加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2019.07.12
NEW!

ザクセンの風〜その3〜

この日は朝から僕のリクエストで楽器店へ連れて行ってもらう。

楽器屋まで車で走ること20分弱。

ドレスデンも御多分に洩れず車社会ではあるものの、市街地には路面電車が複数路線走っていて、車でも電車でも大体20〜30分も行けば生活に必要な買い物は済ませることができるし、空港にも行けるというから本当にコンパクトで暮らしやすそうな街。

ドレスデンの人口は約50万人というから、これくらいの規模感で街が完結している方が暮らしやすいのかもね。

さて、到着した楽器屋は、倉庫を改造したような店舗で中は結構広い。

ギターや管楽器やらハーモニカやら、あらゆる楽器を扱っているみたいだ。

日本の楽器店ではあまり見かけないアクセサリーもあったり、カッティングボード等の台所用品やショットグラス、リュックサックなどなど、楽器メーカーのブランドをサブライセンスして作られた生活用品も結構売っていて面白い。

色々見て回ってから、アコースティックギターが陳列している所で色々と試し弾き。

日本ではまだ珍しいフェンダーのエレアコが沢山並んでいて、色がカラフルでとても可愛いらしい。

せっかくなので旅の思い出に、、と青いボディーのフェンダーのエレアコを購入。

今度、ちょっとした弾き語りのアコースティックライブでサブとして一度使ってみようかな。


午後からは、ドレスデンの旧市街を観光。

旧市街には、石畳の敷き詰められた敷地にアウグスト1世の時代に建てられたバロック建築の建物が今でも多く存在している。

そのすぐ近くにある百貨店やブランドショップが立ち並ぶエリアがあるが、新しい街の機能と重厚な趣のある旧市街の建物がそれぞれの良さを活かしながら共存しているようだ。

まずはドレスデンを象徴する建物の一つ、フラウエンキルヒェ(聖母教会)に入ってみる。

ニューヨーク時代に色んな教会に入った経験があるけど、それに比べてやっぱりヨーロッパの教会って芸術的要素が半端ない。

しばし天井を見上げ言葉を失う。

このフラウエンキルヒェ、第二次世界大戦時に崩壊してしまった教会を、約10年もの再建工事を経て2005年に完成を迎えたそう。

こんなバロック様式の建物を再建するだけでもすごいなあ、と感じた次第。

その後は周辺を散策して、実際の馬が引っ張らない電気駆動の馬車(?)に乗って観光。

30分かけて旧市街地をぐるりと見物。

ドイツの中でも他の都市と一味違う趣のある街ドレスデンは、一度行ってみる価値はあるなと、そして改めて今回来れて良かったな、と思ったのでした。


夜になって町外れの川沿いにあるビール工場併設のビアガーデンへ。

ソーセージ等と数種類のビールを頂いて帰宅。

そりゃあもう、、ビールの味は最高でした。




















^
TOP