加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2020.09.21

真相は判明せず

名古屋市郊外にある卓球場。

もう70年以上もの歴史のある卓球場だ。

きっと昭和の時代には町中にこういう卓球場があったに違いない。

その卓球場は老夫婦が営んでいる。

いや、老夫婦というのは僕の見解で、安藤さんの見立てでは親娘だそうだ。

この日もZIP-FM本社スタジオでの収録を終え、安藤さんと一緒に卓球場に向かう。

もう何度も来ているので、僕たちの顔は覚えられている。

そして、ラジオ番組をやっていることも、おばちゃんは覚えてくれている。

「この前ラジオを聴いたけど、なんか全然雰囲気が違うのよねえ。」と、おばさんは毎回のように僕たちに言ってくる。

どうしても、ラジオの中でトークをしている僕と、卓球場であまり喋らない僕が同一人物だと思えないようだ。

いつもなら1時間以上もぶっ通しで卓球に没頭しても休憩を取らない僕らだけど、この日は久しぶりの卓球だからか、まだ15分も経っていないのにもう汗だくで直ぐに休みたくなる。

最近、運動不足だし、何よりも屋内は蒸し暑いし。。。

僕らの卓球は、二人とも学生時代に本格的な卓球の経験がある訳じゃないから、フォームは我流だし、僕に至っては少々難しい球でもスマッシュを狙っているだけのど素人卓球だ。

これを経験者から見れば、卓球と言うよりもただのチャンバラ遊びにしか見えないだろう。

それでも自己満足して2時間みっちりと汗をかき、ああ今日も楽しかった、と帰り支度を始める。

と、そこへおばちゃんが僕に向かって話しかけてくる。

「ところで、お兄ちゃんは歳いくつ?」

「51歳です。」

「まあ、息子みたいなもんだね。あたしゃ73歳だよ。」

73歳、、やっぱり夫婦だったか!  と直感しながらも、もっと若く見えるからそれはそれで意外だ。

下手したら安藤さんと同じ年と言われても通じるくらい若く見える。。

安藤さんが娘説を唱えるのも、それはそれでうなずけるのだ。

「ちょっと相手してやろうかね。」

「えっ?なんで。僕??? 安藤さんじゃなくて?」と心の中で呟く。。

おそらく、僕らのチャンバラ卓球を見ていて、これ以上黙っていられなくなったのだろう。

もう半分ヘロヘロになった身体に鞭打って、おばちゃんと勝負。

さすがは、幼少期から卓球一筋のおばちゃん。

現役時代は地元の大学でインカレにも出場したと言う。

とても73歳とは思えないの伸びてくる球筋と俊敏な足取りで、右へ左へと僕を翻弄する。

こりゃ、もう、51歳のおじさんが73歳のおばあちゃんの掌のうえで転がされているようなもんですよ。

それをスマホのカメラに収めようとする安藤さん。

「何々??そんな写真SNSに上げないでよ!」と心の中で思いながら必死にボールに食らいつく。

最後は、「スマッシュ決めさせてあげるよ」とばかりにチャンスボールをくれるが、僕はそれさえも決めることが出来ない。

「力が入りすぎだよ。どんなスポーツでも力んではダメ。軽い動きで打ったら直ぐに元の姿勢に戻らないとダメ。自分で打った球、見惚れててもダメなんだよ。」と、ありがたいアドバイス。

はい、、返す言葉もございません。。。

帰りの車中での会話。

「いやあ、まさか73歳とは思わなかった。」と安藤さん。

それは、おばさんの動き?それとも見た目?

「僕もです。安藤さんから『同い年かと思いました。』と次に来た時に伝えてみたらどうですか?ついでに『娘さんかと思ってました。』と。」

「いやだよ。」

「おばちゃん、喜びますよ〜、きっと。」

いや、73歳の娘説、、、まだ可能性あるな。

あのおじいさんが100歳くらいなら。。。うん、あり得るな。

娘かと思いましたって、「失礼ね。あたしゃ娘だよ!」って、また稽古つけられたりして。
^
TOP