加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2018.09.17

走れヒロ(ス)

夕方、篭り場を出て駐車場に向かう。

すると、携帯にこの付近で「激しい雨」が降ることを告げるメッセージが。。。

その数秒後、計ったかのように大粒の雨がポツポツと落ちてきた。

見上げると低く垂れ込めたネズミ色の雲が空を覆っている。

夕暮れ時も相まって、空は雨雲と共に街に闇までもたらそうとしている。

「こりゃ、まずいぞ。」と、僕には珍しくカバンを抱えて駐車場目指して走り出す。

珍しく、、というのは、基本的に僕はよほどのことがない限りは、走ることはないからだ。

例えば、駅で電車が発車間際であっても、走ってでも乗ろうとしない。次の電車を待つ。

歩行者用の信号が点滅している時でも、無理して渡るために走らない。次の信号を待つ。

ついでに言えば、美味しいレストランやラーメン屋とか、流行りの店にも並ぶことはない。こういうのは待たない。別の店に行く。

とにかく、僕は「走らない。並ばない。」がモットーの人間。

そんな僕を走らせるくらい、小ぶりであってもその雨粒は大きく、お天道様がスイッチさえ入れれば、今にすぐにでもゲリラ雷雨のような雨に切り替えてしまいそうな危機感を抱いたということ。

まるでその光景は、「降り出した雨と 動き出す街の灯り 立ち止まる君に ようこそ〜」という山下達郎の「土曜日の恋人」の気分。。

走り出してしまえば、意外や意外、軽やかな足取り。

フルマラソンで2時間1分台の世界記録が出たらしいけど、、この走りを42.195Kmを続ければ、そこそこのタイムが出そうなくらい。

と、、思ったのも最初の200mくらい。。

雨は、本降りの様相を呈していた。

車まであと300m。。

ここで、緩やかであるものの上り坂が。。

これこそ、東京国際マラソンでゴール手間の心臓破りの坂のよう。

僕の心臓はその名の通り、バクバクして破れそう。

そんな状態で、なんとか車までたどり着く。。

ああ、、間に合った。。

車に乗り込んだ途端に、雨は本降りに。。

家に帰る途中、歩いている人は傘を差しているけど、自転車に乗っている人はもう完全に開き直ってびしょ濡れのまま走っている。

お気の毒に。。

そして、ワイパーも効かないくらいに雨はゲリラ的に。

そうこうしているうちに、自宅に到着。

駐車場から自宅の玄関の扉までをダッシュする。。

もう足は動かない。。

この30秒足らずで、、、一番濡れた。。

もっと足腰、、鍛えよう。
^
TOP