加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2019.02.17

明治座にて「夫婦漫才」

今月8日から明治座で公演されている「夫婦漫才」。

原作:豊川悦司、演出:ラサール石井、出演は大地真央、中村梅雀、川崎麻世、村上ジョージ。。。。

錚々たるお名前ばかり。

今回、初回公演の好評ぶりを受けての再演とのこと。

その初回公演に続き、LIXILリフォームショップのショートムービーで主役を演じた南翔太君が出演されるということで、プロデューサーの安藤さんにお誘いいただき、秋山監督と作家の中井先生と一緒に明治座へ。

こういう大きな劇場に行くのは初めて。

エレベーターで上の階まで登って、お弁当とお茶を買って座席へ。。

急勾配の客席から見下ろすステージは圧巻。

開演5分前を告げるブザーの音に、「ああ、これぞ劇場だ!」と高揚感が高まる。

開演は12時。

舞台がスタートして、1時間20分ほどで前半は終了。

ここで30分間の休憩が。

この休憩時間にみんなお弁当を食べるのが恒例らしい。

そして、感動の後半がスタート。

大地真央さんの存在感は半端ないし、中村梅雀さんのお芝居もとても親しみが持てるし、、、ちょこちょこ出てくる村上ショージさんが面白かったなあ。

そして我らが元ウルトラマン、南翔太君。

主役の大地真央さんと中村梅雀さんご夫婦の長男役で劇の冒頭から登場。

とても目立つ役。

すごいなあ。。。

ストーリーは昭和初期を舞台に話しが始まり、終戦後の貧しかった時代を生き抜くとある一組の夫婦の物語。

笑いあり、涙あり、感動ありの超大作。

大掛かりな舞台セットと映像で、一気に当時の世界観に引きづりこまれていく感じ。

平成という一つの時代が終わろうとしている今だからこそ、心に響くものがあったなあ。


観劇を終えて、秋山監督達と楽屋スペースへ。

関係者以外立ち入り禁止の扉の向こうの廊下を歩いていくと、演者さんそれぞれの楽屋の入り口に名前が書かれた暖簾がかかっていることに気づく。

「あ、大地真央さんの楽屋。。そして、こっちは中村梅雀さん。。すごいなあ。。」

楽屋の廊下は挨拶に訪れた関係者の方々で活気付いている。

その人だかりの合間を縫うように南君の楽屋へ。。

そこで記念撮影。

東京公演の後は、大阪の新歌舞伎座での公演へ行くらしい。

お疲れ様でした。

益々頑張って欲しいですね!


^
TOP