加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2018.06.07

忙しい日々は曜日感覚を喪失させて、記念すべき梅雨入り宣言がなされた昨日の夜は、僕のPVに出演してくれたサックスプレーヤーの寺地美穂さんのライブ。

もっと先だと思ってたのに。。。

そして、本日から会社の研修合宿。。。

そしてそして、気がつけば、、来週の金曜日にはもうワンマンライブである。

色んなことがありすぎて、こんなに直前になってもライブのことに頭が回らないなんてことは、もしかしたら初めてかもしれない。

でも、だからと言って、せっかくのライブのクオリティーを落としたくないので、残り1週間でリハーサル含めて猛ダッシュをかけるつもり。

ところで、来週火曜日には「Fly into the Summer」のPVがいよいよ解禁となる。

自分としては、とても恥ずかしいラストシーンに、、100%ではなく、98%くらいのの気持ちでしか「是非みてください!」と言えない感じ。。。

まあ、、98%といえばほぼ100%だから、PVそのものにはとても満足しているのだが。。。

さて、会社の研修旅行の初日の夜は、平均年齢30歳代の若い連中が集まれば、いつも楽しい余興やら宴会ネタで盛り上がる。

2年前の研修でやった利きビール大会。

「私の飲んだのはXXXではございません!」

「ブッブー!」

と、その時は、軒並み誰しもが外しまくり、全員が正解することができなかった。

ところが、今回は5種類での利きビール大会。

僕を筆頭に、ほとんどの挑戦者が正解。

その前回との違いの原因を分析してみる。

そういえば、前回はチーム戦で、8種類くらいのビールを使って、5名で構成されたチーム全員が同じように飲んで、どれを飲んだかを全員の意見を一致させて正解を当てるというルールだった。

「僕、絶対これだと思いますよ!間違いないですよ!」

と、酒を一滴も飲めない奴がほざく。。

はい、不正解!

今回は、完全な個人戦。

つまり、種類の多さも関係するけど、それよりも、複数名が参加することで色んな異なる意見を集約することで、個人の研ぎ澄まされた感覚が無視され、落とし所を見つけ出すといった混乱が生じていたということなのか。。

合議制というのも、時と場合によっては、マイナスに働くということ。。

それが終わると、今度は大喜利大会。。

IPPONグランプリみたいなのもの。

その最後のお題。

「加藤ヒロが、社長を退任!その理由は?」

そこで、出てきた答え。

「タックルの指示をしてないと嘘をついたから。」

はい、座布団一枚!
2018.06.05

睡眠までの。

問題です。

「布団に入ってどれくらいの時間で寝れますか?」

というアンケートに、どう回答するか。。

さて、あなたは次のうちどれ?

① 10分未満
② 10分 〜 30分
③ 30分 〜 1時間
④ 1時間 〜 2時間
⑤ 2時間 〜 3時間
⑥ 3時間以上

はい、どうでしょう。。

結果、最も多かったのが、②の10分〜30分という人。3分の1以上の人が②でした。

①の10分未満の人も30%近くの人がいたので、、ということは、世の中の60%超の人が布団に入って30分以内に眠りについていることになる。

うん、、平和だ。。。

ちなみに僕は、いつもなら①を選ぶところ。

そう、まさしく平和主義者。

誰からも襲われる心配がないから。

多分。。。

でも、ここ数日間は④かな。。

これでも、、色々と考えることがあるんですよ。

週末は、本当にねれなかったなあ。。

土曜日の昼間なんて、昼寝を通り越して、もう気絶ですよ。気絶。。

日曜日なんて、、ずっと昼間ぼ〜としてたし。。

え、、誰かに狙われてるのかって?

まあ、、狙われてるといえば、狙われてるかも。。

でも、やっぱり寝ないといいアイデアは浮かばないし、、リラックスも出来ないから何やるにしても力んじゃって結果は良くならないし、

どんどん悪循環に陥っちゃう感じ。

だから、、今日は①を目指して、、、、頑張るぞ。おー。
2018.06.02

酒と夢、そしてコモドドラゴン

いつもお世話になっている方の会社設立記念パーディーへ。。

と言っても、畏まったパーティーではなく、カジュアルな感じ。

しかも、深夜までやっているとのことなので、それまでの入退出も自由。

そんなに飲み過ぎないようにと思ってたのに、着いてすぐに空腹の状態でのシャンパン。

まるで給油を終えた F1マシンがピットから飛び出していくように、僕のエンジンも唸りを上げてお酒のペースは上げる。。

ああ、、すぐに酔っ払い状態。。

なんか、、楽しい仲間がいるせいか、、ついつい飲み過ぎてしまう。。

帰り道、、小腹が空いていたので、最近よく通っている蕎麦屋のような居酒屋のような、お気に入りのお店に立ち寄る。

カウンターの一番端のいつもの席に案内されて、おでんを幾つかいただく。。

そこで飲んだビールがトドメのように、僕を眠りの世界へと誘っていく。。

家に帰ってそのまま床につくが、、その後の記憶といえば、夢の中で。。。。


舞台は知らない街。。

昼間、車通りのない住宅街を歩く。。

季節は春。

おそらく、山からの雪解け水のせいで、、道路上には小さな川のような水の流れができ、ところどころが濡れている。

すると、そこら中に見慣れないものが目に映る。

道路の真ん中、、道路の側面にある腰の高さ程度の壁の上、、道路の横にある雑木林に畑の中。。。ありとあらゆる場所に、、それがある。。

それは、、蛇の脱皮した皮。。

そして、脱皮したばかりの生きた蛇も無数にいる。。

しかも一匹がでかい。。

黒い蛇も白い蛇もいた。。

蛇たちは、不思議と襲ってこない。

街の行き交う主婦も子供も、、全くと言っていいほど蛇を気にしていない。。

なぜだ。。。あまりにもこれが当たり前の光景だからなのか。。

まあ、、蛇を踏まないようにだけ気をつけていれば、それほど怖くはないみたいだ。。

その蛇だらけの道を進むと、小さな公園に出た。。

その公園にも、無数の蛇がうようよいる。。

でも、普通に子供達がかけっこをして遊んでいる。。

不思議な光景だ。。。

そして、その蛇たちの向こう側には、なんとワニが沢山いて、、そのワニがまるで運動会でやる組体操のピラミッドのように重なり合い、見事な三角形を形どっている。

ところが、目を凝らして見てみると、、ワニに紛れて大型のコモドドラゴンが数頭紛れて、その組体操に参加しているではないか。。

僕は訳がわからなくなって、その場を逃げ出したくなったけど、、それもできない。。


と、ここで目を覚ます。

枕は汗でぐっしょりと濡れていた。。

うなされていた訳じゃないけど、残った酒と若干の二日酔い感で気分は優れたとは言い難い。。

夢に、蛇とかワニとか出てくることに、何らかの意味があるのかと調べてみたら、、それなりに色んな意味があるらしい。。

それは、良い意味もあれば、悪い意味もあるとかで。。

それにしても、夢占いにコモドドラゴンまでは、、さすがに、、載ってないな。
^
TOP