンマンも、今年で5回目。

今夜は、懐かしいダンスナンバーを中心にオリジナル曲も散りばめて、ゲストにはマイケル鶴岡さん、ブラザーコーンさんが登場。。

大盛り上がりで、とても充実した内容のステージ。。大満足でした。

アンコールも終わり、お客さんが席を立って出口へと流れ始める。

ちょうど真ん中くらいに座っていた僕も席を立ち、するすると通路を通って出口へ。。

と、思ったところで、BARAKAのベーシストの依知川さんとばったりとご対面。

「元気?フェイスブックで見てるよ。最近、頑張ってるね。」と優しいお言葉を頂戴する。

「恐縮です。でも、まだまだです。全然まだまだです。」

「そんなこと言ったら、僕なんかも全然まだまだなんだよ。」

さすが、、常日頃から謙虚なお方。。

そういうお人柄だから、そんなすごい方でも僕みたいな無名ミュージシャンのバックをやっていただける訳だ。

依知川さんとご挨拶して3歩歩いたところで、今度は僕のライブでキーボードのサポートをお願いすることの多い稲垣さんとばったりとご対面。

あらら、こんなところで、大御所のミュージシャンのお二人に挟まれてしまった。。。

「一緒に楽屋行こうよ。」と、依知川さん。

3人で舞台裏の楽屋へと移動する。

そこで、物販コーナーに移動するFunky Dollsのメンバーとバンマスの高見一生さん達とすれ違う。

「お疲れ様でした!また、後ほど」。。



それにしても、依知川さんは有名人なので、行き交う人が握手を求めてくる。。

さすが、、元沢田研二バンドのベーシストだ。。

依知川さんも稲垣さんも、大物メジャーアーティストのサポートを長年やってこられた方だから、ブリッツなんて自分の庭みたいなもの。

後片付けで慌ただしい舞台までたどり着いて、そのまま顔パスで楽屋へ。。

依知川さんと稲垣さんは、出演者のみなさんに声をかける、、けど、、出演者の人たちは僕をみて、「誰、この人?」という感じで「ぽか〜ん」としている。

はい、僕、無名のミュージシャンなんで。。

出演者の中にキーボードの友成さんを発見。

この方も、大御所の方。

僕の大好きな村田和人さんのライブとかレコーディングでキーボードを弾かれていた
お方。

一度、クロコダイルの楽屋でお会いしたことはあるけど、ちゃんとご挨拶したことがないので、、初めましてのご挨拶。。。

ああ、、緊張。。

そうしている間に、依知川さんと稲垣さんとはぐれてしまった。。


ライブの後で投稿された依知川さんのフェイスブック。

あの後、はなわさんと飲みに行って音楽談義に花が咲いたと、ツーショット写真があがっていた。。。

あー、僕もそこまでついていけば良かったなあ。。

はなわさんと握手くらいしてもらえただろうに。。

残念!


それにしても、まあ、、ライブの後も、なかなか楽しい夜でした。
^
TOP