加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2019.01.23

左手の薬指。。

左手の薬指といえば、そう、、誰しもにとって特別な指ですよね。

婚約指輪と結婚指輪をする大切な指。

ここに来て、僕の左の薬指に焦点が当たってます。。

僕たちギターを弾く人は、暇があればギターの指板を抑える練習、いわゆる弦を弾きながら運指の練習ということをする。

テレビを見ている時とか、リハーサルの前とか、準備運動みたいなもの。

もともと、左手の指の運びがスムースでなかった僕は、ギターを始めた頃は運指の練習をしすぎて、というより正確に言えば運指の練習を力を入れてやりすぎて、結構な頻度で腱鞘炎になった。。

そういう悪い思い出があるものだから、あまり運指の練習を好んでしてこなかった、、というのもある。

だけど、左の指がもっとスムースに動くようにならないとダメだと、ギターの師匠に言われてここ数ヶ月は集中的に練習。。

それでも、なかなか左手の運指が滑らかにならない。

その原因を突き詰めたら、なんとその原因は薬指にあったみたいで。。

運指の練習だけではスムースに動かすことができないので、ギターを置いて、普通に指を動かす練習を始めた。

問題点として、、とにかく、僕の左の薬指は単独で動かすことができない。

つまり、左の薬指を曲げると小指も中指も一緒に曲がってしまう。

それを薬指だけを曲げるように特訓中。。

あと、小指と中指も薬指が一緒についてこないように単独で曲がるようにこれも特訓中。

右手ならできるんだけどね。。

皆さんはどうですか?

右利きの人が、左の薬指だけ曲げることできますか?

ちなみに、僕は、左も右も、人差し指と中指をくっつけて、同時に薬指と小指をくっつけて、二本組の指を使ってVサインを作ることができない。

バルタン星人みたいに。

人差し指と中指はくっつけることができても、そこに薬指が付いてきてしまう。

そもそも指を動かす腱に問題があるのかな。。

今更ながら、こんなことやっているなんてとっても恥ずかしいけど、、やらないといつまでも経ってもギターが上達しないので、、、

特訓、頑張ります!
^
TOP