加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2018.09.30

優雅な日曜日、、のち嵐

朝起きると台風はまだ九州の方に。

テレビでは、強風に煽られて吹き飛ぶ屋根やら根こそぎ倒れた街路樹の映像が流れる。

関東地方は、今夜から明日未明にかけて雨・風共に強まる予報。

朝のうちは、我が家の窓から見える空には雲が低く広がっているが、まだ強い雨は降っていない。

今日は、お昼前には出かける予定。


朝食を済ませてから、1時間ほどエレキギターで遊んで、その次の1時間は早速受講を始めたばかりの専門学校の講義をWEB上で受講する。

なんだか受講するだけでは、勉強のポイントを教えてくれるだけなので、試験のためには膨大な量の基準を暗記する必要がありそうだ。

こりゃ、、大変だな。。。

最近は暗記なんて、丸っきり機会がなくなってしまってるし。。

まあ、試験まではまだ時間もあるし。。


と、、気づいたらあっという間に出かける時間に。。。

向かったのは銀座にあるNudishというビーガンレストラン。

今日はこのカフェレストランで因幡晃さんのライブ。

友人でもあり、仕事のつながりもあるようで無い、いや、、無いようであるMr. Aからのお誘いだ。

関係者の方々に挨拶を済ませて、Mr. Aと真昼間からビールで乾杯。。

うん、、お店の雰囲気もいいし、、、明るい時間帯からお酒が飲めるなんて、なんていい休日だろう。。

この後、僕はmosaiqueの17時からのFile 2の最終公演のエンディングに登場して、エンディングテーマである「Fly into the Summer」を歌うことになっている。

まあ、、時間もあるし、、その頃にはお酒も覚めるだろうし、、因幡さんのライブが終わって移動して、、時間もちょうどいい感じのはず。。

うん、今日のプランは完璧だ。。


と、そこでプロデューサーからLINEが。。

「台風の影響で夜の公演が中止になった。なので、予定していたエンディングイベントを急遽昼の公演でやることになった。急いで渋谷に来れるか。」と。

げ、、因幡さんのライブ、、始まったばかりなんだけど。。

でも、これは緊急事態と、、因幡さん熱唱中に僕からMr. Aに事情をLINEで説明。

Mr. Aも、それは大変だから、、と同意。

「よし、次の曲が終わったら出よう。。」

と、思ってたら、因幡さん、、怒涛の3曲連続の熱唱に。。

しかも、ステージ降りてきて僕たちのテーブルのちょっと先くらいで立って歌ってるし。。

こりゃ、熱唱中に席を立つのは無理と判断。

次のMCの機会を待つこと10分。。

で、曲終わりに関係者の方に頭を下げながら外へ。。すいません。


急いでタクシーでmosaiqueの舞台会場である渋谷へ。

少し時間がかかったけど、何とか間に合う。

それでも、僕の出番まではあと10分も無い。

急いで着替えてギターの準備をして、ハイ、スタンバイOK。

でも、その時に気づく。。

今日は、全然発声練習なんてしていないし、声を出したとすれば、Mr. Aとの他愛の無い会話くらいだ。。

うう、、まさかあのビール飲みながらの幸福な時間を過ごしたMr. Aとの会話が唯一の発声練習になるとは。。

覚悟を決めて舞台へ。。

そして、無事終了。。

まあ、、ビールとワイン飲んだ割には、まあまあ声、、出ましたわ。


mosaiqueの皆さん、夜の最終公演は中止になって残念だったけど、、きっとこれはこれで何か意味があるんだよね。

驚いたのは、会場限定の超先行発売となった僕の新アルバム「In the Breeze」を思いがけず沢山買っていただいたこと。

「劇の中で聞いていて、とてもメロディーが良かったので。」

いやあ、嬉しい、、そして、ありがたい。。。感激だ!

