加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2019.03.09

ポイントカードはありますか?

金曜日は、母校の京阪神地区の同窓会。

いつも僕のライブに来てくれる後輩が事務局を務めてることもあり、今回は僕が諸先輩方の前で歌わせて頂くことに。

会場は、綺麗な夜景の見える中華レストラン。

音響機材が無いので、僕が持っている小さめのアンプを持参することになっていた。

えーと、アンプとマルチエフェクターとマイクとマイクスタンドと、、、準備は出来ていると勝手に思い込んでいたんだけど。。

お昼前、夜の本番に備えて、頭の中で機材の接続を確認してみる。。

あ、、マイクのケーブルがない。

よし、ランチの後にそのまま楽器店に寄って買ってくればいいや、と行きつけのカフェレストランで早めのランチを済ませ、楽器店へ。

家から一番近い楽器店は徒歩5分の距離。

でも、品揃えが偏っているから、お目当ての品物がない場合には、徒歩15分くらいの大きな楽器店に行かなくてはならない。

マイクケーブルくらいは一番近い楽器店で売っているけど、開店時間までまだ少し時間があったし、前日の就寝時間が遅くちょっと寝不足気味の目を覚ます意味でもちょっと歩こうか、と気持ちの良い空の下、大きな楽器店へ向かう。。

「ポイントカードはありますか〜」
「ないです。」
「すぐに作れますけど、どうしますか〜。」
「いえ、大丈夫です。」

という会話を交わし、難なくマイクケーブルをゲット。

よし、これでOKと余裕しゃくしゃくで軽い足取りで家へ。

帰宅して頭の中での接続シミュレーションだけだと不安だから、実際に接続してみる。

すると、事前に新しく購入していたマイクスタンドに、マイクを支えるマイクホルダーを取り付けようとした時に問題が発覚。

マイクホルダーのネジのサイズが5/8で、マイクスタンド側が3/8。

これじゃサイズが合わず取り付けられないじゃん。

ネットで調べるとサイズ調整用の変換ネジというものがあるらしいことが判明。

それを買いに行かなきゃ。

と、近くの楽器屋へ。。。

ところが、品揃えがそれほど多くないそのお店では、「置いてないっすね〜。」

仕方なくさっき行った大きい楽器屋へもう一度。。

全く、、最初から実際に接続のシミュレーションしておけば、一度ですんだのに。。

売り場の店員に尋ね、奇跡的に一つだけ残っていた変換ネジをゲット。

「ポイントカードはありますか〜」
「ないです。」
「すぐに作れますけど、どうしますか〜。」
「いえ、大丈夫です。」

30分前に交わした会話を再現しながら変換ネジをゲット!

帰り道、、寝不足からか頭が朦朧としてきて。。

今度こそ、これで大丈夫だろう、と接続を確認。

あれ?

今度はシールド(ギターとエフェクターをつなぐケーブルのこと)が2本必要なところ、1本しか見当たらない。。

まじか。。。

今度は、近くの楽器屋へ。。

「ポイントカードはありますか〜」
「ないです。」
「すぐに作れますけど、どうしますか〜。」
「いえ、大丈夫です。」

どこの楽器屋も同じだな。。

この時点でもう疲弊気味。。

時計を見るともう14時を回ってるし。。万歩計の歩数は10000歩を超えてるし。。

今度こそ、と接続を確認して同窓会の会場となる中華レストランへ。

本番、朦朧とした頭で歌詞を飛ばしながらも、、歌わせて頂きました!

皆さま、どうもありがとうございました!

そして、まっさん、いつもありがとう!

