加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2019.07.19

Live@原宿クロコダイル

久しぶりの原宿クロコダイル。

そして、クロコダイルでは初めてのバンド編成。

昔のブログを遡ってみてみたら、3年前の6月10日にクロコダイルでのイベントに出演させてもらったのが最初。

そう、あれは3年前。。あれ、、もうずっと昔のような気がするけど、、まだ、3年前なんだ。。

その時のライブは僕にとってちょっとした転機になったライブだったので、今でもよく覚えている。

当時は、音楽活動を本格化して間も無く、まだまだライブ経験も不足していて、なかなか自分の力をステージで出しきれない日々が続いていた頃。

そこで、初めての老舗ライブハウスのクロコダイルに出演という事もあって、結構ライブ前の1週間はセットリストを早めに決めてガムシャラに何度も何度も個人リハしたのを覚えている。

その頃はまだ会社の仕事にソコソコ時間を割いていた事もあって、せいぜいライブの2-3日前にちょろっと練習する感じでライブに出ていたから、あんなにライブ前に練習したのは初めての事だったかも知れない。

本番当日、緊張しながらも練習の時と同じくらい自分を出す事が出来た手応えがあった。

初めての感覚だった。

もちろん、絶対的な完成度は全然低かったんだろうと思うけど、ギターと歌の師匠にも「とても良かった」とお褒めのお言葉を頂いて喜んだ。

その時のライブが、その後の自分にとって大きな自信になったと同時に、ライブ前に納得するまで練習することの大切さを学んだ経験でもあった。


そんな思い入れのあるクロコダイルで、少しは成長した自分をバンド編成という形で見てもらいたくて、忙しい中いつものバンドメンバーに集まってもらった。

昨日は、色んな意味で自分としては反省点も多いステージだったけど、それでもその時に出来ることを精一杯やろうと最後の曲まで頑張れたことは自分でも良かったと思う。

いつも万全な状態で調子よく歌えればそれに越したことは無いんだろうけど、プロスポーツの世界でもよく言われるように、本当の力は調子が悪い時にどう粘り、期待される結果を出すのか、というものが問われていくとすれば、今は色んな経験を積ませてもらっていると思って頑張るしかない。

もちろん、ちゃんと体調とか含めて自己管理が必要なんだけど。

と、いうことで、次回ライブはいよいよ8月24日(土)、25日(日)に開催されるクラシック・ミニ・フェスティバル@富士スピードウェイでのフェス。

僕は24日(土)の夜、今回のクロコダイルでのメンバーにサックスの寺地美穂さんを加えて、フルフルメンバーのバンド編成で臨みます。

こんなメンバーで出来るのも中々無いチャンスなので、思い切り夏の夜を楽しんでこよう。

さあ、来るべき梅雨明けと本格的な夏の到来に備えて、、、今のうちに、、ちょっと休んでおこう。。。

photo by 森良太(Brian the Sun)
2019.07.15

ザクセンの風〜その5〜 最終章

あっという間にドレスデン滞在の最終日の朝を迎える。

この日は朝から曇り空。

気温も最低気温が15度を下回っていつもより少し低い。

それでも、滞在した5日間ずっと雨に降られなかったのは、とても幸運だった。

パンと手作りハムにサラミ、ゆで卵にコーヒーというシンプルだけどとても美味しい朝食。

僕のお気に入りは、パンとハム。いくらでも食べれそう。

朝食の後、僕は一人でいつもの森へと出かける。

滞在中でこの森の中に入るのは4回目だ。


最初は義弟に案内されて、ぐるりと30分くらい散策した。

そのときは、自分たちがどこを歩いているのかが全く分からなかった。

2回目は、僕一人で森に入った。

前日と同じように、クラインガルテンの脇の道を歩いてから森の中へと入っていく。

森の中の道は、微妙に曲がりくねっていて、僕のように土地勘のない人間が迂闊に入り込むと、迷宮のような森から出てこれなくなるんじゃないかと心配になる。

そんな時は、Wi-Fiが繋がっていなくても自分がどこにいるのかがわかるグーグル・マップのオフライン・マップがとても役に立つ。

それでも、人があまり歩いていない薄暗い森の中では、時折カサカサと音を立てる野生動物や聞いたことのない野鳥の鳴き声、そして風に揺れる木々の枝の音が絶えず僕の心を緊張させる。