是非ともリリースライブも、、お待ちしております。

mosaique、、居ないけどね。

そして、今は外は暴風雨。。

まあ、中止は致し方なかったね。残念だけど。。

また、File 3で!
2018.09.29

予知夢

時刻は夕方。。

地下鉄の駅の構内へと続く階段の入り口まで、何としても急いでたどり着かないといけない。

走る。。とにかく、走る。

その理由は、わからないけど、、とにかく急いでそこまでたどり着かなければならないのだ。

空は灰色の曇天。。

その空から大粒の雨が落ちてきた。。

みるみる間に雨は豪雨へと変わり、風も強い逆風となって僕に向かってくる。

その逆風に負けじと全体重を前にかけて、とにかく早く目的の場所までたどり着こうとする。。

でも、その思いとは裏腹に、一向に前に進むことができない。。

足が、、、走っているはずの足が全く前に進んでいないのだ。

雨足は強まる一方で、傘をささない僕の全身はびしょ濡れだ。。



と、うめいているところで目が覚めた。。

ああ、夢だった。。悪い夢だ。。

生まれてから夢の中で走る夢は幾度となく見てきたけど、、一回として僕は夢の中で早く走れた試しがない。

いつも、、早く走ろうと焦れば焦るほど、前に中々進まない。。。

そんな夢ばかりだ。

なぜ、、進まない。。

夢は、、人生を暗示している??

焦らず、じっくり歩いて生きろということか。。。?



もしかしたら、この日に観劇に行く予定のmosaiqueの舞台のFile2「Rain」が故の雨、、という暗示かも。。

で、、行って来ました。。mosaiqueの舞台。。

明日の千秋楽も顔出します。

台風が来てるけど、、大丈夫かな。。

昼間は、Mr. Aに誘われたので、銀座での往年のアーティストのライブを見に行く予定。。

それが終わってからmosaiqueの舞台に移動。。

時間は、、大丈夫か。。?

間にあうのか??

台風が来ていて、、地下鉄に駆け込む感じのスケジュール。。

雨の中、地下鉄の構内へと続く階段の入り口に駆け込む僕が脳裏をよぎる??

あ、、このことの予知夢だったかも。。。


台風被害、、大したことないように、、祈ります。
2018.09.28

新たな挑戦。。専門学校に行きます。

mosaiqueの舞台File2 「Rain」が木曜日に初日を迎えて超満員との連絡が。。

いやあ、すごいなあ。。おめでとうございます!

僕も明日会場に行ってみます。


9月もあと少しで終わり。

それにしてもアルバムの制作が一段落して、9月はちょっとはゆっくりできるかな、と思っていたけど、、

喉の調子が中々戻らず病院通いで、お酒も禁止されていたので、なんかゆっくり気分転換でリラックスしたというよりは、療養してた感が。。

おかげさまで、喉の調子もだいぶ良くなって、お酒も解禁。。

それでも、飲み過ぎは注意だけどね。


そして10月から新たなチャレンジを。。

これはお仕事関係。。早い話が新しい資格の取得。

来年の今頃までに二つの資格を取ろうと。。

これは、僕個人的にも勉強したいと思ってたし、それにお仕事の方でも必要になりそうなので、

会社の中で、、誰か取りにいかないと、、みたいな話になったから、、この際「俺が取ってやる!」と大見得切っちゃって。。。

早速、今日専門学校に受講を申し込んできた。

僕が専門学校に通っていた昔と違って、今はWEB上で好きな時に受講ができるらしい。。

もう来年受験のコースはとっくにスタートしているけど、、まあWEBのレッスンを集中して受講すればキャッチアップもできるかな、と。

また、これで忙しくなりそうだけど、、こういう刺激もやっぱないとね。


試験は短答式が5月、それに合格したら論文式が8月だとか。

そのあとは、数ヶ月でもう一つの比較的簡単な方の資格も取る予定。

さて、頑張るぞ!
2018.09.27

ラジオ

約1ヶ月前に船で釣りに行った時に足の甲についたビーチサンダルの日焼け跡。

お風呂で足を洗う度に、楽しかった夏の日の事を思い出す。

その日焼け跡は、まだ比較的くっきりと残っているけど、あと数週間もすれば消えてなくなるだろう。

その頃には、長袖のセーターを着始める季節になってるんだろうな。。

さて、去る9月25日深夜のオンエアをもって最終回を迎えた「加藤ヒロのFighting on the Edge〜ぼくと音楽とビジネスと〜」。

何も分からない僕にラジオ番組の制作の仕組みから、番組構成の考え方まで色んな事を教えて頂いた。

そして、沢山のゲストの方にもお越し頂いて、とても貴重な経験を積ませてもらった。

何よりも1年間ずっと隣で支えてくれたパーソナリティのくわはらりささんには感謝の気持ちしかない。

ありがとうございました!

