加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2018.07.06

7月5日 ひまわり広場で手をつなごう

昨日のひまわり広場で手をつなごうでのブッキングライブ。

ブッキングライブは1月以来かと勝手に思っていたけど、ブログを見返してみると4月に下北沢ロフトでブッキングに出てた。。

それでも久しぶりのブッキングライブは、30分間という短い時間でどうステージを作るか、ということの難しさを改めて痛感することとなった。

野球のスターティングメンバーやサッカーのフォーメーションはゲームをどう進めていくか、という意味でとても重要な意味を持つことはご存知の通り。

もっと言えば、監督目線で見た場合には、組んだオーダーやフォーメーションの中で、それぞれのプレーヤーがどう機能するかでゲームの進行は大きく影響を受ける。

ライブの場合も、曲順にはいつも頭を悩ませるけど、所詮は歌うのは僕であり、どんな曲でも僕がちゃんと歌えさえすればステージはうまく行くものと思っていた。。

けど、、どうやら違うのではないかと最近思い始めている。

もちろん、歌うのは僕自身なんだけど、曲自身に野球やサッカーのプレーヤーと同じように、その曲にしか果たせない役割があって、それは僕がちゃんと歌えることが前提条件だし、その出来が野球やサッカーでいう「プレーヤーが機能するか」に関わるということ。

整理すると、①オーダーをどう組むか、②組んだオーダーがどう機能するか。。

それをライブに置き換えると、①曲順をどうするか、②その曲をどう歌うか、という話。

悩ましいのは、ブッキングライブの場合は通常は5曲。

いつも歌い慣れている僕の中での代表曲的な曲ばかり歌っても、毎回ライブに来てくれる方にとってみれば、たまには違う曲も聴きたい、という気持ちになるのではないか、と思ってしまう。

だからといって、普段あまり歌わない曲を入れるとクオリティーが下がる危険性もあるし。。

さらに、僕の場合は最初の1、2曲目はエンジンがかかりきらない状態になることが多いという特色も加味する必要がある。

そんな試行錯誤を繰り返しながら、今のところ僕の中で成立している教訓。

①5曲あるとすれば、1曲は普段は歌わない曲を入れること。
②1曲目は、歌い慣れている曲からスタートすること。
③歌い慣れていない曲は、真ん中に持ってくること。

それを踏まえて、、昨日のライブのセットリスト。

1. 群灰の空から
2. いつか笑えるよ
3. ミチシルベ
4. Fly into the Summer
5. 小さなオール

はい、①〜③の教訓、一つも当てはまらず。。。

特に、2曲目はこの前レコーディングを終えたばかりの新曲で初披露。

まあ、汗の量、ハンパなかったですわ。


ライブ後、見に来てくれていた友人との久しぶりの会話。

彼は僕にとってはミュージシャンとしては大先輩で、インディーズのCDもPVも沢山出している人。

今日のライブの選曲と僕のテンパり感の話をすると、

「歌い慣れている曲ばかり揃えたライブなんて、そんな置きに行くようなライブなんて、やってる方がつまんないでしょ!」

僕もそう。。だからすぐ冒険したくなる。。

そもそもレコーディング終えたばかりの曲なんて、普通は歌わないし。。


で、もう一つの4つめの教訓。

④歌い慣れていない曲は、ライブ前に徹底的に練習しよう。

あ、、理由は、、これか。。

それにライブは会場のお客さんとの対話も大事。

一方通行じゃないしね。。

う〜ん、、教訓は増え続けるなあ。。。
2018.06.16

June_2018「Fly_into_the_Summer」終了!

加藤ヒロ ワンマンライブ June 2018「Fly into the Summer」@風知空知、終了しました!

沢山の方にお越しいただきまして、ありがとうございました。

今回は、高校の同級生と中学の同級生が観に来てくれて、そういう意味では、中学時代を思い出して書いた「ポプラと見上げた空」、高校の卒業をテーマにした「サクラ〜春風に揺れて〜」を歌えたのはよかったなあ。

そして、いつも僕のラジオ番組を聴いてくださっている方もお越しいただいて感激でした!

今回は、ボクシングで言えばスパーリングのラウンド数をいつもよりこなせないまま望んだ試合、という感じだったけど、サポートメンバーと会場の皆さんのおかげで無事に終えることができました。

途中、足元のチューナーとボーカルエフェクターを蹴っ飛ばして、ステージ下に落としてしまうというハプニングもありましたが。。。本当はハモリ機能を切りたいところ、そのまま歌い切ることに。。。まあ、これも経験ということで。。

写真は今回のバンドメンバー。左から、花岡環(key)、ぼく、KOSEN(gt)、shunta [from Brian the Sun](dr)。

いつもながら、楽しい仲間と楽しい時間を過ごせたライブでした。

今日のセットリスト。

1. Fighting on the Edge
2. 君と未来を紡ぐ糸
3. ミチシルベ
4. 君がいて僕がいた夏
5. ポプラと見上げた空
6. サクラ〜春風に揺れて〜
7. ミドリムシの歌〜夕暮れ、夏の風〜
8. 白い月
9, みかん製のオレンジ
10. 憂鬱な焦燥と、サヨナラと。
11. あの坂道の向こう
12. Fly into the Summer
13. 風に寄り添い歌うブルースの唄(アンコール)






