加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2020.06.10

まさかの再会は突然に。。

緊急事態宣言の解除も決まり、気候も一気に夏へと舵を切ったとある5月下旬のこと。

この日は、待ちに待った散髪の日。

無事に散髪を終え、いつものように篭り場へと向かう。

篭り場に着いて、すぐにシャワーを浴び、まだ乾ききっていない髪の毛をバスタオルで拭きながら、ベランダへと通じるサッシを開けて部屋の空気を入れ替える。

ステイホーム期間中、僕の篭り場でも増えてきた機材類を整理したり、本棚を購入して本とかCDを収納したり、部屋の中の配置を変えてみたりと、コロナを機にと気分を一新したところだった。

この日は天気もいいし、髪の毛も切ったし、気分は上々!

気分上々ついでに、掃除でもやろうと、クローゼットの奥から掃除機を引っ張り出す。

電源コードを伸ばして掃除機のスイッチ・オン。

手始めに窓際の床から掃除機をかけ始める。

サッシ窓の脇から丁寧に掃除機を這わせ、机の下、そしてギタースタンドの後ろ、アンプが置いてある部屋の隅々まで、丁寧に掃除機をかける。

一通り掃除機をかけ終え、これでよし、と片付けようかと思ったところで、まだ掃除機をかけていない場所を見つけた。

ついこの間、窓際に移動させたばかりの空気清浄機の下だ。

何も考えず、空気清浄機を横にずらしてみる。

すると、その空気清浄機の下に見慣れない物体が・・・。

一瞬目を疑い、それが何であるかを理解しようとするが、人間はあるはずのない場所に思いもしない物体を見つけた場合には、完全に思考機能不全状態に陥る。

なんと、、なぜ、、こんな所に、、Mr.コックローではないですか。

中々の、、立派なサイズだ。

常時稼働している空気清浄機の下がよほど居心地が良かったのだろう。

空気清浄機の下に隠れていた所、突然にその姿を露わにしたMr.コックロー。。眠っているのか動く気配はない。

この時、瞬時に動き出したとすれば、僕は100倍パニックに陥っていただろう 。

動かなくても、、かなりパニックだ。

さて、、どうする??

息を呑んで、冷静に自分を落ち着かせる。

全身から一気に汗が噴き出すのを感じる。

せっかくのシャワーが台無しだ。。

触覚は動いているが、体の動きは鈍そうだ。。

まさかこの部屋にMr.コックローが目の前に現れるなんて、、微塵にも思っていなかったし、そもそも殺虫スプレーなどは篭り場では持ち合わせていない。

ならば叩き殺してしまうしかないだろう。。

こういう場合に定番のウェポン(武器)は、昭和の時代から新聞紙と決まっている。

ところが、、この篭り場では新聞を取っていないため、新聞紙の備蓄などあろうはずもない。

毎日のように郵便受けに入れられるペラペラの広告チラシでは、小さすぎるし、丸めたところであまりに頼りない。

うーん。。。考えこむ。。

早くしないと、このMr.コックローが眠りから覚めて、いつこの部屋の中を徘徊し始めるかわからない。

・・・。

そうだ。。

自粛期間中に買い込んだ数々の品物を包装していたアマゾンのダンボール。。。

それを畳んで玄関脇にしまっていたことを思い出す。

忍足で玄関に移動し、アマゾンの段ボールを適度な大きさに破り、それを丸める。

元の場所に戻り、慎重に慎重に、Mr.コックローへと近づく。

Mr.コックローは、、あいかわず触覚を静かに動かしているだけだ。

よし、、あとはこれを振り下ろせばいい。。

でも、、子供の頃であれば見慣れていたMr.コックロー。。もうかれこれ10年とか20年とか、そういうレベルでMr.コックローに遭遇していない。

どうしても、、、出来ない。。

ダメだ。。殺らないと、逃げてしまうぞ。。

いや、、出来ない。

汗が、、頭の頭皮から流れる。。

やるんだ!やらなければ、、何も解決しない。

意を決して、、丸めた段ボールを振り下ろし、乾いた破裂音が響く。。。

一瞬で、、戦いは、、、終わった。

僕はもう一度シャワーに入り直す。


あの日から、僕は篭り場に着いてから、まず最初に空気清浄機をどかしてみることにしている。

まさか、ね。。という感じで。

なぜあの日、あの時、あの場所で。。。まさかの再会だったなあ。

幸いなことに、あの日以来僕はMr.コックローとは会っていない。

もう会わないことを、、祈る。
^
TOP