加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2019.06.01

退院

栄SP-RING 2019に向けた2回目のリハを終えて、ギター職人の所へと急ぐ。

修理に出していたギブソンのハミングバードの修理が完了したという知らせを受けて、だ。

全く、、セミハードのギターケースをチャックも閉めずに背負おうとして、結果、蓋が開きギターは落下。

アスファルトに打ち付けられたボディーが割れてしまうという始末。

人間、ショックの度合いが大きいと、目の前で起きた事をそのまま受け入れる事が出来ず、ただただ何かの間違いである事を祈るもの。

そして、誰かがプラカードを持ってきて、「じゃじゃ〜ん。ドッキリでした〜!」と言ってくれる事をどこかで期待してたりして。

あるいは、パソコンの「取り消す」というボタンをクリックして、今起きたことが無かったかのような状態に戻す事を無意識のうちに模索したりもする。

しかし、残念ながらどんな事をしても「覆水盆に帰らず」ということわざ通り、僕のハミングバードは壊れてしまったのだ。

そのハミングバードを引き取りにギター職人さんの家を訪ね、約2週間半ぶりの再会。

割れていたトップ上部とサイドの穴は見事に塞がれていて、見た目もニスを塗り直した後はあるけど、それも殆ど目立たない感じ。

弾いた感じも特に違和感ない。

ああ、良かった。

それにしても職人さんってスゴイね。

覆水ある程度は盆に帰る、ということか。

直している所を一度見てみたいものだ。

と、いう事で、サカスプにハミングバードが間に合ったので、一緒に名古屋に行こうかと思ってます。

^
TOP