加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2019.09.15

仙台ツアー最終章 〜熊出没からの勝負の神様参拝へ〜

11時に温泉宿をチェックアウトした後、一行は車で15分ほどの場所にある秋保大滝を観に行くため車を走らせる。

山奥に入って行くに連れ、景色は益々田舎感を増していくが、どことなく品があって絵になる風景が続く。

程なくして、少し狭い道を右折すると、ありました。「秋保大滝」の看板。

車を降りると30度を超える太陽の日差しが空から降り注ぐ。

「あ、あ、暑い・・」。全員が青空を恨めしそうに見上げならが呟く。

車を降り、滝壺の近くまで行ける暗い山道を道路脇から下っていく。

入り口には「熊注意!」の看板が。。

へえ、、熊出るんだ。。と思いながら道幅2メートル程の土の山道を進む。

僕と安藤さんと駿汰が先行し、AK監督とNK先生が後からゆっくりと山道を下ってくる。

途中から土留めが施された階段状の急な下り坂になる。

その階段は、延々と滝壺があると思われる場所まで続く。これ、何段くらいあるんだろう。。。

う〜ん、、、いやな予感。。

これを下るということは、帰りは登ってこなきゃいけないんだよな。。。

階段が終わり、ゴロゴロと大きな岩が転がるエリアを足の踏み場を慎重に選びながら進むと、ようやく滝壺の近くに到着。

滝壺の周辺は、マイナスイオン感半端ない。

振り返ってもAK監督とNK先生はまだ来ない。

「ま、いっか」と僕らは幅6メートル、落差55メートルの秋保大滝の迫力に興奮しながらその姿をカメラに収める。

AK監督の声が聞こえたので振り返ると、、、AK監督、、、「熊、注意!」って感じ。。。。

大きな体で、あの階段と岩場を降りてくるのが結構大変だったみたいだ。

5人揃ったところで、滝をバックに記念撮影。

靴を脱いで川に入ったり、角度を変えて滝の写真を撮ったり、思い思いに時間を過ごす。

そろそろ行きますか、と全員があの階段を登る覚悟を決める。

僕が先行し、安藤さんがすぐ後ろをついてくる。そして、駿汰。

僕は休憩をとることもなく、一気に階段を昇り切る。

もう心臓はバクバク、汗もダラダラだ。

階段を昇りきったところの木のベンチで休憩。

そこで、AK監督とNK先生を待つ。

数分後、ヒイヒイ言いながら、AK監督も階段を昇りきり、そこで雄叫びをあげる。

はい、、また「熊、注意!」の図。。


さて、秋保大滝から仙台市街に向かう途中で偶然見つけた秋保神社の雰囲気がとてもいい感じだったので、立ち寄ってみることに。

参道には白い幟が並んでいる。その幟には「勝負の神」という文字が。

勝負事が大好きな安藤さんとAK監督の目の色が変わる。

フィギュアスケートの羽生選手が必勝祈願で訪れたことでも知られている神社だ。

境内に入る門で立ち止まる。

そこで、AK監督が大きな声を上げて「これ、すごいよ!埋もれ木っていうやつ!」と言って震災後に神社の石垣の間から見つかったという神代木を手に取り、僕たちに見せてくれる。

真っ先に僕が食いついて、「へえ、すごい。」と僕も持ってみたいとAK監督に近寄る。

AK監督も僕も「埋もれ木」が一体どういうものなのか、わからないまま会話をしているのだが、「埋もれ木」は重いので、落とさないように気をつけてください、という説明が目に入る。

AK監督は、僕に直接「埋もれ木」を手渡すのではなく、とても神妙なものなので、と一旦その手に持っている「埋もれ木」なるものを木の台に戻す。

「ゴトン!」

「あー、AK監督!落としちゃダメって書いてあるのに!」

「いやいや、僕は置いただけだし!」

と言い合っている横から、「何やってんのよ〜、それ、埋め木じゃないよー!もーう!笑」と、安藤さん。

よく見ると、AK監督が手にしていたのは、「埋もれ木」の説明文が風で飛ばないように重しとして置いてあった文鎮。

気を取り直して、本当の「埋もれ木」を手に取り、「ああ、全然重いや。」とAK監督。

もう木と金属の判別もつかない僕ら。。。大丈夫か。

爆笑に包まれる僕たちを後ろから来ていた別のグループの人たちが不思議そうに見ながら通り過ぎる。

まさか文鎮を「埋もれ木」と勘違いしたとは、想像もつかないだろう。

そして、拝殿でお参りして、おみくじを引く。

僕と駿汰とNK先生は大吉。いいことあるといいね。


そこから牛タンを食すために、仙台市街の定禅寺通り周辺に移動。AK監督は、この旅3度目の牛タン。

到着した定禅寺通りは、まさにジャズフェスの真最中。

見上げるほど背の高いケヤキが立ち並ぶメインストリートの広い中央分離帯エリアがステージ。50メートル間隔で複数のビッグバンドがジャズを気持ち良さそうに奏でている。

沢山のお客さんが音楽に聞き入っていて、この規模感は圧巻だ。

全国の数あるジャズフェスの中で1位に選ばれる理由も理解できる。

またチャンスがあれば、来年も定禅寺ストリートジャズフェスティバルに来てみたい。


さて、僕たちは美味しい牛タンをお腹いっぱいになるまで食べて、いざ東京に向けて車を走らせる。

道中、助手席ではずっとAK監督がギャグを喋り続けてる。

「そのギャグ、全然面白くない!」という安藤さんが、いつの間にか、吊られるようにそのギャグを連発し始める。

最後まで車内はお祭り騒ぎだ。

これも、運転する僕が眠くならないための優しい気配り。

そんな中、NK先生は後部座席の中央でこれ以上ないほどの勢いで船を漕いでいる。でも、起きている時は、ハンドルを握る僕の肩を後ろからマッサージしてくれる。

楽しかった2日間の仙台ツアーも、いよいよ終わり。

AK監督はテレビ朝日時代から数々の名作ドラマを手がけられてきたお方。そして、NK先生は、演出・脚本家をやりながら小説も書いているお方。お二人とも、今月末に原宿で開催される一大イベント”JACO Fes”(https://www.facebook.com/pages/category/Festival/JACO-Fes-2019夏-92829開催決定-110675593615899/ )に向けて最終準備を加速させることだろう。その後もAK監督は、ドラマ制作などでとても忙しくなるらしい。

そして、駿汰がドラマーを務めるBrian the Sunと言えば、新曲「パラダイムシフト」が10月からスタートするTVアニメ「真・中華一番!」のエンディングテーマに決定した。秋には今年2回目のアメリカ公演も待っている。

夏の終わり。。。ひとときの休息と十分すぎる充電を経て、それぞれが次のゴールに向けて歩き出す。

さて、、、僕も次のゴールに向けて、歩き出すとするか。。。

そして、次の修学旅行が、益々楽しみになってきた。














^
TOP