準備の段取りを甘くみていた罰が下った日、、でした。







2019.03.06

レコーディングという名の修行

レコーディング。

僕の収録は、都内某レコーディングスタジオの広い部屋の中に設置されたブースのようなスペースにて、予定通りの時刻に開始された。

この日の僕のノルマは、午後から2曲分のギター録りと1曲分の歌録り。

午前中は、まさや君のベースのレコーディング。

僕が到着した時には、レコーディングを終えたまさや君がいつもの陽気な笑顔を浮かべながら、余裕シャクシャクで談笑している。

恐らくは、この日の僕のパートは、ギターの上手い人であれば、チャチャチャっと1時間もかけずに終わらせることが出来るような内容であろう。

僕だってブログでは格好よくチャチャっと終わらせて「レコーディング終了!」と涼しい顔の写真付きでスマートに書きたいところだけど、、、そんなに現実は甘くない。

未熟な僕にとってみればレコーディングはいつも苦難の連続。。

そう、、修行なのだ。。

弾いてはミスして録り直し、そしてまたやり直してはミスして録り直し、、この状況が続く。。

もちろん事前に個人練習はやってくるんだけど、、レコーディング本番となると全然違うんだよね。雰囲気も。

よくあることだが、僕の未熟さ故に、録り始めの頃に比べて、最後の方はギターが上手くなってたりする。

そう、自分でもそう感じる時がある。

だから、大抵の場合は最初に録った部分をまた最後に録り直したりする。。

だから余計に時間がかかる。

この日もそう。

あんなに苦労して録った最初の部分を、最後はチャチャっとOKが出たりする。。

そして、やっとの思いで1曲分のギターを録り終える。。

この時点でずっと力みが消えない僕の右腕にはすでに張りを感じる。。

次は気分転換も兼ねてギターではなく歌録り。

ところが、力みで硬直した体からはまともな声が出てこない。。

だめだコリャ。。

それでも何とか押し切るように歌録り終了。

元気めの曲だったからまだ良かったかも。

バラードだったらアウトだった。

この頃、コントロールルームでは夕食の出前をどこに頼むか、という重要な議論が取り交わされていた。。

え、、もうそんな時間。。?

いつの間にか、時刻はとっくに夕方から夜へ。。

そして、次の曲のギターを録る準備が整ったところで夕食が到着。

この日はインドカレー。

スタジオのスタッフの人が買いに行ってくれたらしい。

夕食を終え、再びブースにてギター録り。

またしても試練が。。。

人差し指で複数弦を押さえるバレーコードとその録り直しの連続に、左手までも悲鳴を上げ始める。

特に、この日の使用ギターはいつも使っているギターではないから、微妙に弦の押さえ具合の感覚が違うから余計だ。。

で、何とか僕のパートは終了。

夜になってサックスの寺地美穂さんが登場。

僕のレコーディングのパートが終わるのを控え室でずっと待ってくれていた。。

申し訳ない。

こうやって沢山の人の力を借りながらやっているわけですよ。。

本当にありがたい。

で、この日のレコーディングは全て終了!

修行でボロボロになった僕の心を癒してくれるのは、寺地さんの元気な笑顔だけですよ。

また、頑張らないとね。





2019.03.03

3月3日

3月3日といえば、、そう、世間的に言えば「ひな祭り」の日。。。

だけど、我が家にとってみれば、、この日は15年連れ添った愛犬チェリーの命日。

ちょうど2年前の今日、天国に旅立っていった。

僕は欧州出張中で、チェリーが逝くその場に立ち会うことができず、知らせを聞いて急いで出張先から自宅に戻り、冷たくなったチェリーと対面したのがその翌日の3月4日。。

雲ひとつないくらいに晴れ渡り、わずか1週間日本を離れていた間に急に春の到来を告げるような柔らかい日差しが降り注いでいたっけ。。

写真は2015年5月終わりの休日に撮ったお昼寝中のチェリーと僕の愛用するギター「ギブソンJ-45」とのツーショット写真。

ちょうどこの頃に、長年続けてきた会社の役職から身を引かせてもらって音楽活動を本格化し始めた。。

音楽活動って言ったって、どうやればいいのか、どうやって前に進んでいけるのかさえ分からないまま、ただガムシャラに曲を書いては毎週のように小さなライブハウスで歌っていた。

