加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2019.02.13

とある小さな街の夜

僕にとって大阪は住んでいる街ではないし、そんなに頻繁に夜の街を出歩く機会もある訳じゃない。

だから、自ずと出かけるお店は限られてくる。

G’s Barは、その限られたお店の一つ。

大阪の中心地から少し離れた郊外の小さな街の駅前にある。

そのG’s Barにて。

iQOSの見えない煙の匂いが漂うカウンターの一番奥の席に二人で並んで同時にビールグラスを傾ける。

少しタイミングをずらしてビールグラスを置いたシゲさんは、遠くを見る目で呟いた。

「最近、ちょっと凹んでんだよなあ。」

シゲさんがそういう弱音を吐くのは珍しい。

シゲさんは、僕がまだ学生だった20歳の頃からずっと可愛がってくれている8つ上の会計士の先輩だ。

僕が専門学校で会計士の勉強をしていた頃、会計士として監査法人で働きながらアルバイトで簿記の講師として授業を担当していたのがシゲさんだった。

僕が会計士試験に合格してからは、当時バブル絶頂期だったこともあり、シゲさんとは毎晩のように飲み歩いた。

僕にとってお酒の飲み方を教えてくれたのは、この頃シゲさんであるが、そのお酒の飲み方が一般常識から実にかけ離れていることに気づいたのは、ずいぶんと後になってからのことだ。

今では、昔に比べれば二人とも大人しくなった。

そう、バブル時代は永遠に幻想のまま記憶に残っていればそれでいい。

そんな昔から今日までの日々を振り返るようにシゲさんが言った。

「20年くらいお世話になっているクライアントのオーナーがどうやら重い病気にかかったらしいんだ。」

シゲさんが少しうつむくような姿勢で僕の方をちらりと見た。

痩せこけた頬とその殆んどが白くなった短髪のシゲさんの横顔が目に映る。

そうだよなあ。僕も来週で50歳になるんだから、シゲさんだって歳を取るよなあ。

「癌ですか?」

「そうらしい。もう80歳も超えてるからなあ。あの人には色んなことを教えてもらったなあ。」

時の流れは、空気と同じくらい当たり前のような存在で僕たちを包み込んで、その流れに乗って気づかないうちに人は歳をとる。

そして、何かをきっかけにしてその時の流れの速さに改めて気づかされる。

、、というのがシゲさんの心境なんだろう。

シゲさんと僕。。おっさん二人が並ぶカウンター。

その隣にはiQOSをふかす常連のおっさん連中が数人で騒いでいる。

それにチラリと目をやるシゲさん。

こうして騒いで笑って酒飲んでいるのが、なんだかんだと言って、楽しんだろうな。

シゲさんの横顔がそう語っていた夜。

そんな、ありふれた、、とある大阪の小さな街の夜。

「時代」という言葉が使われなくなって、、久しい夜のことでした。
^
TOP