2018.04.06

下北沢ロフトにて。

僕は人見知りする性格だ。

ネクタイとスーツを着ている時には、仕事上の自分を演じることができるから、初対面の人でも話しをすることは出来る。

でも、ミュージシャンの僕は、それなりに素の状態の僕そのものなので、、結果として、人見知りすることになる。

今日の出演者は僕を含めて4人。

僕以外は全員女性。

夕方、僕は一番最初にリハーサルを終えると、いつものように一人で夕食に出かける。

そう、リハ後にライブハウスに残って、他の出演者とSNSで繋がるような会話は決してしない。原則としてだ。

原則ということは、例外がある。

そう、相手が積極的に話しかけたきた時は別。

そういう時は、必要以上にフレンドリーに対応する。

なぜなら、単に人見知りなだけで、人が嫌いというわけではないからだ。

ところで、昨日、曲を作る上でプロデューサーが一つのキーワードを僕にくれた。

『赤裸々』という言葉だった。

『赤裸々に』表現することの大切さ、、、僕にとって、これまた苦手で、前代未聞のテーマが示された瞬間だった。

『赤裸々』。。。とても抵抗感のある言葉だ。。

昨日のブログにも書いたが、僕は、自分の考えのうち半分しか人には出さない、という考え方にとても共感できるタイプの人間だと思ってる。

意外とそういう人は多いのではないか、とも思う。

『赤裸々』という言葉があるとうことは、人って元々そういうものだからこそ、普段は見せない領域を語るときに『赤裸々に語る』という表現をするんだろうと。

人はそもそも人見知りである、という僕の中での法則に納得がいく。

でも、自分を半分しか出したがらない人間の本質は、実は本当は自分のことを人に話すことが大好きな人間なのではないか、とも思う。

と、同時に人から自分がどう思われているのか、ということに人一倍気にかける性格がそこに加わると、、自分を半分しか出さない人間が出来上がる。

人は、本能的に自分を守る術を、その経験の中で身につけていく。。。これもまた僕の中での法則だ。

今日のライブ。。。トリだった僕のステージが終わってから、楽屋で2番目に出演した女の子と言葉を交わした。

すんなり言葉を交わせたのは、彼女の方から「ステージ、すっごく良かったです!」と話しかけてきてくれたからだ。

聞けば彼女は、1年前に東北地方から上京してきて音大に通っている、この春に2回生になったばかりの女子大生。

最近、人から褒められる機会に乏しかった僕は嬉しくなって、いろいろと自慢話めいたことを話してしまった。

Fighting on the EdgeがUSENインディーズランキングでトップ10に入ったこと。

彼女もサックスをやると聞いて、第一人者の竹上良成さんに僕のレコーディングに参加してもらったこと。

ミチシルベがカラオケ配信されていること、などなど。

家に帰って風呂に浸かりながら、彼女に話したことを思い出して、、、後悔した。。

あんなに自慢話っぽい話ばっかりするんじゃなかったと。

自分の倍以上の年上の人間から、そんなに自慢話されて、決していい気はしなかったのではないか。。

そういう反省から、僕はやっぱり半分しか出さない人間でいよう。。その方が楽だ。

だから、赤裸々に語るなんて、、とんでもない話だ。。。

赤裸々に話すなんて、、絶対無理!

喋れないなら、、、、こうして赤裸々にブログに書くことにしよう。。。


今日のセットリスト。

1. Fighting on the Edge
2. Fly into the Summer
3. ポプラと見上げた空
4. ミチシルベ
5. 風に寄り添い歌うブルースの唄
6. 憂鬱な焦燥と、サヨナラと。
2018.04.02

今週木曜日。。

今週の木曜日は、2週間ぶりのライブ。。

ブッキングで言えば、ほぼ2ヶ月ぶりか。。

そして、この今週のライブの後は、、6月のワンマンライブまでライブの予定はない。。

と、いうことは、結構貴重なライブになるということか。。

ちょっと4月と5月は、アルバム制作にむけて、色々と忙しくなりそうだから。

人間、本能的にどこまで自分がいけそうか、とか、もっと負荷をかけても大丈夫とか、ちょっと無理っぽいな、とかいう感覚はなんとなくみんな持ち合わせてるはず。

自分にしかわからないことも多いからね。

そこで、大事なのは線を引くライン。

アグレッシブなのか、保守的なのか。

以前はちょっと無理目なスケジュールで強引に前に進めてきたことが多かったけど、

ラジオの方も今までよりも少し時間をかけないといけないと感じているし。。

できるだけ、、一つ一つ丁寧に。。

それもこれも、基礎技術とかが身についているベテラン、、いや、そこまでいかなくてもそこそこの経験がある人であれば、その必要はないのだけど、

まだまだ未熟者ゆえの、、こと。

大事なのは、エンジン吹かさないといけないときに、ふかせるように、、磨いておくことかもね。。

とりあえずは、木曜日のライブ、頑張ります!
2018.03.23

次回ワンマン決定!

