加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2019.09.01

山小屋の夏

夏の山小屋を1か月半以上も空けるなんてことは初めてのこと。

昔ならほぼ毎週、いや、猛暑の都会に嫌気がさした時などは、山小屋に短期移住して始発電車で東京まで仕事に通ったこともあった。

でも、今年はなんだかバタバタする日々が続き、山小屋に来るチャンスを逸してしまっていたのだ。

今年は6月から7月にかけて日照時間が極端に少なかったからか、梅雨が明ける前にジャガイモはすべて枯れてしまったようだ。

なので、そもそも収穫は期待できない。

でも、だからといっていつまでも土の中にジャガイモ達を放ったらかしにしておく訳にもいかないので、ようやく8月最後の日になって山小屋にやって来た。

作業用の服に着替え、長靴を履き、手袋をする。

さあ、収穫開始っ!と、掘ってみるものの、いつもなら畝の土を崩すとゴロゴロと出てくるジャガイモが今年は全然出てこない。

出てきたとしても、小さいジャガイモばかりだ。

そういえば、毎年一つの株の茎が3~4本になるように丁寧に間引くのに、今年はその作業を怠ったし。。。

結局、植えた本数は例年よりも多かったにもかかわらず、収穫できたジャガイモはいつもの半分くらい。

しかも、イモの表面の一部が茶色く変色してしまう「そうか病」という細菌の感染による病気にかかってしまっていた。

土壌が過度にアルカリ性になったりすることで発症するみたいだ。

そういえば、今年は石灰を撒きすぎた気がするな。。。

でも、そうか病のジャガイモでも、皮をむけば食べる分には全く問題がないので、さっそく食してみることに。

風呂から上がりビールを片手に、ウッドデッキにあるテーブルに一人掛けの木製の椅子を運ぶ。

そして、一人用のバーベキューコンロに備長炭を並べて着火剤に火をつける。

5分ほどうちわで扇ぐと炭に火がついた。着火のコツは、いかに温度が上がるポイントを一箇所に集めるか、だ。

アルミホイルに、洗ったばかりの中小サイズのジャガイモの皮をむいて並べる。

そこにバターと、同じく山小屋の畑で6月下旬に収穫したニンニクを一欠片入れて、アルミホイルを密閉しコンロの上に並べる。

じっくりと時間をかけてジュウジュウと音がするまで待つこと1時間。

ジャガイモが柔らかくなった頃を見計らって、アルミホイルを開ける。

そしてアツアツのジャガイモをほおばり、味わい、ビールで流し込む。

程よく効いたニンニクの香りとバターによる味付けで、ジャガイモは最高のビールのおつまみへと生まれ変わった。

8月最後の夜。

暮れていく景色を眺めながら、過ぎ行く夏を惜しむながらゆっくりとした時間を過ごす。

標高の高い山小屋には、あと1~2週間もすれば秋の気配が感じられるようになるだろう。

短い夏だったけど、、久しぶりの山小屋の夜は、、こうやって更けていくのであった。
^
TOP