加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2018.09.29

予知夢

時刻は夕方。。

地下鉄の駅の構内へと続く階段の入り口まで、何としても急いでたどり着かないといけない。

走る。。とにかく、走る。

その理由は、わからないけど、、とにかく急いでそこまでたどり着かなければならないのだ。

空は灰色の曇天。。

その空から大粒の雨が落ちてきた。。

みるみる間に雨は豪雨へと変わり、風も強い逆風となって僕に向かってくる。

その逆風に負けじと全体重を前にかけて、とにかく早く目的の場所までたどり着こうとする。。

でも、その思いとは裏腹に、一向に前に進むことができない。。

足が、、、走っているはずの足が全く前に進んでいないのだ。

雨足は強まる一方で、傘をささない僕の全身はびしょ濡れだ。。



と、うめいているところで目が覚めた。。

ああ、夢だった。。悪い夢だ。。

生まれてから夢の中で走る夢は幾度となく見てきたけど、、一回として僕は夢の中で早く走れた試しがない。

いつも、、早く走ろうと焦れば焦るほど、前に中々進まない。。。

そんな夢ばかりだ。

なぜ、、進まない。。

夢は、、人生を暗示している??

焦らず、じっくり歩いて生きろということか。。。?



もしかしたら、この日に観劇に行く予定のmosaiqueの舞台のFile2「Rain」が故の雨、、という暗示かも。。

で、、行って来ました。。mosaiqueの舞台。。

明日の千秋楽も顔出します。

台風が来てるけど、、大丈夫かな。。

昼間は、Mr. Aに誘われたので、銀座での往年のアーティストのライブを見に行く予定。。

それが終わってからmosaiqueの舞台に移動。。

時間は、、大丈夫か。。?

間にあうのか??

台風が来ていて、、地下鉄に駆け込む感じのスケジュール。。

雨の中、地下鉄の構内へと続く階段の入り口に駆け込む僕が脳裏をよぎる??

あ、、このことの予知夢だったかも。。。


台風被害、、大したことないように、、祈ります。
^
TOP