加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2018.10.31

左脳と右脳

とある人が言っていた。

人口知能(AI)が人間に取って代わる時代が来たら、人間が失う仕事の大部分は、左脳に依拠した職種だと。

左脳に依拠した職種の典型例は、会計士や税理士だとか。

それを言っているそのお方ご自身が会計士の偉い先生なのだが。

つまり、会計士による監査という仕事は、難しい会計基準等を紐解いて解説し、それを現実の経済事象に適用することで、企業の決算書が適正に作成されているかをチェックする役割を果たす。

それらの業務は、物事の合理的な解釈とか暗記といった左脳主体の作業に主軸を置き、重要な判断を下す局面が無いわけではないものの、そこに右脳を必要とする、、そう、純粋に何かを産み出すための創造性(クリエイティビティ)はほぼ必要無いという。

一方で、会社の経営、とりわけ社員のモチベーションを上げる雰囲気作りや重要な局面における経営判断などは、左脳だけでは執り行うことは出来ない。

マニュアルなんて存在しないし、世の中を見回してもオーナー経営者の会社は、そのオーナーの発想力や勘の良さ等の目に見えない「何か」に依拠して会社が成り立っているケースも多い。


さて、音楽といえば、、僕は詳しいことはわからないが、どちらかといえば左脳ではなく、右脳を使うみたいだ。

だから、世の偉大なる経営者は、音楽や芸術に明るいとのだと、その方は言う。

僕は、世の偉大な経営者でも何でもないけど、、ただ音楽をやっているという理由だけで、そのお方からお褒めのお言葉をいただいた。


ところが、音楽は右脳と言うものの、、必ずしも右脳だけではダメなような気がしている。

特に最近そう思う。

M&Aの現場の第一線から退いてから3年近くが経つけど、その間、何かを暗記したり、難しい文章を読んだり、、、ましてや新聞といった世の中の動きを知るための記事でさえ読むのが億劫になってしまった。

つまり、左脳を全く使わなくなってしまったのだ。

そんな僕が、新しい国家資格の勉強をしようと、この10月から左脳をまた使い始めた。

難しい文章を解読しようと頭をひねったり、難解な専門用語を理解しようとしたり、長い文章を暗記したり、また、そのためにノートにその文章をボールペンで書き写したりと。。

この3年間、ほぼやってこなかったことだ。

だから、とても左脳を使い始めてこの1ヶ月、、、長年、慣れていた生活スタイルに少し戻ったためか、不思議と毎日が充実している気になってくる。

音楽だけの事を考えれば、そんな勉強なんてしないで曲でも書けばいいのに、、と自分でも思うし、「今更そんな国家資格取ったって意味ないんだから、もっと若い人達がやっているベンチャー企業を支援したりとか、そういうものに時間をエネルギーを費やしたらどうだ、、」と、これまた別のあるお方から怒られてしまった。

いや、ごもっともである。。

しかーし、、、ここにきて曲のメロディーが溢れるように思いつくので、その現象にとても戸惑っている自分がいることに気づく。。

こんなに携帯にメロディーを立て続けに録音したことなど今までにないくらい。。

もちろん、メロディーの出来栄えは別としてだけど。

自分ではこの現象は左脳活性化の影響なのでは、、と分析している。

この分析の、、根拠なんてないけど。


でも残念ながら、暗記作業とかウェブで講義受けたりしていると、、曲を作る時間が全くと言っていいほどない。。

だから、国家資格なんてどうでもいいから、ほとんど趣味で講義受けて勉強すれば、全体のバランスが取れるのでは、、なんて思ったりするけど、、国家試験合格というモチベーション無くして、難解な文章の 暗記などできるわけもない。

なかなか、、全体バランスって難しいものだな。。


もしも、この1年間で僕が書く曲数が増えたりすると、、もしかしたら、本当の左脳活性化の影響かもね。。

でも、その時は国家試験は間違いなく落ちているかも。

来年の今頃、、検証してみよう。。

あ、、その前に、勉強が1年も続くという前提条件が必要だけどね。

僕、、、興味なくすと、、飽きっぽいから。
^
TOP