加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2019.06.28

博堂村へ

湯けむりの街での研修2日目。

朝からの座学を終えて、午後の工場見学。そして、その後は待ちに待った二日目の宴会。

会場は、この街で1、2を争うという人気の焼肉屋さん。

食べて飲んで、また食べて。。。。

メンバー一同、満足満足。。。

満腹になった後は自由行動。。。大人ですから。

ほとんどのメンバーが地元で流行りのミュージック・バーへと向かう中、僕一人が群れから抜け出してとある場所へ。

何度か迷いながらも、目的のお店にたどり着く。

お店に入ると、その日は地元のアマチュア・ミュージシャンの人達のライブの日。

ビールを飲みながら、最後まで楽しむ。

実はこのお店。。。この湯けむりの街出身のシンガーソングライター、大塚博堂さんの甥っ子さんがやっているというライブバー。

その名も「博堂村」。

店内には、大塚博堂さんが使っていたギターも飾られていた。

実は僕も大塚博堂さんってよく知らなかったけど、写真で見る大塚博堂さんは、ビジュアル的にはちょっと怖い感じ。。?

でも、実際に曲を聴いてみると、何とも言えない昭和の時代を彩る素敵な歌声。

その歌声は、大塚博堂さんのトレードマークだったヒゲとサングラスからは想像もつかないくらい(。。失礼?)甘い歌声。。

その大塚さんも、今はもう天国に行かれているんだよね。

ずいぶん前だけど、、1981年に脳内出血で37歳の若さで亡くなられて。。

それでも、今でも地元の人達からは愛されていて。。素晴らしい!


そんなこんなで、日付が変わるくらいまで、地元のミュージシャンの方々と交流して一人旅館へ。

最後の方はもう酔っ払ってよく覚えていないけど。。

さて、翌朝、焼肉屋を出た後、一人でフラフラとお店を探しているところを会社のメンバーに目撃された僕に、一体どこに行っていたのかと皆んなが聞いてくる。。。

昨日はどこで、遅くまで飲んでたんですか?と聞かれ、君たちには分からない昭和の男のロマンを探して歩いていたんだよ、と僕。

そして、帰りが遅かったのは、「僕のまわりだけ時の流れが遅すぎただけさ。」

なんてね。。。

大塚博堂さんの名曲「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」より。
2019.06.27

何となくセンチメンタル。。

火曜日の夜、久しぶりの東京での弾き語りブッキングライブ。そして、久しぶりのひまわり広場で手をつなごう。この箱は自分のブログで見てみたら、ちょうど去年の7月頭以来だからほぼ1年ぶり。

東京ではまだ歌ったことのない「きみだけのランウェイ」と「スタートライン」を含む5曲のセットリスト。最後はまだ夏が来る前に歌う夏の終わりの曲「君がいて僕がいた夏」。アコギサウンドにコーラスをかけて、中々いい感じで音作れたかな。

ライブ後に帰宅してスマホを充電しようと思ったらなぜか充電口の奥までジャックが入らない。なんで???力ずくで入れようとすると壊れそう。ネットでドコモショップの予約を取ろうと調べてみるが、予約出来たのは金曜日の夕方。それだと電源なくなって、状況を見てももらえなくなる可能性もあるし、携帯を変えるにしてもデータ移行も出来なくなるとまずいので、
30%しか残ってない電源を大切に節約しながら翌朝ドコモショップへ。

スマホを確認してもらうと、結構なホコリが詰まっていたみたい。だけど、ホコリを取ってもなぜか充電反応が出ないとのこと。何度やってもダメなので仕方なく保証を使って新品と交換する手続きをとる。

その間、写真とか音声データとか、モバイルスイカの預け入れとか、機種変更の準備を完了。電源は残り4%。電源切れる前で良かった。。

そこで、店員さんが「ダメ元でもう一度充電してみましょうか。」とやってみれば、途切れ途切れだけど充電出来てる。あれあれ?で、家に戻って充電すると完全に復活してるし。。結局、新品への交換もキャンセル。

前から変えようと思ってて、この際だからと申し込んだ光テレビも接続が上手くいかず断念。有線で繋がないとダメみたいだ。。そもそも、確認不足で観たい基本チャンネルに入ってないし。。なので、スマホの交換も光テレビもキャンセルのため、またドコモショップへ。。