この先どうなるか全くわからない状況で、不安だらけの日々の連続。。。

でも、一度きりの人生、やりたいことをやろうと心に決めて未知の世界に踏み出した頃。

今でも先がよく見えているわけじゃないし、不安になる時もあるけど、やりたいことをやらせてもらっていることが一番の幸せだと自分に言い聞かせている。

まだ道半ば、、というよりも、まだ今でもスタートラインに立っていないという意味では、当時とほとんど変わっていないのかも知れないけど、少しは音楽の神様が遠くの方で振り向いてくれる程度にはなったかな。。

まだまだだけど。。。

これからも、チェリーのことを思い出して心から歌い続けるよ。

2019.03.02

合意なき。。

世界中の注目を集めていた米朝首脳会談は、まさかの合意なき首脳会談という結果に終わった。

そして、イギリスのEUからの合意なき離脱に対して、イギリス議会では短期的な離脱延期の道が模索され始めていた。

ちょうどその頃、僕は人間ドックで最も嫌いな検査の一つである胃カメラ検査を受けていて、事前に医師と合意した通り過去に使用して問題がなかった鎮静剤を使用したにもかかわらず、検査後に一時的に体調を崩してしまったことで、医師との事前合意が全く意味を持たなかったことにベッドの上で落胆している最中だった。

つまりは、、合意はあったけど、意味をなさない合意だったという。。。

僕の場合、過去に何度となく胃カメラや大腸鏡検査で体調を崩すことがあったため、医師は使用する検査薬や鎮静剤が原因だろうと睨んでいたらしく、毎回毎回何が合わない薬なのかを試しながら来たのに、今回の結果でどうやら検査自体がそもそもの原因だろうという結論に達した。

幸いにして少し休んでいれば体調はすぐに回復するけど、あまり歓迎されるものではない。

自分としては、おそらく僕の体がもう人工物を体内に入れることを受けつけないのではないか、と思う。

今回は胃カメラを飲む前の胃の中の泡を消す薬を口にいれた瞬間にもう体が拒否反応を起こしてた気がするし。。

だから、、、胃カメラよ。。もう二度と会うことはないだろう。

さよなら。

と、言いたいところだけど、、、医師曰く「毎年の必要はないけど、数年に一度はね。。」。。

はあ、そうですか。

まあ、その時に考えますわ。

思い返せば、僕が初めて胃カメラ検査を受けたのが高校1年生の秋。

普通そんな若さで受けないわな。

野球部のきつい練習に精神的についていけず、胃痛の症状を訴えた時に、なかなか症状が改善しない状況にやむなく医師に胃カメラを飲まされたのだ。

当時は麻酔の選択肢などなく、その辛い経験は僕の記憶の中で、胃カメラ検査は「人生で一番辛い体験」として刻み込まれた。

こんなに辛いことがあるんだったら、まだ野球部の練習の方がマシだと思ったくらいだ。

しかし、そんな若い時に胃カメラを飲んで、大人になってからも真面目に胃カメラを毎年のように飲んできた僕にとってみれば、もう一生分の胃カメラを飲んだと言える。。

だから、、もういい。

将来、もっと人が気づかないくらい小さな小さな胃カメラが開発されたら、その時は飲んでやろう。

その時まで、、、さらば胃カメラよ。

胃カメラを飲めないから、、今まで以上に身体のことを気遣わねば、、と固く誓った2019年の春なのであった。
2019.02.27

あれ?もう。。

さて、3月に入ると最初の週から新曲のレコーディングにラジオの収録、お仕事の会食に、地方出張など、、いろいろと予定が満載。。

まあ、でも3月のことだし、まだ時間あるし、、と思っていたら、なんと!もう明後日から3月ではないですか!

ちょ、ちょっと待って。。

まだ、レコーディングの準備、できてないんですけど。。。

と、慌てて新曲のギターを練習。。

やばいなあ。。こりゃ、当日大変なことになりそう。。

大丈夫かな。

まあ、なんとかなる、、かな。

うん、なるでしょう!

いや、なんとかしてくれるでしょう!


