加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2018.09.30

優雅な日曜日、、のち嵐

朝起きると台風はまだ九州の方に。

テレビでは、強風に煽られて吹き飛ぶ屋根やら根こそぎ倒れた街路樹の映像が流れる。

関東地方は、今夜から明日未明にかけて雨・風共に強まる予報。

朝のうちは、我が家の窓から見える空には雲が低く広がっているが、まだ強い雨は降っていない。

今日は、お昼前には出かける予定。


朝食を済ませてから、1時間ほどエレキギターで遊んで、その次の1時間は早速受講を始めたばかりの専門学校の講義をWEB上で受講する。

なんだか受講するだけでは、勉強のポイントを教えてくれるだけなので、試験のためには膨大な量の基準を暗記する必要がありそうだ。

こりゃ、、大変だな。。。

最近は暗記なんて、丸っきり機会がなくなってしまってるし。。

まあ、試験まではまだ時間もあるし。。


と、、気づいたらあっという間に出かける時間に。。。

向かったのは銀座にあるNudishというビーガンレストラン。

今日はこのカフェレストランで因幡晃さんのライブ。

友人でもあり、仕事のつながりもあるようで無い、いや、、無いようであるMr. Aからのお誘いだ。

関係者の方々に挨拶を済ませて、Mr. Aと真昼間からビールで乾杯。。

うん、、お店の雰囲気もいいし、、、明るい時間帯からお酒が飲めるなんて、なんていい休日だろう。。

この後、僕はmosaiqueの17時からのFile 2の最終公演のエンディングに登場して、エンディングテーマである「Fly into the Summer」を歌うことになっている。

まあ、、時間もあるし、、その頃にはお酒も覚めるだろうし、、因幡さんのライブが終わって移動して、、時間もちょうどいい感じのはず。。

うん、今日のプランは完璧だ。。


と、そこでプロデューサーからLINEが。。

「台風の影響で夜の公演が中止になった。なので、予定していたエンディングイベントを急遽昼の公演でやることになった。急いで渋谷に来れるか。」と。

げ、、因幡さんのライブ、、始まったばかりなんだけど。。

でも、これは緊急事態と、、因幡さん熱唱中に僕からMr. Aに事情をLINEで説明。

Mr. Aも、それは大変だから、、と同意。

「よし、次の曲が終わったら出よう。。」

と、思ってたら、因幡さん、、怒涛の3曲連続の熱唱に。。

しかも、ステージ降りてきて僕たちのテーブルのちょっと先くらいで立って歌ってるし。。

こりゃ、熱唱中に席を立つのは無理と判断。

次のMCの機会を待つこと10分。。

で、曲終わりに関係者の方に頭を下げながら外へ。。すいません。


急いでタクシーでmosaiqueの舞台会場である渋谷へ。

少し時間がかかったけど、何とか間に合う。

それでも、僕の出番まではあと10分も無い。

急いで着替えてギターの準備をして、ハイ、スタンバイOK。

でも、その時に気づく。。

今日は、全然発声練習なんてしていないし、声を出したとすれば、Mr. Aとの他愛の無い会話くらいだ。。

うう、、まさかあのビール飲みながらの幸福な時間を過ごしたMr. Aとの会話が唯一の発声練習になるとは。。

覚悟を決めて舞台へ。。

そして、無事終了。。

まあ、、ビールとワイン飲んだ割には、まあまあ声、、出ましたわ。


mosaiqueの皆さん、夜の最終公演は中止になって残念だったけど、、きっとこれはこれで何か意味があるんだよね。

驚いたのは、会場限定の超先行発売となった僕の新アルバム「In the Breeze」を思いがけず沢山買っていただいたこと。

「劇の中で聞いていて、とてもメロディーが良かったので。」

いやあ、嬉しい、、そして、ありがたい。。。感激だ!

是非ともリリースライブも、、お待ちしております。

mosaique、、居ないけどね。

そして、今は外は暴風雨。。

まあ、中止は致し方なかったね。残念だけど。。

また、File 3で!
^
TOP