森は僕という遠い極東の小さな島国から来た他所者を受け入れるかどうか品定めしているのかも知れない。

くねくねと曲がる森の道を歩いていると、うっすらと汗が滲んでくる。

僕は森の真ん中あたりにある木のベンチを見つけ、そこに腰掛ける。

背負っていたミニギターを取り出し、弾いてみることにした。

発声練習をして、歌を歌う。

僕の声に気づいた散策中の人は立ち止まり少しこちらを伺うようにするが、歌声はすぐに木々の茂みに吸収され、立ち止まった人も何もなかったかのように再びその歩を進め始める。

1時間くらいベンチで過ごした後、最初に散策した時と同じ道のりを辿り、足早に家へと戻る。

そして、3回目は2回目の道のりを逆方向から辿ってみた。

逆方向から辿ることで、森の中に張り巡らされた散策道の位置関係が随分と分かってくる。

違う方向から物事を見ることはとても大事なことだ。

この日は、少し森の奥深い所まで続いている初めて歩く遠回りの道を辿ってみた。

ぐるりと森を一周するように散策して、家から少し離れた場所にある森の出口に出る。

森の出口付近には立派なテニスクラブがあり、綺麗に整備された赤土のテニスコートではまだ幼い子供から大人までがテニスを楽しんでいる。

この日を境に、僕と森との距離は随分と縮まり、僕の心から森に対する警戒心も恐怖心も消え、むしろ親しみのような感覚を抱いていた。


最終日の朝、僕はミニギターを背負い、テニスコート方面から森へと入る。

これがドレスデン最後の森の散策だ。

森の中にちょっとしたコンサートができるステージがあると聞いて、そこを目指して歩き始める。

森に入り、少し迷いながらも10分もすると森の中のステージが見えてきた。

ステージに上がって歌でも歌おうかと思ったけど、周辺に散歩している子供連れの親子が数組いたので、躊躇してやめた。

そう、僕は小心者なのだ。

ステージをあとにして、今度は森の一番深い場所に向かって歩き出す。

敢えて初めての道を森の奥へと進んでいく。

ずんずんと足早に、、そして一定の速度でテンポよく進んでいく。

すると、森の中を流れる小川に出た。

土手を下りて小川の向こう岸へと渡ってみる。

向こう岸の土手を登った所にある木のベンチで一休み。

すると、動物の気配。。。

みると、遊歩道で散歩中のスタンダード・プードルが立ち止まり、ベンチに腰掛けている僕の様子を伺っている。

10秒ほど立ち止まって危険がないと察知したのが、足早に僕の目の前を通り過ぎていく。

その10秒後に一人の若い女性が僕を見てにっこりしながら目の前を通り過ぎる。

スタンダード・プードルの飼い主だろう。

曇り空だった空は、雲の切れ間から太陽の光が森の中に木漏れ日となって降り注ぐ。

もう、僕の中に最初の時に感じていた緊張感はない。

森もどうやら日本から来た僕のことを少しは受け入れてくれたようだ。

僕は再び歩き始める。

そして、2回目に来たときに歌を歌ったベンチまでたどり着いて、この日もギターを弾いて歌を歌う。

辺りは木々のざわめきと野鳥の鳴き声しか聞こえない静寂、、そして少しひんやりとした空気が僕を包んでいる。

歌を歌い終わり、僕は森を覆う木々の枝を見上げる。

その向こうに青い空が広がっている。

ザクセンの風がこの森を吹き抜ける度に、木々の枝はざわめき声を上げ僕に降り注ぐ柔らかな太陽の光を揺らしている。

今日の夕方、ドレスデンともさよならだ。

そして、この森ともさよならだ。

多分無いと思うけど、、またこの森に来ることがあればよろしく、と挨拶して僕は森を出る。

