加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2019.05.02

二つの時代を繋いだもの。。

世の中、平成が終わり令和元年が始まった話題で一色。

平成最後の日は、何かにつけて「平成最後の〜」とみんな言ってあらゆる事物を記念イベントに置き換えていた。

ちなみに、僕も例外ではなく、名古屋で平成最後のラジオ収録を終えて、その足で大阪まで移動。

平成最後の甲子園での阪神戦を観戦。

入り口で平成最後の阪神戦の証明書をもらったけど、折り曲げないと入らないくらい小さなカバンだったから、大切な証明書は一緒に行ったKB君の少し大きなカバンに預けたまま。。その写真がない(泣)。

この日の座席はバックネット裏のグリーンシート。。。おお、すごい!グランドが全部見渡せる。。今までの甲子園で一番いいかも。

数列後ろには、解説の掛布と福本が座っている。

試合前、広島カープの練習中に後輩の岩本選手に声をかけてやろうかと思ったけど、その日の朝に本人から「今日で抹消なんです。」とLINEが。。。残念。

まあ、また一軍に上がってくるの、待ってるよ。頑張れ!

試合は、広島ファンの人には申し訳ないけど、こんなのは久しぶり!というくらいスカッとした阪神の勝利を見届ける。

本当に観戦に行って阪神が勝利したのは何年ぶりだろう。。3年は経っているかも。。。前回勝利した試合の記憶がないくらい久しぶりだ。

試合後、梅田に移動して僕が時々行くバーでKB君と祝杯をあげる。

話し込んでいると、薄暗い地下のバーの中で映し出されるテレビ画面に、あと数分後に訪れる令和時代の話題でもちきりだ。

街はまるで大晦日みたい。

そんな時、平成が終わる1分前に僕が小腹が減ったと店主にお願いしてた「たこ焼き」の出前が届く。

平成終了30秒前にたこ焼きを食べ始める。

うん、、うまい。。深夜の「たこ焼き」は格別だ。

そして、平成終了と令和の始まりの瞬間、僕はずっと「たこ焼き」を口にほうばったまま。

なんと、、僕を二つの時代を繋ぎあわせたものは、、、意外にも大阪名物の「たこ焼き」だった。

そんなの、予想だにしてなかったわ。

で、、その日は酔っ払って帰宅。


翌朝、テレビで新天皇の儀式を見届けてから、小雨降りしきる中、大阪天満宮へ。

雨の割に人出が多い。。

お参りしておみくじ引いて、最後に無料で配布していた大阪天満宮の境内にある井戸水のペットボトルをもらって帰る。

これにて、僕の新元号を祝う儀式はおしまい。

さて、また明日から頑張ろう。







^
TOP