加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2019.04.01

辛味大根と令和。。

4月1日、月曜日。。

気持ちのいい朝だ。白い雲が所々に浮かび、その遥か上空に青い空が広がる。

今日から新年度。通勤中の車で聴くラジオも新番組だ。

今日が初出社という社会人も多いだろう。

僕は、いつものように首都高の霞ヶ関出口で降りて、内堀通りを経由して会社のある丸の内方面へと向かう。

皇居のお堀の脇に列をなす柳の
枝には、淡い緑色の若葉が顔を出し、太陽の光に向かってその身をさらに伸ばそうと一生懸命だ。

まるでその生命がすでに果ててしまったかのような、、どす黒い茶色の木々の幹とは対照的にその新芽は黄緑色に光り輝き、新しい時代に向けてその生命力を誇示している。

馬場先門の周辺は、いつもよりも多くの人が訪れていて、警備も慌ただしくその準備が進められていた。

そうか。。今日は新元号の発表の日だからか。。。

予定では11時半頃に発表されるとのこと。

それに間に合うようにという訳ではないが、議題も尽きたので朝からの会議を早めに切り上げ、急いで籠り場へと向かう。

籠り場近くの駐車場に到着したのが11時半ちょっと前。

菅官房長官による新元号発表の瞬間を見逃さないように、ライブ映像を携帯に映しながら歩く。

昭和が終わり、平成が始まった30年前のこと。。

6畳一間の下宿先のアパートの小さなテレビ画面で、寒さに凍えながら見た、当時の小渕官房長官が「平成」という元号を持って発表する姿。。今でも瞳に焼き付いている。

その姿を、もう一度!

と、、お腹すいたし、ちょうどお昼前だから蕎麦でも食べていこう、といつもの蕎麦屋へ。。

席について注文して、携帯画面で菅官房長官の登場を今か今かと待つ。。。

でも、なかなか菅官房長官は画面に現れない。

「お待たせしました!」

と、菅官房長官ではなく、注文した辛味大根そばの大盛りが先にやってきた。

それでは、、とそばつゆに大根おろしとカイワレ大根とネギを入れていたら。。。携帯は、待受画面に。。

あ、、と思い、暗唱番号を押して、、再び携帯画面が映し出されると。。。。

そこに、「令和」と掲げた菅官房長官の姿が。。

ああー!菅官房長官が額縁を掲げる瞬間を見逃してしまった。。。

大根おろしとカイワレ大根とネギをそばつゆに入れるのに夢中になっていたからだ。。。

目を離したのはほんの一瞬だったのに。。

3秒くらいか、、遅かった。

それにしても、、ここの蕎麦屋の辛味大根は辛い。。

でも、それが美味しい。

僕の「令和」との出会いは、こんな感じ。

辛味大根と令和。時間差だったけど、ほぼ一緒に出てきた。

ずっと忘れないな。

「令和」。。

いい時代になるといいね。
^
TOP