そして、3月はラジオのゲストに、去年の秦基博さんに続き、僕の憧れの大物アーティストがお二人も来ていただける、、らしい?

ん?来ていただけることが、、決まったのかな?

さて、誰でしょう。

乞うご期待!

何かと3月は慌ただしくなりそうです!
2019.02.26

そこに愛はあるのか。。

先日の名古屋でのこと。

ZIP FMのラジオ番組にゲスト出演した翌日、時間に余裕があったので、お昼時を前に大通り沿いにあるカフェのチェーン店に入って時間を潰すことに。

店内は人はまばら。。でも、奥のソファー席に60歳を超えた感じのおばさま方が5〜6人で集まって話をしていた。

そこから少し離れた席に座り、コーヒーを読みながら本を読む。

うん、なかなか優雅な時間だ。。

ところが、静寂に浸りたい僕に横槍を入れるように、少し離れた席のおばさま方の声のトークの音量が上がってくる。

その内容は否が応でも僕の耳に届く。

どうやら、携帯電話について喧々諤々の議論をしているらしい。


おばさまA「私のプランは時間上限のないかけ放題プランだから、そんなに料金高くないはずなのに毎月◯◯円もかかっちゃって。これって何か変だと思わない?」

おばさまB「かけ放題なのにそれは高いわよね。きっと携帯電話の本体の割賦代金が入っているんじゃないの?」

おばさまA「何それ?かけ放題プランを選ぶ時は、そんなの選ばなかったわよ。」


僕 (心の中で。。)。。Aさんは、本体の割賦払いと料金プランをごちゃ混ぜにしているな。。


おばさまC「Aさんのはまだガラケーだから、電話とメール以外はあまり使っていないでしょ?きっと本体価格が入ってるわよ。」

おばさまD「ちょっとAさん、スマホに変えたらどう?すごく便利なのよ。私のはソフトバンクのiPhoneだけど、ドコモだとらくらくスマホとかもあるし。」

おばさまA「いや、私の携帯は今でもドコモなのよ。。iPhoneじゃなくてドコモがいいの。」


僕 (心の中で。。)。。ん?、、Aさん、iPhoneとスマホとドコモの関係もごちゃ混ぜになってるぞ。。


おばさまE「ドコモでもスマホはあるのよ。ドコモだってiPhoneはあるんだから。」

おばさまB「そうよ。スマホにしたらLINEだって出来るから便利よ。スマホにしなよ。」


僕 (心の中で。。)Aさん、かなり攻められてるな。。


おばさまA「私はLINEなんて要らないのよ。だって私のプランは上限なしなのよ。LINEとかってすごくお金かかるんでしょ?」

おばさまC+D+E「LINEはお金なんてかからないのよ!」


僕 (心の中で。。)うーん、スマホとガラケーとドコモとソフトバンクとLINEの位置関係を説明してあげた方がいいのにな。。


おばさまA「LINEって言ったて、私の携帯でどうやってLINEをやれるようになるか、全然わからないもの!」

おばさまB「だから、あなたのはガラケーだからLINEはできないのよ!」


僕 (心の中で。。)う〜ん、、噛み合ってないなあ。。それにしても、ボルテージ上がってきたなあ。。


おばさまA「私はそのiPhoneとかスマホとか言われても、何がなんだかわからないのよ!」


僕 (心の中で。。)お、開き直り!そうだ、そうだ!わからないと言ってやれ!僕だって10年ちょっと前までその辺のこと分からなかったぞ。


おばさまD「だからね、例えばね、車で言えば、ドコモとかソフトバンクっていうのは、トヨタとか日産とかと同じなわけ。それでね、ガラケーとかスマホは、ガソリン車か電気自動車かという感じの分類なのよ。あなたが乗っているのは、日産のガソリン車なわけ。それを車の本体の支払いも割賦で払っているの。だから毎月の料金が高いの。スマホに変えるというのは、トヨタの電気で走るヴィッツとかに変えたらどう?ということなのよ。わかった?」