ドコモショップの店員さん、あんなに頑張ってくれてのにね。。うーん、、何となく、、センチメンタル。。
2019.06.23

湯けむりの街へ

定刻通りに羽田を飛び立ち巡行高度に達した飛行機は、進行する方角を西に取った。

窓から見下ろせば、眼下に地上の風景が広がる。

その地上の風景を遮るように、所々で真っ白な雲が浮かんでいる。

気圧の低い場所だろうか。湿った空気の塊が集まると、大気中の水蒸気がまるで溶岩のような形をした雲となり、湧き上がるように発達しあと少しで翼に届きそうな勢いだ。

まだ梅雨の真っ只中だけど、上空から見える雲の形は、間もなくやって来るであろう本格的な夏の到来を予感させている。

思い返せば、去年のこの研修の行き先は伊勢志摩。

今年は、一部のメンバーが以前から行きたいと懇願していた場所。。。日本を代表する湯けむりの街へ。

最近はこういう泊りがけの研修は珍しくなってしまったかもしれないけど、非日常的な時空間を共に過ごすことで仲間意識が醸成されるという効果はとても大きい。

学術や技術的な向上を狙った勉強会も大事だけど、特にうちの会社では、新しいメンバーも毎年数名はいるし、シニアメンバーの中には、自分の事務所と兼務してうちで非常勤で働いている人も増えてきたので、こういう若い人と古株の人の交流が図れる機会はとても貴重になってくる。

仕事柄、個人の能力に依存することも多いけど、やっぱりチームで動く以上はチームワークの維持・向上は大事な問題。

なので、毎年やってます。

初日は移動がメインなので、まずは大分空港に到着してバスで昼食会場へ。

別府湾を見渡せる高台にひっそりと佇む趣のある料亭で、ちょっと贅沢に名物の城下かれいをいただく。

城下かれいは、種類で言えば東京湾でもお馴染みのマコガレイ。

でも、この辺りの海底には清水が湧き出ている場所が何箇所かあって、豊富な海水性と淡水性のプランクトンで育つマコガレイは、他の地域のそれと比較してとても肉厚で、泥臭さが全くないらしい。

確かに、刺身で頂く城下かれいは、味が濃くて全く臭みもなく、とても美味しいかれいでした。

お腹を満たして、ホテルに移動する前に寄り道。

え?ライオン??

可愛かった。。




2019.06.20

研修へ

東京オリンピックのチケットの抽選発表のこの日。早速、朝から携帯とパソコンでチェックしようとするが、サイトにアクセスできるまでは1時間以上の待ち時間が。。。

購入する時もそうだったけど、そりゃそれだけ沢山の人が一度にアクセスしようとするとこうなるわな。

チケット当たっていれば嬉しいけど、申し込んだチケットが全部当たったら当たってでどうやってお金の工面をするか考えないといけないから複雑な気持ち。

たぶん、結構な人が同じ気持ちのはず??

でも、朝からラジオを聴いていると、全部ダメでした〜っていう人も結構いるみたいだから、そんなに期待はできないみたいだ。

それに僕の場合、競争率高そうな競技に、競争率高そうな決勝とかで、競争率高そうな座席にしか申し込んでないから、きっとダメなんだろうな。

抽選結果、またブログで書くことがあれば書きますが。。。


さて、この日は朝から毎年恒例となっている会社の研修という名の「研修」に参加するために羽田空港へ。

思い返せば空港なんて久しく来ていない。

いつ以来だろう。。もしかしたら、2年以上前に欧州出張に行った時以来かも。。。

昔はあんなに飛行機乗ってたのに。

まあ、たまに来ると空港も中々いい感じだ。

翼に乗って遠くの街へ。。

うん、悪くない。

大体において昔は気の重い出張でしか飛行機に乗ることはなかったから、こういう「研修」だととても楽しい。。

いやいや、、研修ですから。。

真面目な研修ですから。。

研修だって気が軽いわけじゃないですから。

工場見学したり、勉強会したり、、、ああ、大変だ。。

そのあと、温泉入ったり、宴会したり。。。。

はい、親睦を深めるための、、「研修」ですから。
2019.06.16

馬場俊英さんのライブへ。

土曜日の夕方、大好きなアーティストの一人、馬場俊英さんのライブへ。

この日は、5月から始まった「馬場俊英LIVE TOUR 2019〜落書きとマスターピース」の東京公演。

会場は、ティアラ江東というホール。

このツアーは、前半がアコースティック編成で、後半はバンド編成だそうで。

で、この日の東京公演がちょうどバンド編成の初日。

3月にラジオ番組で初めてお会いした時、とても優しく接してくれた馬場さん。

なんかずっと昔から知り合いのように勝手に思い込んでる感じだけど、実は馬場さんのライブに行くのは今回が初めて。

とても楽しみにしていた。

会場に到着すると、僕とほぼ同じか年上のお客さんばかり。

わかるな〜。

子供の頃の思い出や、夢を追い求めていく挑戦者、社会人になって誰もが抱きがちな喪失感や諦めの気持ちを優しく包んでくれる曲など、僕らから上の年代の人には馬場さんの曲は心に響くからね〜。


