加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2018.09.08

雨と畑とキジと栗

3週間ぶりに山小屋へと向かう。道中、、高速走行中に雨が。。

通り雨かと思いきや、目的地に近づくにつれ雨足は強まるばかり。。

そして、到着する頃には雨は本降りに。。

せっかく畑仕事をやろうと思っていたのに、、、こりゃ今日はやることないな。。

やることないので、ギターをつま弾きながら窓の外を恨めしく眺める。。

止みそうもないので、諦めていつもの蕎麦屋へ。。

土曜日にしては珍しく、お昼時でも並ぶことなく店内へ。

いつもの店員さんのご機嫌は、、、斜めの一歩手前という感じ。

お店が混んでないのになぜ?

と思ったが、忙しさ対策で若い女の子をバイトで雇ったものの、この天気で客の入りが今ひとつだからか。。。

蕎麦を食べ終わり外に出てみると、雨が小降りに。。

これなら何とかなるかと、農作業に必要なものを買い揃えてから山小屋へ戻るなり、急いで着替えてから出陣。

長靴に履き替え手袋をして、まずは大きく膨らんだインゲンを収穫。

それから、伸び放題のカボチャの蔓を剪定して、サツマイモのツル返し。

それでダイコンとカブとタマネギを植える畝を確保。

土作りのため、久しぶりにミニ耕運機を出動させる。

畝作りが終わる頃には、晴れ間が見えてきた。

と、敷地の門の方をみると、この辺り一帯を縄張りにしているオスのキジが呑気に歩きながらうちの敷地の中へ入ってくるのが目に入る。

まるで鳩のように頭を前後にしながら歩いている。

足音を立てないようにそっと近づく。その全身はビロードのよう。深い緑と青と黒、そして赤が混ざり合った見事な色彩を纏っている。。

その優雅な姿からは、、あの「ギャー、ギャー!」とけたたましく上げる鳴き声は想像がつかない。

是非、このチャンスに鳴いている現場を一度見てみたいと、キジを見つめたまま心の中で、、「鳴け!さあ、あのけたたましい鳴き声を上げてみろ!」、、と叫ぶ。

と、、、僕の気配に気づいたか。。足早に敷地の外へと出ていった。。

ま、、キジ遊びはそれくらいにして農作業に戻る。。。

最後はニンニクを植えて作業終了!

結局、、今日は一回もキジの鳴き声は聞こえなかったな。。

夕方からはまた雨が。。

農具を片付けていると、目に入ったのは駐車場の脇に転がる落ちたばかりの栗のイガイガ。。

そうか、、やっぱり山は秋に入ってるんだ。。

季節は確実に、、進んでいるね。
^
TOP