加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2021.03.31

ええ子やわ〜

篭り場からの帰り道。

阪神戦の試合開始に間に合うように家に帰りたいところだが、どうせ意気込んでテレビの前に陣取るとロクな結果にならない。

別に自分にそんな大そうなパワーが備わっているとは思えないが、「見ると負ける」と感じている人は世の中には少なくないようだ。

そんなプロ野球も開幕し、春の暖かさを感じるようになって、ようやく電動アシスト付自転車に乗る機会が増えてきた。

2月に購入した自転車のバッテリーが間も無く30%を切る。

そろそろ記念すべき第1回目の充電の時期だ。

所詮、自宅と篭り場の往復でしか乗らないから大した距離ではないのだが、想像していたよりもバッテリーの持ちはいい。

いつも篭り場まで少し距離のある有料駐輪場に自転車を停めて20分以上歩く。

歩数も格段に増えるから健康にもいい。

しかも、駐輪代は1日100円で済む。

自転車での移動が増えると車で移動する時と比べてコインパーキング代が浮くから、これで益々会社の経費削減が促進される。

いいことだらけだ。

そんな感じで、自転車を停めている駐輪場まであと少しでのこと。

踏切の手前30メートルの距離に信号のない横断歩道がある。

降りていた遮断機は上がり、車の往来が再開される。

僕がゆっくりその横断歩道に近づくと、、小学生だろうか、リュックを背負った一人の男の子が“気をつけ”の姿勢のまま、車が途切れるのを待っていた。

通りかかった一台のワゴン車が少年の姿に気づいて少年を渡らせる。

それを見た少年は、気をつけの姿勢からほぼ直角に深々とお辞儀をして、横断歩道を渡り始める。

そこへ反対車線には一台の乗用車が近づく。

少年は一瞬だじろぎ、歩みを停めるが、反対車線の乗用車は急いでブレーキをかけ、少年を渡らせる。

その時、少年はその乗用車にもほぼ直角に深々とお辞儀をして、小走りに横断歩道を渡りきった。

なんて礼儀正しい少年なんだ。

「ええ子やわ〜。」

と心の中で叫ぶ。

許されるなら、駆け寄って頭をなでなでしたいくらい。

きっと親御さんの教育がしっかりしてるんだろうな。

それか、スポーツ少年ぽいから、優れた指導者に恵まれているのか。

「ええ子やわ〜。」

と心で叫ぶながら、その少年の3メートル後ろから、僕もそそくさとその横断歩道を渡る。

ワゴン車は行ってしまったが、反対車線の乗用車は僕が横断するのも待ってくれていた。

そこで僕はほぼ直角に深々とお辞儀をしてら、、何の宗教??ってことにならないか。。。

なので、ちょこっと顎突き出して会釈だけしといたわ。

大人って、、、ダメやね。。。
^
TOP