加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2021.04.19

消えたイエローチャリマシン

待ちに待った映画撮影の日。

その日は朝から晴れ渡り、初夏を思わせるような青空が広がっていた。

11時半前に現地にて集合!との指示を受ける。

絶好のサイクリング日和の空。

目的地までもそう遠くもないし、僕はイエローの愛車「イエローサブマリン」ならぬ「イエローチャリマシン号」に跨がり颯爽とペダルを踏みこんだ。

自転車に乗っているとナビがついているわけじゃないから、初めて走る住宅街のクネクネ道を進んでも思っていた大通りに中々出ない。

見上げても目印になりそうな高い建物も見えてこない。

「おかしいな。。」と一旦停まってスマホで現在地をチェック。

ゲっ!東に向かっているつもりが、いつの間にか北に向かっていた。

そんなこんなで、思ったより時間がかかり11時半ギリギリに到着〜!

「ヒロさん、おはようございます!」

「ヒロさん、お久しぶりっす!」

僕を見つけた、いつもの仲間が出迎えてくれる。

「ヒロさん、今日は自転車なんですね!こっちに停めてください!」

撮影現場の建物の脇にある歴とした駐輪スペースに、イエローチャリマシン号を停めて鍵をかけ、急いで中に入る。

撮影は順調に進み、その日の予定は無事に終了。

それが大体15時ごろ。

プロデューサーの安藤さんと近場のカフェで打ち合わせをするために移動することに。

そこで、僕の買ったばかりのイエローチャリマシン号を安藤さんにも見せようと自転車置き場へ。。

ところが。。

「あれ?ない。。ここに停めておいたはずなのに。。」

まるで狐に摘まれたみたい。。

人間は、想定していない事実を突き付けられた瞬間、本能的に「そんなはずはない」と否定心が先に立ち、現実を受け入れるのに時間がかかる。

「ない。。。。もしかして、、盗まれた??」

まだ2月に買ったばかりだから、2ヶ月も経っていないのに😢😢😢

自転車移動で、ガソリン代は浮くわ、駐車場代は浮くわ、駐輪場から歩くから健康にはいいわ、何よりも走っていて気持ちいいわ、、と良いこと尽くしのはずだったのに。。

盗難届を出しても、きっと見つからないだろうな。

保険で買い直せると聞いてたけど、うっかりして利用者登録するの忘れてたし、、バッテリーの製造番号も現物がないから分からないし、仮に保険で買い直せたとしても定価の30%を払わらないといけないし。。

自転車は乗るな、ということか?

盗難届を受理してくれた交番にて。

年配の交番相談員のおじさん。

自転車を買ったお店でもらってきた車体番号とか盗難登録番号とか買いてある売上伝票のコピーをそのまま見せる。

「え〜と、、車体番号が●●で、防犯登録番号が●●、それで、、買った値段が●万●千円と。。」

「いや、●●万●千円です。」

「えーっ⁉︎・・●●万●千円⁉︎」と、見事なリアクション!

「電動アシスト付の自転車ですから。」

車から自転車に変えて目論んでいた経費削減作戦は、どうやら失敗に終わりそう。。

むしろ高くついたわ!

それにしても、世の中・・悪い人がおるもんじゃね。
^
TOP