加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2020.03.10

僕のビートルズ

先日、ラジオ番組の中でビートルズを取り上げてみた。

小学5年生の頃に初めてビートルズの歌をテレビで聴いて以来、僕にとっては中学を卒業するまでずっと音楽と言えばビートルズ一色だった。

高校受験を控えた中学3年の秋に、ただただビートルズの曲をギターで奏でたくなって、近所の知り合いの人から古びたクラシックギターをもらってきた。

でも、弾き方が分からないまま、そのギターは、、結局、、返しちゃったのかな。。。捨てちゃったのかな。。

それから時を経て、高校3年生の春に新聞配達のアルバイトで貯めた貯金で買ったMorrisのアコースティックギター。

今でも持っていて、時々弾いたりしている。

音のバランス悪いけど。

結局、Morrisのギターも独学で勉強するも、どうやって弾けばいいか分からないまま、その後約四半世紀にわたりギターケースに仕舞い込まれたまま。

僕が42歳の時に再びギターを手に取るまで、長い長い冬眠生活を過ごすことに。。。

ケースから出したのは、義理の妹の結婚披露宴で、さだまさしの「親父の一番長い日」を弾き語りしたときくらいか。

チューニング狂いまくって失敗したけど。

今考えたら、よく人前で弾き語りなんて出来たものだ。

ところで、中学生の頃に父親におねだりして買ってもらったビートルズの解散10周年を記念して発売されたアルバムセット。

それが何処にあるんだっけ、、とふと思い、部屋の中の本棚の奥にあった”ソレ”を引っ張り出して中を開けてみた。

箱を開けるのは、、果たして何十年ぶりだろう。

懐かしいポスターとか、子供の頃に部屋に飾っていたパネルとかが、いっぱい出て来たので床に広げてみた。

懐かしいなあ。。

ちょっとしたコレクションだ。

全部レコードだから、いつの日かレコードプレーヤーを買ってゆっくりとワインでも飲みながら聴いてみたいなあ。。

あの頃に弾けなかった曲も、今ならきっと弾けるはず。

片っ端から弾いて歌ってみるのも悪くないね。


^
TOP