17時過ぎ、天井の高いホール独特の音の響きと共にライブがスタート。

前半のミディアム中心の曲から中盤は弾き語りでしっとりと聴かせる曲を挟み、後半は一気にスタンディングで盛り上がる曲の連続。

クライマックスは馬場さん代表曲の一つ「ボーイズ・オン・ザ・ラン」。

会場内は、白髪のおじいさんから年配の女性まで全員が立ち上がって右手拳を天井に届くかのように力強く突き上げている。

この年齢層のこれだけの人たちを立ち上がらせて、なおかつ両手でガッツポーズとりながら歌える人って、、、そんなに沢山はいないよね。

来年デビュー25年を迎える馬場さん。

途中6年間のインディーズ時代も経験されているからこそ書ける曲があるんだろうな。

MCの喋り方もラジオの時と変わらない感じで、ライブの最後にはお客さんだけではなくて音響、照明、会場スタッフといった全てのライブ関係者の人への謝辞を述べられていた。

本当に馬場さんの人柄がわかる。

最近は、先輩のミュージシャンの方々が35周年とか40周年とか頑張っている人が多いから、自分の25周年なんてまだまだ、、と謙遜されていたけど、やっぱすごいなあ。

僕、、? 僕はまだ、、はい、始まってもいませんけど。。

また、馬場さんとお会いしたいなあ。

とても心温まるライブでした。
2019.06.14

神戸Kiss FMにて

昨日の名古屋ZIP-FMの収録に続き、今日は神戸Kiss FMの「SUNDAY SOUND BANQUET」という番組のゲストとして呼んで頂きました。

神戸と言えば、わたくしの生まれ故郷。

子供の頃は、年に何度か両親と一緒に里帰りで、神戸のおじいちゃんとおばあちゃんの家に帰っていた頃が懐かしい。

その神戸を訪れる度に眺めていたポートタワー。

そのポートタワーのすぐ横にKiss FMの本社があって、収録スタジオもその中にある。

大阪駅から新快速と地下鉄を乗り継いで、みなと元町駅で下車。

のんびり歩きながらKiss FMの本社へ。

到着後、プロデューサーの安藤さんと一緒に会議室へ入ると、まるで転校生を待ちわびていたクラスの番長のような感じでミュージシャンのアスキングライフさんが出迎えてくれた。

とても豪快なしゃべり口だけど優しさと親しみがある。

しゃべり口からして関西独特の雰囲気があるので、あまりこういうタイプの方は東京では中々お目にかかれない。

本当はとても繊細な人なのかも。

アスキングライフさんの代表曲「愛」を聴くと、なんとなくそれがわかる気がする。

そして、メインパーソナリティーのひづきようこさんも加わって打ち合わせ開始。

僕の次の収録でゲスト出演される神戸出身のシンガーソングライターCheri*さんも一緒。

Kiss FMの人達も、みんなとてもいい人だ。

驚いたのが、番組に寄せれたメッセージの数。

沢山のメッセージが積み重ねられている。

ありがたい限り。

番組収録中に全部を紹介できないけど、みなさんからのメッセージは一枚一枚全部目を通させて頂きしたよ。

本当にありがとうございました!感謝です!

で、本番も楽しくトークしてあっという間に終了。

ひづきさんとアスキングライフさん、そしてCheri*さんとも、いつか何かのイベントでご一緒できるといいなあ。

と、いうことで神戸での収録は、とても楽しくて心温まる経験でした。

また来れるといいな。

神戸牛も美味しく頂きました。

ご馳走様でした!







2019.06.13

怪談には早いけど。

朝から晴れ渡る気持ちのいい日。

今日はラジオ収録。

新幹線で名古屋駅へ。。。そして名古屋駅から地下鉄に乗り換えて久屋大通駅へ。

ZIP-FMの本社ビルに到着すると、決まって1階にあるスタバに立ち寄りソファーに座ってコーヒーを飲む。

程なくすると、荷物を抱えたハルキがやってくる。

「おはようございます!」

「おっ、おはよう!」

スタバに来るのが僕が先の時もあれば、ハルキが先に来ている時もある。

でも、交わす挨拶は変わらない。

これが僕らのスタイル。

番組がスタートして2ヶ月半、ZIP-FMへの通い方にもこういうスタイルが確立されてつつあり、また、それが少しずつではあるが慣れてきた感を生んでいるのは間違いない。

そして、収録前の打ち合わせ。

すると、大勢のスタッグの人たちに囲まれながらやって来た、とあるお年寄りの方が隣のソファーに腰掛ける。

僕がトイレに行っている間、ハルキがそのご老人と「一緒に写真撮ってもらいましたよ〜。」って言ってるから、「えっ、誰なの?」と聞く。

すると「IJさんですよ。さっき知り合いに紹介してもらって、SNSに上げてもOKって言われましたよ!」と、ハルキ。

え〜?全然わかんなかった。

さっきすれ違った時、僕にも会釈してくれたのに。。。

ラジオの収録かなあ。

でも、まだ怪談の季節には早いけどね。。

で、僕らは無事に収録終わり。

番組企画のマンスリーソング。

ハルキは佳境を迎えてマス。
^
TOP