加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2018.07.29

キンチョーの夏

台風到来の前夜、カウントダウンが終わると同時に静まり帰った港町のはるか頭上の闇の中に、一瞬にして鮮烈な光の大輪が花開く。

響き渡る爆裂音は、まるで大きな大砲を遥か海上目掛けて発砲したように耳を劈き、間髪入れず三方を取り囲む山々に木霊して、風圧と共にお腹の中にまで入りこんできた。

色取り取りの大輪が花開くたびに、かすかな波に揺らいでいる海面がその大輪の光の色で照らされ、一瞬淡く浮かび上がった姿はまるで幻想的な写し絵のよう。

でも、その大輪はせいぜい1〜2秒だけ煌めいては、その煌めきの残像を暗い夜空に残したまま消え去る。

夏の花火の魅力は、その光の華々しさ、心まで揺らすような爆裂音、そして、光の残像にその儚さを物語ること。

やっぱり生で見る花火はすごいなあ。

ヤクルト×阪神戦が行われている神宮球場でも5回の裏終了時に300発の花火が打ち上げられていたけど、、映像だけじゃ、中々伝わらないものがある。


僕が記憶している生まれて初めてみた花火は、幼少期に大きな河原で行われた花火大会に出かけた時のこと。

眠い目をこすりながら、花火大会が何であるかを理解しないまま会場まで行き、眠い眠いと駄々をこねながら寝そべって見上げた夜空に、何の前触れもなく夜空に開いた光の大輪。。

その圧倒的な迫力に、、寝そべりながらも、思わず後ずさりしたのをよく覚えている。

きっと、、ワンちゃんも同じかもしれないと思ったけど、、夜空に広がる花火を目にすることなく爆裂音だけを耳にしたワンちゃんは、恐怖でビクビク怯えることになってしまう。

まるで、カミナリ。

カミナリは人が怖がるから余計に犬も怖いんだろうね。


さて、夏といえば蚊取り線香。

子供の頃は、テレビでは「キンチョーの夏、日本の夏」というCMのキャッチコピーをよく耳にしたものだ。

僕はそのCMの映像は実は素晴らしいと思っている。

なぜなら、あの映像には、見ているだけだと感じることのないはずの炎の風圧を、その燃え盛る音と共に感じることができたからだ。

見ているだけで、、ああ、熱い。。と。

めっきり蚊取り線香、、炊かなくなったなあ。。

あの香りが、懐かしいなあ。


最後に、台風被害が大きくならないことだけ祈ります。
2018.07.26

夏の日の夜の、、おもひで

発生当初、遥か東沖を通って日本列島から遠ざかっていくものとばかり思い込んでいた台風12号。。

そんなカーブを描かなくてもいいじゃん!、、って思うくらい関東・東海地方に向かってきそうだ。

週末には、フジロックフェスティバルやら花火大会やら、たくさんイベントあるのに、、主催者も参加する人も大変だな。。

中止とかになると、せっかく色々と準備を進めてきた関係者の方と楽しみにしていたファンの人たちは、本当にお気の毒だ。

少なくとも、この前の大雨被害が大きかった場所で、これ以上雨による被害が出なきゃいいけど。。


寝苦しい夜が続く中、、先週までは寝る時にタイマーをかけてエアコンをつけていた。

それが、今週になってからの酷暑で、寝る間際1〜2時間だけのエアコンでは、明け方前には暑さで目が覚めてしまう。。

そこで、ここ数日間はずっとエアコンをつけたまま就寝。。。

それによって寝苦しさは軽減されたけど、やっぱり一晩中エアコンをつけていると、起きた時にだるさを感じる。。


学生の頃、僕が住んでいた畳敷きの6畳一間のアパートには、、エアコンなんて無かった。。

アパートは大家さんの大きな敷地の中に建てられたモルタル造りの2階建の6室からなる小さな建物。

部屋自体はそんなに古くは無かったけど、それでも冬にはすきま風が吹き込むような部屋だったし、アパートの裏は畑で、すぐ脇には大きな竹林が鬱蒼を生え茂っていた。

そんな環境もあってか、夏の夜には部屋のあらゆる隙間という隙間から、色んな来客者が部屋に遊びに来たものだ。

例えば、布団に寝転がってマンガを読んでいた時、、、何かの存在に気づいてふと目線を上げると、その視線の50センチ先には7〜8センチはあろうかというジャンボナメクジ君が。。。

