加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2021.02.10

開かずの踏切

2月10日。

なんと2月に入ってから、一度もブログ投稿をしていないではないか。

だからと言って「何かあったのか?」と言う問い合わせもない。

幸せなことに、僕はと言えば、失言でバッシングを受けることもない平凡な日常を送っている。

特段の事情がない限り、自宅と篭り場を往復する日々の繰り返しだ。

特段の事情と言えば、まもなく更新期限を迎える小型船舶免許の更新講習を受けに行ったことくらい。

その途上で、開かずの踏切が多いと有名なエリアで、実際に15分間も踏切で足止めを食らってしまった。

左から来る電車が踏切を通り過ぎて、もうすぐ通過し終わる頃に右から来る電車の矢印が点灯する。

そして、右から来た電車がまた通過し終わるくらいの見事なタイミングで、再び左からの電車の矢印が点灯する。

その繰り返しだ。

不幸なことに、その踏切が駅のすぐ近くにあるために、電車が加速途上であったり、あるいは停車の為に減速状態であったりと、踏切の通過にとても時間を要していたようだ。

通り過ぎていく電車の中は、ちょうど時差出勤ということもあってか、緊急事態宣言中とは思えないほど混雑しているのが見える。

こんな状況の中でも頑張って会社に行っている人は沢山いる。

そんな世の中、お偉い方々の失言問題が話題になっている。

どうやら失言というのは、当初の意図を捻じ曲げるような辻褄合わせの補足説明をするか、それが不可能であれば撤回し謝罪して幕引きを図るというが通例のようだ。

メディアをみる限りそう思わざるを得ない。

「いや〜、すいませんでした。自分の考え方が古くて本当に申し訳ない。それが失言に該当するという意識さえも欠けていた。考え方を根本的に改めて、色んなことを勉強して、二度とこういう考え方に基づく発言がないよう努力していきたい。」

と、おでこをペシンっと叩きながら謝罪のコメントをする人を僕は見たことがない。

一人くらいそういう人がいてもいいのに。

まあ、そういう発言をしたら、場合によってはもっと炎上するんだろうけど。

このご時世、何かトラブルが発生したときのメディア対応について助言するためのプロと呼ばれる人がいる。

政治家や大手企業の謝罪会見の際には、そのようなプロの方からアドバイスを受けることが多いと聞く。

推測ではあるが、プロの方のアドバイスは、依頼主にとって最もダメージが少ない形で鎮静化を図るにはどうすればいいか、という観点からなされるのだろう。

その結果、仮にその場はダメージ少なく幕引きできたとしても、きっと本質的には何も変わっていかないんだろうと思う。

でもそれは、アドバイスする人が悪いわけではない。

世の中の仕組みがそうさせていただけだ。

個人的には、問題発言した人をクビにするとかしないとか、あるいは問題発言をしなきゃいいとか、本質はそういう事ではないんだろうと思う。

一方で、思想の自由、言論の自由もあるから、一定の考えを押し付けることもよくないとも言える。

難しい問題だ。

だけど、一つだけ明らかなのは、何が大切な考え方なのかを議論できる仲間や、自分の考えに対して批判的な意見を述べてくれる人が周りにいなくなることが、とても不幸な環境であるということ。

自分が裸だということに気づかない王様になってはいけない。

また、誰かをそうさせてもいけない。

僕らは、居心地の良さばかりに甘えては生きていてはダメだ、ということを教訓にしなければならない。

開かずの踏切を、これから先もずっとずっと開かずの踏切であり続けさせてはいけない。
^
TOP