加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2019.07.30

祝!甲子園出場!

ちょうど七夕の7月7日のZIP-FMのラジオのオンエアで、「短冊に願い事を書くとすれば何?」というオープニングトークで、「夜中にラーメンを食べても太りませんように。」というハルキのどうリアクションしていいか分からない願い事に対して、僕の願い事は「母校が甲子園に行けますように!」という切実なものだった。

その願いに応えるかのように、母校の監督と選手が一丸となって県予選を戦い抜き、ついに15年ぶりの夏の甲子園の切符を手に入れた。

選手も頑張ったけど、母校OBでもある監督の荒谷先生にとっては、周囲からの重圧を背負っての戦いだったはず。特に春の県大会で優勝して夏の県予選は第一シードだっただけに、期待度は日に日に高まっていただろう。

その意味でも、本当に大変だったと思う。そんな重圧を跳ね除けて、監督就任からわずか1年での古豪復活劇に、荒谷監督が一番ホッと胸を撫で下していることだろう。

荒谷監督は、僕よりも8つほど年下で、僕が初めてお会いしたのはもうずいぶん昔のことだ。まだ、荒谷先生が野球部の監督になるずっとずっと前で、恐らく僕もまだ本格的に音楽を始めていなかったんじゃないかな。。。とある日、母校でずっと教員をやっている僕の旧友と広島で飲んだ際に、荒谷先生も一緒に夜食事をしたのが最初だったと記憶している。

ちょうど今年の3月に大阪で開かれた母校の同窓会でも、僕は荒谷監督の隣だった。色々と大変な思いをされている話も聞いた。伝統校の野球部の監督という立場が如何に難しいかという話も聞いていた。その5ヶ月後に、その時に話していた甲子園への思いが叶ったことが、僕は本当に嬉しく思う。

改めて、荒谷監督と選手の皆さん、おめでとう!という気持ちだ。

甲子園は全国の代表校が集まる場所だから、一つ勝つということがとても難しいことだとは思うけど、悔いのないよう全力でベストを尽くしてほしいと思う。

僕も時間が合えば甲子園に駆けつけるよ。


ところで、その同窓会の若手中心の二次会にて。。。僕は一次会と同じように荒谷監督の隣に座っていた。

そして、結構お酒も進んでの帰り際。

「ヒロさん、今度野球部の応援歌を作ってくださいよ。」

「おお、応援歌ね。任しておいてください!」

なんて会話、、したような気が。。。

うーん、、まずい、、これはまずい。

荒谷監督は、甲子園出場の約束を果たしてくれたけど、、僕の方は、、応援歌を作るという約束を果たしていないではないか。。。

荒谷監督が、、そのことを酔っ払って覚えていないことを、、今は祈ろう。。
^
TOP