「今度来るときは、森のステージで歌ってみるよ。」

このようにして、僕のドレスデンの旅は終わる。


日本に帰ってきてから1週間以上が経ったけど、、今までも目を閉じれば心の中に、、あの森の匂い、木々のざわめき、野鳥の鳴き声、そして吹き抜けるザクセンの風を感じることができる。

これからも、いつでも、いつまでも、ずっと。

終わり。。。











2019.07.14

ザクセンの風〜その4〜

「山はないの。」

ドレスデンに行く前に、行きたい場所があるかと聞かれ、尋ねた時に返ってきた返事。

着陸態勢に入った飛行機の窓から見下ろした景色にも、山らしきものは一切目に入らず、土地の高低差と言えばせいぜい田園風景の中にある緩やかな丘陵くらいだ。

という訳で、山々の絶景ポイントを見に行くというイベントを最初から期待していなかった僕なのだが、現地に行ってからザクセンのスイスと呼ばれる、その名も「ザクセン・スイス国立公園」という絶景ポイントがあるとのことで連れて行ってもうことにした。

場所はドレスデンから車で南東方向に走ること約50分。もうチェコとの国境にも近い場所らしい。

道中、車窓からはまるで北海道を思わせるような田園風景が広がる。

空はどこまでも青く、所々に小さな白い雲がぽっかりと浮かんでいる。

丘陵地帯は、空とトウモロコシ畑、そして小麦畑との間に長閑な地平線を描き出し、空の青と大地の緑と黄色との境目に見事な色のコントラストを表現している。

そんな風景に見とれているだけで心が癒される。

目的地はバス停。。。。いや、バスタイ(Bastei)と発音する場所。

それほど山道を登ってきた訳でもないのに、目的地に到着して少し遊歩道を歩いていくと、そこには息を飲む絶景が広がっていた。

僕らが立っている場所は、断崖絶壁の上にある展望台。

周りには奇岩と言うに相応しい、、まさにアメリカの歴代大統領の顔がどこかに彫刻されているかのような錯覚を起こしかねない岩山が取り囲んでいる。

眼下に流れるエルベ川は長い歳月をかけて岩肌を削り取るように緩やかにカーブを描いている。

そんな風景を見ながらの岩山の散策。

僕は飛行機やジェットコースターのように自分が何かに固定されていれば高い場所でも平気なのだが、吊り橋を渡る時や下が見える非常階段を降りる時ように自分がフリーの状況での高所では通常の何倍も恐怖症になってしまう。

この岩山でも僕は柵から身を乗り出して下を覗くことができない。

そんな奇岩群の中に足元が見事なアーチを描く石で出来た橋が通っている。

「バスタイブリュッケ」と言う橋で、ゼクセン・スイス最大の名所らしい。

絶景を満喫した散策の後、パーキング近くの森の中で皆んなでおにぎりをいただく。

僕は昼間からソーセージに白ビールだ。

ベンチに座っておにぎりを食べていると、人間を怖がらないのか野鳥が餌を求めて近づいてくる。

こんな大自然が作り出した絶景ポイントまであるなんて、ザクセンは本当にいいところだなあ。

スケールの違いを感じた1日でした。










2019.07.12

ザクセンの風〜その3〜

この日は朝から僕のリクエストで楽器店へ連れて行ってもらう。

楽器屋まで車で走ること20分弱。

ドレスデンも御多分に洩れず車社会ではあるものの、市街地には路面電車が複数路線走っていて、車でも電車でも大体20〜30分も行けば生活に必要な買い物は済ませることができるし、空港にも行けるというから本当にコンパクトで暮らしやすそうな街。