まっすぐ、ゆっくりとこちらに向かってきているではないか。。

そこに居てはいけないものがいると、一瞬、とてもビックリする。

気づかずに寝ていたら、、ナメクジ君はどこまで来ていたんだろう。。


その他、典型的な迷惑来客者は、、ムカデ。

これまた、、でかい。。

スルスルと畳の上を走り抜けてタンスの後ろに隠れられたら、退治するまでは寝れたもんじゃない。。

どんだけ殺虫剤かけても中々死なないし。。

そういえば、そのアパートは共同風呂で、一番風呂入ろうと蓋を開けたら、稀にムカデが投身自殺を図っていたり。。


最後は、スズメバチ。

僕の部屋の窓がある外側の屋根の下に巣を作っていたらしく、寝ようとしたら窓の中のカーテンの中で、ブルルンと羽が鳴る。。

夜にこの音を鳴らされたら、これまた恐怖だったな。

暴走族のバイクのエンジン音のブルルンも時々聞こえてきたけど、、スズメバチの羽のブルルンの方が僕には怖かった。


でも、それが当たり前だと思っていたし、、屋根があって雨風凌げるだけまし、っていう感じで生きてたし。

エアコン付きのワンルームマンションに住んでる人が羨ましくて、いつかオシャレなワンルームマンションに住んでやる、と心に誓ったものだ。

そんな、、昔の、、暑かった夏の日の夜の、、おもひで。。

80年代の曲を聴くと、、その頃、、思い出すなあ。。
2018.07.24

取り留めのない天気の話。。

毎日ニュースでもブログでも猛暑の話題ばっかり。。

僕はといえば、あまりの暑さに、、、土用の丑の日に鰻を食べるのを忘れてるし。。

でも、今年はもう一度土用の丑の日があるから、その日に必ずリベンジするつもりでございます。


さて、昨日と今日の夕方、一通りの仕事を終えてから僕の籠り場に到着。

ガチャリとドアノブを開けて部屋に入るなり、、すごい、、まるで温室状態だ。。

室温計は37度を示しているし。。

籠り場のギタースタンドに置いてるアコギの木のボディーも、触ってみると熱を持っているし。。。大丈夫かな。

部屋に入るなり、クーラー全開。。10分ほど待って少しはマシになるけど、、その10分が辛い。。

でも、相変わらず除湿機のタンクには水が溜まっていない。。

それだけ空気が乾燥しているということか。

これで湿度が高いと、一体どうなることやら。。


そういえば、僕がニューヨークに住んでいた頃も、、夏は暑かったなあ。。

とてつもなく湿度が高い日が毎年必ず何日かあって、、日中の日差しに十分に熱しられた高層ビルが立ち並ぶマンハッタンが湿った空気に包まれると、、そんな日にスーツで通りを歩こうものなら、、、まるでサウナ状態。。

それでも、ニューヨークに住んでいる人はみな、夏の時期に日本には行きたくないと口を揃えて言っていた。。

そんなニューヨークの蒸し暑い夏に慣れていると、出張で西海岸を訪れた時、とりわけロスアンジェルスあたりは、それほど暑さを感じなかったのが不思議だ。

気温はニューヨークよりも高いのに。

何故なら、湿度が圧倒的に低いから。

本当にカラッカラの感じなので、例えば、日中にゴルフをやっていてもそれほど汗をかかなかったりする。

これがニューヨークとなれば、汗だくだくだ。。

いや、、出張でゴルフって、、週末ですよ、週末。


元々、西海岸は砂漠のような気候なので、サンフランシスコあたりは真夏の昼間には半袖半パンで街を歩けても、夕方になって少し日が翳ってくるだけで気温は一気に下がる。

それこそ、長袖のコートが欲しくなるくらいの気温差。。冗談抜きに。

こういう気候は日本にはないね。。


ところで、アメリカに行って天気に関して日本の常識が通用しないと感じたことが何度かあった。

例えば、夜空からみた翌日の天気予報。

よく晴れた日の夜、ビル街が立ち並ぶマンハッタンの空を見上げると、ビルの尖ったてっぺんが重なり合おうとする空間のその先に綺麗な星空が広がる。

でも、そんな夜空一面に星空広がる日の翌日、朝から土砂降りの雨だったりする。

冬ならいきなり朝起きたら雪景色だったり。

なかなか日本ではそんなことは経験ない。。


うちの会社のインドに駐在しているメンバーが近々帰国するらしいが、、帰国予定を告げるメールには「快適なインドから暑い日本の気候についていけるか、、心配です。」というコメントが。

いや、、どうみてもインドの方が暑いでしょ!

