加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2018.09.13

秋の夜長と蝉時雨

午後、野暮用が入って役所に出かける。

用事を済ませ、時計を見ると時刻は17時ちょっと前。

中途半端な時間だ。。さて、これから何する?状態。。

そう、高橋みなみの「これなに?」状態。

ちなみに、東京FMの「高橋みなみのこれから何する」が始まる13時前の番宣枠に、僕のFighting on the Edgeの宣伝が流れることが稀にあるという。

一度でもいいから聞いてみたいものだが、未だかつて自分のラジオ番組の番宣を聴いたことがない。

東京FMの人は、「時々、流してますよ。」と言っていたけど。。

まあ、流してるんでしょう。

聴いたこと、、ないけど。


それはさておき、これから何する?状態で道を歩いていると、ちょうど犬の散歩の時間なのか、結構な人が犬を連れて歩いている。。

そうか、、そういう時間か。。

たまには気分転換で、昔よく愛犬と行った公園にでもギター抱えて行ってみるかな。。

そう思い立ったら居てもたってもいられず、ギターケースを積んで車を走らせる。

ハンドルを握りながら、頭の中で想像する。。


公園は夕暮れ時。。

空気も少しひんやりした感じで、風も心地よく頬を撫でていく。

僕はベンチに腰掛け、ギターを爪弾く。

そこに何匹かのワンちゃんが、時折僕の目の前を通って行く。。

ちょうど僕の前を通り抜ける時に、ワンちゃんは必ずチラッと僕の方を見るんだ。

そう、ギターの音色が一瞬気になってね。

聞こえてくるのは、ギターの音色とスズムシにコオロギ達の虫の鳴き声。。

ああ、、気持ちが良い夜だなあ。。

気がつけば、辺りはとっぷりと暮れて、見上げると大きな月が夜空に浮かぶ。。

うん、、良い夜だ。。

秋だなあ。。


いいなあ、いいなあ、そんな感じ。。と、想像しながら公園の駐車場に到着。

そそくさとギターケースを取り出し、公園内のお目当ての場所に向かう。。

すると、座ろうとしていたベンチが空いていた。。

シメシメ。。と、腰掛けてギターを取り出し、アルペジオで弾き始める。

そこで、気づく。。

聞こえてくるのは、、秋の虫の鳴き声、、ではなくて、、、こりゃ、、セミの鳴き声だな。。

まだまだ木々が生い茂った公園では、沢山のセミが最後の力を振り絞るように鳴いている。。

紛れもない、、蝉時雨だ。。

風は無風状態で、、湿気があってムンムンしている。。

ジメジメして、、全然、気持ち良くないぞ。

ワンちゃんなんて、さっきから全然通らないし。。

しまいにゃ、、蚊が寄ってきた。。

結局、3箇所も刺されたし。。

こりゃ、たまらん、と退散。。

結局、30分もいられなかった。。

気持ち良い秋の夜は、何処に。。。

まだ、都会の公園では、夏の延長戦が行われているみたいですよ。。
^
TOP