ドレスデンの人口は約50万人というから、これくらいの規模感で街が完結している方が暮らしやすいのかもね。

さて、到着した楽器屋は、倉庫を改造したような店舗で中は結構広い。

ギターや管楽器やらハーモニカやら、あらゆる楽器を扱っているみたいだ。

日本の楽器店ではあまり見かけないアクセサリーもあったり、カッティングボード等の台所用品やショットグラス、リュックサックなどなど、楽器メーカーのブランドをサブライセンスして作られた生活用品も結構売っていて面白い。

色々見て回ってから、アコースティックギターが陳列している所で色々と試し弾き。

日本ではまだ珍しいフェンダーのエレアコが沢山並んでいて、色がカラフルでとても可愛いらしい。

せっかくなので旅の思い出に、、と青いボディーのフェンダーのエレアコを購入。

今度、ちょっとした弾き語りのアコースティックライブでサブとして一度使ってみようかな。


午後からは、ドレスデンの旧市街を観光。

旧市街には、石畳の敷き詰められた敷地にアウグスト1世の時代に建てられたバロック建築の建物が今でも多く存在している。

そのすぐ近くにある百貨店やブランドショップが立ち並ぶエリアがあるが、新しい街の機能と重厚な趣のある旧市街の建物がそれぞれの良さを活かしながら共存しているようだ。

まずはドレスデンを象徴する建物の一つ、フラウエンキルヒェ(聖母教会)に入ってみる。

ニューヨーク時代に色んな教会に入った経験があるけど、それに比べてやっぱりヨーロッパの教会って芸術的要素が半端ない。

しばし天井を見上げ言葉を失う。

このフラウエンキルヒェ、第二次世界大戦時に崩壊してしまった教会を、約10年もの再建工事を経て2005年に完成を迎えたそう。

こんなバロック様式の建物を再建するだけでもすごいなあ、と感じた次第。

その後は周辺を散策して、実際の馬が引っ張らない電気駆動の馬車(?)に乗って観光。

30分かけて旧市街地をぐるりと見物。

ドイツの中でも他の都市と一味違う趣のある街ドレスデンは、一度行ってみる価値はあるなと、そして改めて今回来れて良かったな、と思ったのでした。


夜になって町外れの川沿いにあるビール工場併設のビアガーデンへ。

ソーセージ等と数種類のビールを頂いて帰宅。

そりゃあもう、、ビールの味は最高でした。




















2019.07.09

ザクセンの風〜その2〜

アウトバーンを下りた車は、田園風景が広がる下道を北に向かってひた走る。

崖の上から駆け下りるようにヘアピンカーブを大きく曲がって下ったら、そこはもうマイセンの町。

町は、エルベ川を見下ろす丘の上にそびえ立つアルブレヒトブルグ城の周辺に旧市街が広がる小さな町。

マイセンといえば磁器で有名だが、意外にも17世紀のヨーロッパでは日本の伊万里がもてはやされていたという。

当時のドイツのザクセン選帝侯アウグスト強王が、磁器製造の秘法を研究させるため錬金術師ヨハン・フリードリッヒ・ベドガーを監禁して製法を解明。

悪戦苦闘の末1710年、ヨーロッパ初の硬質磁器窯「マイセン」が誕生した。

僕たちは、アルブレヒトブルグ城の脇にある駐車場に車を停め、ケーブルカーに乗って城壁の中へ。

お城から見下ろすマイセンの旧市街は、いくつものオレンジ色の屋根の建物が連なり、さながらイタリアにでも来たかのよう(と、いっても僕はイタリアでオレンジの建物の屋根を見たことがあるわけではないが)。

