加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2019.08.18

オレンジのリュウグウノツカイ。。。もどき

お盆休みシーズンの真っ只中。

都内はいつもと違って人が少ないけど、観光地はどこもかしこも人と車でいっぱい。

ところで、僕にとっての今年の夏は、ある異変が起きている。

一つは、海に一度も浮かべていないこと。

このお盆休みのチャンスを逃すと、本当に夏が終わるまでに海に浮かべないかもしれないので、台風が過ぎ去った後にまだ少し風が強い中、出航。

太陽はギラギラ。海はキラキラ。紫外線はマックス状態で気温もグングンと上がっていく。

夏だー!と叫びたくなる。

風は少しあるけど、まあ、釣りをするには問題ない程度。

出航して10分の場所にあるいつもの根周りからスタート。今日も五目釣り。

水深は30メートルから40メートル。

良型のカイワリとサバが釣れるも、ちょうど干潮を迎えて魚がお休みモードに。

ポツポツと小魚が釣れる中、珍しい魚が。

アタリも置き竿なら絶対にわからないくらい小さなアタリ。

かなり沢山の種類の魚を釣ってきたけど、この魚は見たことがない。

そんなに大きくない魚。

なんだろう。。。これが大きいと、オレンジ色したリュウグウノツカイみたい。。。

ちょっと違うか。

リリースしたら水面にプカプカ。。。海鳥に拐われていきました。。。

咥えていた海鳥も、最後には落としていたから、、食べてはいけない魚だったのかな。


その後、水深70メートル前後のアマダイのマイ・ポイントに移動。

そこで、小さいアマダイを追釣した後、一瞬根掛かりかと思うような竿先にズン!というアタリ。

大き目のアマダイかと思ったら、良型のオニカサゴ。

そういえば、この周辺は小さな海底噴火があった場所で、今でも火口が海底にあるらしい。

その周辺にオニカサゴが住み着いているって聞いたことがある。

すぐに赤ちゃんオニカサゴも食ってきたので、やはりこの辺に巣があるみたい。

オニカサゴは成長が遅くて、一説によると1年で2センチしか大きくならないらしい。

貴重な海の資源。。赤ちゃんオニカサゴは、大事にお帰りいただきました。

それにしても、この時間になると風が強まり波も出てきて船も結構揺れていたので、カメラで写真撮るの忘れてしまった。。。

3時間くらいの短めの釣行だったけど、久しぶりの海。面白かった。

やっぱり、海はいいなあ。。

釣った魚は唐揚げで美味しく頂きました!


あとは、もう一つの異変、、山小屋に行けず、未だにジャガイモを収穫できていない、という問題。。

さあ、、いつ解決するかな。。





^
TOP