さてさて、、少し先ではありますが、、加藤ヒロ今年3回目のワンマンライブが決定しました!

加藤ヒロ ワンマンライブJune 2018「Fly into the Summer」
日時:2018年6月15日(金)開場18:30 / 開演19:30
会場:下北沢 風知空知(http://fu-chi-ku-chi.jp)
料金:前売 / 当日3,000円(1ドリンク500円別)

チケットのご予約は、風知空知HPまたは加藤ヒロ公式サイトまで。

今回も、加藤ヒロバンドで登場します!

夏を感じていただけるような、熱いけど爽やかな風を吹かせますよ!盛り上がっていきましょう!

日頃のストレスなんて吹っ飛ばして、やってくる夏に向けて飛び立とう!そう、テーマは、Fly into the Summer!

どうぞ、お楽しみに!
2018.03.16

ワンマンライブ March 2018「君と未来を紡ぐ糸」

加藤ヒロのワンマンライブ March 2018「君と未来を紡ぐ糸」、無事に終了しました!

雨の中お越しいただいた皆さま、ありがとうございました!

久しぶりの一人きりのワンマンライブ。

弾き語りだから出せる音もあるとはいえ、今日は久しぶりに歌う曲も結構入れたセットリスト。

だからかどうか分からないけど、、全体的に少し力み気味、、

でも、ひまわり広場はスペースがそれほど広くない分、とても暖かい雰囲気のライブスペースなので、

お客さんもリラックスして聴いていただけたらと思って、、そのおかげで、、僕自身も最後まで楽しく歌えました。

今日のイベントタイトル「君と未来を紡ぐ糸」。お客さんとの今日の出会いをきっかけに、未来に向けて一緒に糸を紡いでいければいいな、という願いを込めて。

また、次回お会いできれば嬉しいです。

その次回のワンマンライブも、、日程と場所も大分煮詰まってきてますので、、もうすぐお知らせできると思いますので、しばしお待ちを。

今日は、本当にありがとうございました!

セットリスト。

1. Hello
2. Fighting on the Edge
3. 君に春が届きますように
4. Fly into the Summer
5. Happy Spring
6. ミチシルベ
7. 白い月
8. サクラ〜春風に揺れて〜
9. 少し休もうか
10.君と未来を紡ぐ糸
11.あの坂道の向こう
12.憂鬱な焦燥と、サヨナラと。
13.ポプラと見上げた空(アンコール)
14.風に寄り添い歌うブルースの唄(アンコール)

2018.02.17

バースデーライブ、ありがとうございました!

昨日は下北沢は風知空知でのバースデーライブ。

会場の雰囲気もスタッフの皆さんも最高。

そして、お越し頂いたお客様も、、席が足らなくなるくらいに、、本当にありがとうございました!

16時くらいからリハ開始。。

ちょっと歌いすぎたけど、、リハ終了後はお腹空いたので、、一人こっそりと抜け出しておでんを食す。。

すでに開場後の19時前に戻って本番に備えて、、ああ、この本番前の時間帯が一番辛い。。

バンドメンバーに励まされ、10分押しで本番スタート。

最初の4曲は一人で弾き語り。。。この日ほどバンドメンバーが恋しい気持ちでスタートした日はなかったかも。。

なんとか一人で4曲歌い終わってバンドメンバー登場。。あとは勢いのまま気がつけばラストソング。

アンコール2曲で終了。

アンコール1曲終わったところでバンドメンバーがステージへ、、そしてハッピーバースデーを。。

聞いてないよ。。結局、自分でハッピーバースデートゥーミー、、と歌ってしまいましたが。。

なので、最後の曲は僕一人で歌う曲だったので、、バンドメンバー、楽器の前で手拍子。。

これまた、珍しい光景。。

まあ、、こういうのも、、楽しかったです!

沢山の拍手と祝福のお言葉、抱えきれないほどの花束、プレゼント、、、本当にありがとうございました。

そして、打ち上げでもバースデーケーキのサプライズ。。

皆さん、本当にありがとうございました!

また、来月の16日は違う感じでワンマンお届けします!

セットリスト。

1. サクラ〜春風に揺れて〜
2. 魔法にかけられた街
3. 群灰の空から
4. 僕らのSummerset
5. Fighting on the Edge
6. ミチシルベ
7. 白い月
8. みかん製のオレンジ
9. 君と未来を紡ぐ糸
10. あの坂道の向こう
11. 憂鬱な焦燥と、サヨナラと。
12. 風に寄り添い歌うブルースの唄(アンコール)
13. miracRe:(アンコール)





^
TOP