僕 (心の中で。。)・・うーん、、さすがトヨタの城下町。。。ここで、車の例え話を出すとは。。。しかも、ソコソコ的を得た説明だし。


おばさまA「そうなの?そういうことなの?私、日産は嫌よ。トヨタじゃなき嫌よ!」


僕 (心の中で。。)すごい!さすがのトヨタ愛!すごいぞ名古屋!果たして、広島にそこまでのマツダ愛はあるのか?。。そこに、、愛はあるんか? ← 大地真央さん扮する京都老舗料亭の女将さん風に。。


本、、、全然進まないし。。

と、、、いう感じのカフェタイム。。でした。
2019.02.23

久々の早起きで。。

早朝、目覚ましが鳴る。

窓の外はまだ真っ暗。

こんな時間に起きるとすれば、それは、、釣りがゴルフ。

そう、今日は珍しく接待ゴルフ。

しかも、いわゆる名門と言われているコースなので、ドレスコードとか、入念にチェックして問題ないことを確認してから出発。

元々、雨予報だったのに、当日の予報では晴れ時々曇り。

でも、風が強いので、絶好のゴルフ日和とはいかず。。

スタートして今年最初のティーショットは右ラフに。

悪銭苦闘しながら、グリーン近くまでボールを運ぶ。

今日のグリーンの速さはなんと11フィート以上。

なんという速さ。。さすが名門。

そんなグリーンに無謀にも「オリンピックくらいやりますか」という事になり、僕がテキトーに打ったグリーンエッジからのバットがいきなり入ってダイヤモンド獲得。

ご機嫌な滑り出しだけど、接待ゴルフ故に喜びも控えめに。

原則として、カートを使用せず歩くのが名門ゴルフ場の証。

冬枯れした綺麗なシルク色をしたフェアウェイとラフの芝を遠目から見ながら歩いていると、まるで砂浜にいるような錯覚を起こす。

風さえなければ気持ち良いけど。。

カチカチの黒土のフェアウェイバンカーでは、打つたびに砂埃が上がる。。。

何度も何度も。。。あまりのバンカーの多さに、心が折れ始める。。

ああ、まだ。。

砂浜に砂埃。。

イメージは、安部恭弘の「Still I Love You」の世界だ。。

♪ 砂の舞う 海沿いの駅 洋燈(ランプ)だけが揺れて〜 ♪

ゴルフをプレーしている時、僕の頭の中ではいつも何かしらの音楽が流れている。。

その音楽がゆったりとしたバラード系であれば、調子は良い証拠。

出だしはずっとバラードだったのに、、気が付けばアップデンポの曲に。。

ああ、ダメダメ、、とバラードを意識するも、、一旦崩れたリズムは戻らず。。。


ところで、ここ数年めっきりゴルフをやらなくなったので全く知らなかったけど、今年からかなりのルール変更があったみたい。

一番驚いたのが、グリーン上のパッティングの時にピンを抜かなくてもよくなったということ。

パットの距離に関わらず、抜きたくない人は抜かなくてもいいから、短い距離でカップインしてもピンとカップの縁の間にボールが挟まって、あの「カランコロン」というカップインの音が聞こえない。

なんか、、臨場感ないよね。。

ま、僕なんかほとんど最後のパットはオーケーもらうから、元々カップインの音とは無縁だけど。

他にも色んなルール変更があるみたいで、ドロップする時には膝の高さからボールを落とすことになっていたり、それを知らずにそのままプレーしたらペナルティーもあるので、別に競技会に出るわけじゃないけど、接待ゴルフの時にご迷惑をおかけしない程度に勉強しておかなきゃ。。


強まる北風の中、ほとんどティーグランドで前の組みのプレーを待つこともなく13時半にはプレー終了。

さすが名門。。。

スコアは散々だったけど、1番ホールのダイヤモンドが効いてオリンピックでボロ勝ちさせて頂きました。。。。接待する方なのに。。

帰宅してからは一日花粉を吸い込んだせいで、鼻炎に。。

ああ、、もうこの季節か。。。

ちょっと憂鬱。。
^
TOP