しかも、、インドはムンバイあたりは雨が降ると道路が浸水するから交通が麻痺のが日常だとか。。大変だな。

それにしても、東南アジアとかインドに駐在するメンバーは、夏に一時帰国した時に顔を合わせると完全に外見が現地化してしまっている。

毎回驚かされるし、、今回も期待通りに驚かせてもらうとしよう。
2018.07.23

夏休みの暇つぶし。。

朝7時半に家を出る。

いつもの通勤風景と何も変わらない景色、、、外気温が34℃を表示している以外は。。。

それと、、いつもは元気に登校する子供達の姿が街から消えた。。

そうか。。夏休みか。。

梅雨明けが早かったせいか、もうとっくに子供達も夏休みに入ったとばかり思い込んでいたけど、、

子供達にとってみれば、いよいよ夏休みの始まり。。

夏は長いなあ。。。


僕が小学生だった頃の夏休みは、毎日同じ日の繰り返しだったような気がする。

朝早く起きて、眠い目をこすりながら近所の公園に出かけて行ってラジオ体操。

出席した証拠となるハンコを押してもらって、家に帰ってから朝ごはん。

暑いから食欲もなくて、朝ごはんをいっぱい食べた記憶がない。

そして、朝ごはんの後は、少しだけ夏休みの宿題をするふりをして、、そこからが実に退屈な時間の始まりだ。

当時は、携帯もなければ、もちろんテレビゲームさえもない時代。

そんな中、午前中の僕の暇つぶしの相手になってくれたのが、「ザ・ビートルズ」というアニメ。

最初は、聴いたことのない曲が時々流れるし、アニメの絵柄も親しみが持てないし、ストーリー性も薄いし、そもそもビートルズって何のことだか知らなかったし、、

とても興味を持って見ていなかったけど、、

毎日、見るテレビ番組がないからってこの番組ばかりみていたら、、、なぜかいつも流れる曲が耳につくようになって、、

それで、気がつけばラジカセをテレビにつないで録音していた。。

「Strawberry Fields Forever」「ひとりぼっちのあいつ」「A Hard Days Night」。。。

いっぱい覚えたなあ。。

そこから、高校生の途中まで僕の音楽環境はほぼビートルズ一色に染まることになる。


あのアニメは一体何者だったんだろうと調べて見ると、、1965年〜1969年にかけてアメリカでテレビ放映されていたアニメだとか。。

登場人物のジョン・レノンの声がやたら低かったのが印象に残っていて、、みればジョンの声は伊武雅刀さんが吹き替えをしていた。。

どうりで。。

もしも、あの夏にビートルズのアニメと出会っていなかったら、僕とビートルズとの出会いはもっと遅かったかもしれないし、もしかしたら、ビートルズのことをよく知らないまま育っていたかもしれない。。

出会いって不思議だな。。

また、このアニメやってくれればいいのに。

それにしても、、変なアニメ。



2018.07.22

環境は大事。

車の室外温度計が40℃と39℃を行ったり来たりする高速道路を順調に東京に向けてひた走る。

渋滞にあうこともなく、1日の中で最も気温が上がる時間帯に東京に到着。

楽器やら機材やらを車の荷台に積んだまま、僕の籠り場に直行。

到着後、荷物を複数回に分けて駐車場から部屋まで運ぶ。

それだけでもう重労働だ。

気温が上昇し、湿度まで上昇すれば、誰でも機嫌は悪くなる。

でも、もう機嫌を悪くするだけのエネルギーさえも湧いてこない。。

つまりは、、もうどうだっていい、、という感じにさえなってくる。



それでも、ここ数日は湿度は意外と上がらなかった模様だ。

なぜなら、僕の籠り場の除湿機のタンクが、今回は丸3日空けても半分くらいしか溜まっていなかった。

普通なら満杯になるのに丸1日も要しないのに。。

ま、、湿度が上がらないだけ、マシか。。



そういえば、気温と湿度とは直接関係ないが、僕が山小屋に行った時には必ずと言っていいほど立ち寄る蕎麦屋があって。。

そこの女性の店員さんは、なかなか恰幅の良いお方で、、そして、お店が混雑しているととても機嫌が悪い。

と、言うよりもいつも混雑している時にしか行ったことがないから、ずっと機嫌が悪い人だとばかり思っていた。

ところが、この前平日のガラガラの時に行ったら、思いの外機嫌も愛想も良くてびっくり。

人間は環境によって変わるんだね。。

人の心のゆとり度合いまで変えてしまうということか。

時々、周りがどうなっていようが、全くお構いなしのマイペースな人もいるけど、、そういう人を時々羨ましく思う。



さて、また月曜日。。新しい1週間が始まる。

今週も、、会社の仕事に、ラジオに、音楽に、、そして個人的な用事に、、とても忙しくなりそうだ。

なんとか乗り切ろう。

忙しくても、、、機嫌が悪くならないようにね。

そして、明日は、、半パン履いていってみようかな。。。
2018.07.21

真夏の夜の夢、、、のような

去年の今頃、10月から始まるラジオ番組の関係者が初めて顔を合わせる。。

そんなランチ会議に参加した。

僕の音楽のプロデューサー、ラジオ番組の制作プロデューサー、ディレクター、東京FM関係者、そして、今一緒にパーソナリティーを担当してくれている桑原りささん。

ラジオ番組なんてやったことのない僕は、右も左もわからない世界に自分が飛び込もうとしているドキドキ感とワクワク感、、そして、本当に自分にできるのだろうか、、という不安感。。

