加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2020.12.31

変わるもの、変わらないもの。さらば、2020年!

いつもよりもやけに静まり返った住宅街。

車をコインパーキングに停め、足早に篭り場へと向かう。

昨日までの曇り空とは打って変わって朝から青空が広がる。

時折吹き付ける風はとても冷たく、そして乾いている。

見事なまでの、そしてこれ以上ない典型的な冬晴れの朝だ。

大晦日の今日、世界は2020年の終わるを迎える。

明日になれば2021年となり、あの想像だにしなかった新型コロナウイルスのパンデミックに振り回された年が終わる。

終わると言っても西暦の数字が一つ増えるだけで、一体何が変わるというのだろう。

2021年の元旦を迎えたとしても、きっと近所のパン屋さんはパン屋のままで、時々見かける野良猫は野良猫のままだ。

新型コロナウイルスは依然として世の中に蔓延してその猛威を振るい、内戦で多くの民衆を傷つけている国では砲弾が飛び交うかもしれない。

森林は消失を継続し、二酸化炭素は膨張を止めない。

そして、きっと、、、僕も僕のままだ。

人目を気にしてばかりで、プライドが高く、そして誰よりも傷つくことを恐れる自分勝手な、、僕のままだ。

ギスギスした世界。

SNSで誹謗中傷が飛び交う世界。

勝者が更なる勝者を生み出す仕組みが完成間近となった高度資本主義経済の世界。

何も変わらない。

そう、何も。

変わるものがあるとするならば、年が変わる節目に新たな心持ちでスタートを切るという気持ちになることだ。

昔から繰り返されたきたしきたり。

年忘れの宴を経て、新年の抱負に人々はその希望を託す。

もっともっと人に優しくなることだったり、誰かを愛することの大切さだったり。

ただただ、そのことだけを願う。

色んな人がいる。

色んな考え方がある。

正解なんてない。

2020年12月21日、土の時代は終わり、風の時代が始まったと聞く。

大きく片方に振り切られた振り子は、そろそろ振り戻しの時期を迎えるのかもしれない。

2021年は、僕個人にとっても幾つかの変化をもたらす年になることを予感する。

きっと節目の年になるだろう。

何も変わらない世界でも、一人ひとりは変われるはずだ。

お世話になった全ての方々へ。

2020年、ありがとうございました。

そして、来年も宜しくお願いします。

加藤ヒロ
^
TOP