加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2019.01.06

年末旅行記〜その2〜

翌朝、朝日に照らされてオレンジに染まる岸壁を見ながら露天温泉に浸かる。。。ああ、天国だ。

このままじっと浸かっていたい、、と言いたいけど、さすがに露天は顔より上が寒すぎる。

日本海を吹き抜ける寒風が、濡れた髪を冷やすから風邪ひいてしまいそう。。。退散。

朝食後、宿を出発。

来る時とは違う海岸線の道を走る。

と、早速道の駅に寄り道。

道の駅の売店の入り口の脇に一匹の猫ちゃんが。。。

近づくとこちらに歩み寄ってくる。

こんな能登半島の先端の小さな道の駅の売店横にいつもいつもずっと座って誰かが来るのを待っているのかな。

そんな猫ちゃんのことを考えていると、、、人生ってなんだろう、、と深く考え始めてしまった。。。

お土産用にお酒を購入して再び出発。

ゴジラ岩とか塩田村とか千枚田とか寄り道しながら日本海を右手にみてひたすら海岸沿いの道をひた走る。

情緒あるなあ。。

ふと沖合を見ると幾つかの島影が。。

あれ?こんなところに島なんてあったっけ?

地図で見てみると七ツ島と呼ばれる小さな群島が沖合にある。

知らなかったな。実際にこの道を走ってみなければ、もしかしたら、こんな所に小さな七つの島が存在することを一生知らずにいたかも知れない。

旅の面白い所はこういう小さな発見だ。

輪島から半島を縦断して七尾市を経由して再び有料道路に乗って石川県と富山県の県境を目指す。

県境に到着して写真をパシャリ。

そこから見える立山連峰は圧巻。

そのまま南下して今度は内陸の冬山を登っていく。

辿り着いたのは、白川郷は合掌造りの集落。

すごい数の外国人観光客。

インバウンドの威力はすごいなあ。

そこから穂高方面へ車を走らせてその日の温泉宿に到着。

着いた時には辺りは真っ暗に。。

その夜も温泉に浸かって、21時過ぎにはもう就寝。。

また、明日。
























^
TOP