加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2020.12.08

Season's Greetings!!

先日、今年もロックフェラーセンターのクリスマスツリーにイルミネーションが灯ったというニュースをみた。

ニューヨークでは11月の感謝祭が終わると、街は一気にクリスマスモードへと突入する。

僕がニューヨークが住んでいた頃も、この時期のニューヨークの街はまるで魔法にかけられたように華やかだった。

普段は行くこのないタイムズスクエアに行って大きな電光掲示板を見上げた夜を思い出す。

分厚いコートを着込んでマフラーはぐるぐる巻きに。

夜の空気は冷たく頬に張り付き、沢山の人が吐く出す息は白く街の景色を高揚させた。

気がつけばもうそんな時期だ。

年末ともなれば、誰にでも恒例行事のようなものがあるだろう。

それぞれのSeason's Greetings!の過ごし方がある。

年賀状を書いたり、大掃除をしたりと、煩わしい行事もその典型例ではあるが、懐かしい友人と会ったり、人によっては海外旅行に出かけたり、楽しみもまた多い。

そんな年末に向けて色々と考えないといけないことも出て来そうな時期だけど、今年は今一つ年末感が湧いてこない。

僕も大体12月あたりに地元広島でのワンマンライブを入れて、その日程に合わせて中高時代の友人と会って食事をしたり、ゴルフをしたり、その時期ならではの過ごし方を楽しんできた。

でも、今年の年末はライブの予定もなく、広島にも行かないつもりだ。

この1年間、確かに時間は流れて、僕たちはその流れの中で確実に人生の歩みを進めて来たはずなのだけれど、ちょうど1年前の12月にプロデューサーの安藤さんと早稲田にある穴八幡宮に「一陽来復」のお守りを貰いに行ってから1年が経ったとは到底思えないほどの時の流れの速さだ。

まさにポッカリと1年分の時間が、破れたポケットの隙間からどこかに抜け落ちてしまったようだ。

新しい年が来ても暫くは以前のように誰とでも気楽に会って、話して、笑って、酒を酌み交わすような生活はすぐには戻ってこないみたいだ。

ともすれば気持ちが沈みがちになりそうだけど、少しでも新しい年が良い年になりますようにという願いを込めて、今までのやったことがない”New Year Live”をやってみることにした。

会場は定員の半分以下の人数制限はかかるけど、生配信もやる予定。

新年早々の三連休の初日(1月9日)の夜に、少しでも元気になれるような、そんなライブをやりたいから。

アーカイブもあるので、出来るだけ沢山の人と一緒に新しい年を祝うことが出来れば、、、。

どうぞ宜しくお願いします!
^
TOP