そんな複雑な心境で、照りつける太陽の下を歩いて打ち合わせのレストランへと足早に向かっていた。

打ち合わせを終えて、ラジオ番組の開始に向けて本格的に色んなことがバタバタと動き出した。

ちょうど、ラジオ番組のテーマ曲の制作にも取り掛かろうとしていたのもその頃。

でも、限られた時間で、与えられたテーマにしっくりとくる曲が書けるほどの実力が僕にあるわけではなく、早くも袋小路に入り込もうとしていた。

そんな状況で、ふと思い出す。

そういえば、、2017年の1月にリリースしたフルアルバム「ミチシルベ」のレコーディングの際に、デモ音源まで制作したけど何故かアルバムに収録しなかった曲があることを思い出す。

その曲のタイトルは「Fighting on the Edge」。

デモ音源を聴いてくれたプロデューサーも、「いいね。」ということになり、そしてラジオ番組のタイトルも「加藤ヒロのFighting on the Edge」に決まった。

そして、仕事をしながら音楽もやっているという僕の特色をラジオ番組のコンセプトに取り入れるために、「〜ぼくと音楽とビジネスと〜」という副題がつけられた。

8月のお盆過ぎに「Fighting on the Edge」のレコーディングを行い、公式サイトを新たに創設した。

そして、僕のラジオ番組はスタートを切った。

あれから1年。

その間にワンマンライブを4回もやらせてもらって、「Fighting on the Edge」と「Fly into the Summer」の2曲をシングルとして配信。

それに合わせてプロモーションビデオも2本撮っていただいた。

相変わらずギターもまだまだだし、歌も音を外しまくりだし、曲もまだうまく書けないままで、僕自身は何が1年前から変わったかと聞かれたら、どう答えていいかわからないような感じだけど、、

少なくとも、この1年の間にお会いしたラジオ番組関係者の方々、音楽関係の方々、撮影関係の方々、共演者の方々、、その他沢山の人達に出会うことができたことが、1年前にはなかった財産だ。

そんな皆さま方に少しでも感謝したくて、ラジオ、レコーディング、PV撮影の打ち上げをやらせていただいた。

とても楽しい夜になった。。

まさに、、真夏の夜の夢。。

またいつか、こんな素晴らしい人達と一緒にお酒を飲みたいなと思った。。

今日は胃腸を休める日。。

また、、明日から、頑張ろう。。

打ち上げに参加いただいた方々、、ありがとうございました。

そして、お疲れ様でした。
2018.07.18

短パン

そこで深呼吸でもしようものなら、、、肺の中まで火傷してしまう、、

そんな膨張した空気が重く漂う渋谷の歩道橋。

意識は朦朧。。

今からずっとずっと前のの話。

「いつしか日本は東南アジアの国よりも暑い国になって、アロハシャツが正装になるかもね。。」

なんて冗談を言っていたこともあったが、、

どうやらそれが現実の世界となってきたようだ。。



三連休明けの昨日の火曜日。

スーツ姿で会社へと急ぐ。

朝とはいえ、気温はすでに30度を超えている模様。

信号待ちの間は、とても日なたには立ってられない。。

スーツのズボンは、歩くたびに汗で足にまとわりついてくる。。

こんな状態で職場についても、一息ついて落ちつくまでの、、少なくとも30分くらいは仕事にならないな。。

会社に到着して、すぐに決断。

僕の会社は、出退勤時と事務所での執務中に限りドレスコードは完全カジュアルOK!

それも、カジュアルだからといって長ズボンではスーツとあまり変わらないし、どうせなら、、ということで例外的にだらしなくならない前提にて短パンもOK。

でも、サンダルはダメ。

あと、急なクライアントとの会議に備えて、スーツは備え置きしておくように。

どう?

はい、反対する人!

、、いませんでした。

施行初日の今日、さて、、何人短パン
履いてきたかな。。

僕は今日は会社行ってないから、わからないけど。。
^
TOP