頭一つ突き出た建物は教会。

時計台の屋根の少し下あたりに、マイセンの磁器で作られた、まるでいくつもの風鈴を鈴なりにぶら下げたような鐘。

その鐘の音は磁器がぶつかり合う時の優しい音色で、30分おきに町中に響き渡る。

そんな景色を見渡すことができるお城の中にあるレストランに入り、遅めの昼食をいただく。

僕はもちろんビールと、日本ではめっきり食べることが無くなったハンバーガーを注文。

真っ青な空に吹き抜ける心地よい風。

そして眼下に広がるジオラマのような石畳の敷き詰められた可愛い中世の街並みを眺めながら飲むビールは最高だ。

昼食後、旧市街を散策。

僕は照りつける強い日差しと飲み干したビールで、フラフラになりながらの散策。

そこでソフトクリームを一つ。。

一体この旅が終わる頃にはどれくらいまで体重が増えるのだろう。。。

そういえば、このマイセンの町は、子供の頃に見ていた夢に出てきた中世のヨーロッパの街並みとよく似ている。

それは、いつもクリスマスシーズンを前に賑わいを見せる町で、寒いながらも街中のガス灯と家々から漏れる窓の明かりで、心がとても暖かくなる光景だった。

いつかまたマイセンに来ることがあれば、今度はクリスマスシーズンに来ることにしよう。。。

。。うん、、多分、、来ないでしょうけど。。。

(続く)

















2019.07.07

ザクセンの風〜その1〜

わずか数日前のことだが、随分と遠い昔のように感じる。

と、言いながら、シャツに袖を通す時に、ふわりと漂うあの部屋の匂いで、一瞬にしてその街並みを記憶の中に鮮明に蘇らせることができる。

とても不思議な感じだ。

梅雨前線が停滞する日本を抜け出し、訪れたのはドイツの東の端に位置するザクセン州の州都、ドレスデンという街。

この時期に、この5泊6日という期間で、それより長くても短くても実現しなかったであろう今回のドレスデンへの旅。

それを決めたのは5月のこと。

ドレスデンは、7年ほど前に義理の妹家族が移り住んで暮らす街。

高齢になった義理の父と一緒の旅。滅多に会えない孫との再会は、義理の父にとってもとても大切な思い出になったであろうと思う。



ミュンヘンで小型飛行機に乗り換える。

12時間を超える空の旅を経て現地の空港で手荷物を受け取り外に出たのが午後7時半過ぎ。

少し翳りのある夏の西日が照りつけ、まだ夕方の4時くらいに明るい。

その日、日中の気温が30度台半ばまで上昇したらしいが、夜になって気温も下がり、湿度も極端に低いので全く暑さを感じない。

気候はとても快適だ。

義理の妹家族の家に到着して、初日の夜からビールを沢山頂く。

空は10時を過ぎてまだ微かに薄暗く、ようやく闇に包まれ始める。

冬は逆に日照時間が極端に短いらしい。

到着早々のビールに気分を良くして、その日は就寝。。



翌朝、時差ボケを感じることなく起床。

そして、甥っ子を保育園に送ってから近所の森を散策。

この辺りは、大きな森に囲まれたエリア。

そういえば、飛行機の窓から見た風景も住宅地が大きな森に囲まれているという地形が目立った。

森の中は、日本では滅多に見ることのないくらい背の高い木々が生い茂り、鳥の鳴き声がその木々の枝が作る大きなトンネルにこだましている。

朝から足早に散歩をする人。のんびり散歩をする人。犬を連れて携帯電話で話しながら歩く人。自転車で走り抜ける人。。

森の中で散歩する犬は皆んなリードをしていない。

でも、ご主人から目を離すことなくピタリと後をついて歩く。

すれ違う僕の視線に合わせる事すらない。

どの犬もとても躾が出来ているようだ。

気持ちのいい天気に、気持ちのいい森の空気。

思わず深呼吸してみる。

森を抜けると数十年以上も前に建てられた住宅だろう。とても綺麗にメンテナンスされ、とても可愛らしい色に塗られた洋館が立ち並ぶ。

この辺りは高級住宅街らしい。

ヨーロッパに来たことを改めて実感する風景だ。

さて、この日は陶磁器で有名なマイセンという町に出かける予定。

僕たちは準備を済ませ、義理の弟が運転する車へと乗り込んだ。

(続く)









2019.06.30

酸素カプセル

カプセルと言えば、薬で飲むか、タイムカプセルのように土に埋めるか、というものだと思ってたけど、興味があって一度は酸素カプセルなるものを体験してみたいとずっと思っていた。

先日の湯けむりの街からの帰り。空港で待ち時間が1時間くらいあったので、手荷物検査の横にあるマッサージ店に入ってみることにした。そこで、メニューにあった酸素カプセル。

やってみたいとお願いして30分コースで申し込み。気圧を下げて膨らませるタイプなので、膨らむまで少し時間がかかりますとのこと。それでも、搭乗時間には間に合うだろうと、まだしぼんでいるカプセルへと身体を入れる。

上部にあるチャックを厳重に閉められて、さあ気圧が下がるボタンをスイッチオン!と、思って待ってても全然カプセルは膨らむ気配を見せない。

「チャックの閉め口、内側でマジックテープで上部に張りつけてますか?」と、スタッフの人の声。そう言えば、ずっと僕の目の前に閉め口のチャックがぶら下がったままだ。「いいえ、そんなこと、言われてませんけど。」。。。「では、上にしっかりと張りつけてもらえますか?」と。

「それでは、始めていきま~す!」

なんだ。。、まだ始まってなかったのか。単に専門のスタッフ待ちだったみたいだ。
この時点でもう15分以上は経過してるぞ。小心者の僕は、搭乗時間が気になって仕方がないない。

そう言えば、ついこの間誰かのブログで出発時間の15分前の手荷物検査に間に合わず、予約した便に乗れなかった、と書いてあったのを思い出す。

カプセルの中は気圧がどんどん下がり始める。「耳抜き、ちゃんとしてくださいね!」と言われても、僕はスキューバダイビングの経験もないので、耳抜きのやり方がわからない。とりあえずそれが正しい耳抜き方法かどうかは別にして、連続で唾を飲み込み続ける。まあ、なんとかなっているようだ。

それにしても、狭い密閉されたカプセルの中で、僕は一体何をやっているのだろう。。。酸素カプセルと言ったって、本当に酸素が供給されているかなんて僕には確認する術もなければ、罠にはめられて酸素供給口から謎の毒ガスな何かを送り込まれたら僕はもうここから生きて出れることはないだろう。

もう20分は経っただろうか。何故に飛行機に乗る前の余裕のない時に、何故にこのような密閉された空間に身を隠し、知らないお店のスタッフに僕の命を委ねなければならないのか。。。安易にこのカプセルに入ったことを後悔する。。

そして、密閉されたカプセルに自分が閉じ込められていると思ったら、急に息苦しくなってきた。そもそも、僕はMRIとかの狭い場所に閉じ込められるのは得意ではない。ああ、早く出たい。。飛行機、大丈夫かなあ。

頭の中では「日本航空○○便で羽田にご出発の加藤ヒロさま、加藤ヒロさま。間もなく出発でございます。お急ぎ○番搭乗口までお越しください。」とアナウンスされてやしないか。それを聞いたメンバーが「うちの社長が行方不明になった!」と慌てふためいてやしないか。。。いや、慌てふためくならともかく、「社長のことだから、湯けむりの街気に入ったみたいだから、急遽もう一泊することにでもしたんだろう。」と、心配さえしてくれてないかも知れない。。

「はい、時間でーす。」と、全然リラックスできないまま酸素カプセルは終了。急いで手荷物検査検査を通過して搭乗口へ。走って駆けつけた僕を見てもメンバー何も不思議そうではない。

良かった。。。間に合って。。

酸素カプセル、、二度とイヤだ。
^
TOP