そして、番組は装いも新たに、10月からは”ヒロとハルキの「大人のWonderland」”という番組として新たなスタートを切る。

10月からの相棒は20歳以上歳の離れたロックバンドBrian the Sunのベーシスト白山治輝君。

そして東京、熊本に加えて、放送時間は土曜日の深夜だけど広島FMでもオンエアが開始される。

どうなるか分からないけど、とても楽しみだ。

皆さんも是非聴いて下さいませ。

https://www.tfm.co.jp/otowon/
2018.09.23

今年最後の。。

2週間前に撒いたダイコンとカブの種。

その後の気温が上がらなかったので、ちゃんと芽を出したか心配。

仮に芽を出していたとしても、鳥さん達に突かれていないかが心配。

行ってみると、芽を出したものの後者の心配が的中。。8割方突かれてダメになっていた。。

仕方なく双葉を突かれた場所にもう一度ダメ元で種を蒔く。

今度は芽が出る前から不織布でトンネルにしておいた。

新たに撒いた種はダメかも知れないけど、せめて生き残った2割の小さな芽がこれ以上鳥さん達の餌食にならないように。。

お盆明けに受粉して最後の力を振り絞って何とか収穫サイズまで大きくなってくれたカボチャ。

これで今年のカボチャもおしまいだ。

ネギは強風に折れたりしているけど、何とか生き残ってくれている。

サツマイモは元気だけど、果たして今年は実の方はどうかな。あと5週間くらいで収穫だ。。


そんな今年最後のカボチャからの、、、、ここへ(最後の写真)。。

ここは、、どこでしょう?








2018.09.22

何も言えねえ。。からの

また雨の一日。

気温はずいぶんと下がっては来たけど、混み合う地下鉄の構内、ストリート沿いのカフェ、、こうも湿度が高いと冷房も弱めに設定しているからか、都会の何処にいても不快指数は半端なく高い。

この日も役所に寄ってから打ち合わせへ。

打ち合わせの後は、今月27日から渋谷のシダックスホールで開催される舞台に向けて追い込み稽古中のmosaiqueのメンバーがいる稽古場へ。

行ってみるとビルの地下の駐車場を改造して作ったような稽古場。

すごい、、これぞ稽古場!って感じ。いや、稽古場って見たことないけど、稽古場を見たことない僕がこれぞ稽古場って思うくらいだから、相当な稽古場感があるってこと。

中に入ると、真剣な稽古の熱気がムンムンと。。都会の喧騒と違い、ここの熱気の不快指数は高くない。思わず稽古の場面に息を飲む。やっぱり役者さんの迫力はすごいなあ。

何故か舞台監督のすぐ隣に椅子を用意されて座る。キンチョーするなあ。

舞台では僕の楽曲が挿入歌とエンディングテーマとして使われることになってて、主宰である演出家の中井さんから「加藤さん、何か歌のところで気づいた事があれば、言って下さい。」と。。

いや、、僕、お芝居のこと何も分からないし。。だから、お芝居の中の歌ってお芝居の中に溶け込んでいるので、歌の部分だけ抜き出してコメントも出来ないし。。

何も言えねえ。。。でも、さすがに何か言わなきゃと、、「えっと、、歌詞が一箇所違ってたので、そこだけお願いします。。」と、あまり生産性のないコメント。。

そして、音響さんと舞台本番の打ち合わせをして、次の打ち合わせがあったので、そろそろ失礼を、と思ったら、、中井さんからまさかの「加藤さん、折角なので一曲歌っていって下さい。」と。

僕を見つめる体育座りの役者さんを前に「白い月」をオケで熱唱。。

いやあ、汗かいた。。

湿度高い日の、駄目押しの汗かき。帰りの地下鉄は再び不快指数100%でしたわ。
2018.09.21

雨の中。。クロコダイル。

連日の雨。。

昨日の原宿クロコダイルでのライブも雨。

お昼過ぎ、機材搬入でてんやわんやの状態に、ますます強まる雨足。

主催者である僕のボーカルの師匠が、「自分雨女だ!」と舞台で公言していた。

そういえば、師匠のユニットが、当時の赤坂BRITZでライブをやった時も、稀に見る豪雨が都内を襲い、なんと麻布や赤坂で土砂災害の危険性ありということで避難勧告が出たくらい。。

同じ雨女でも、豪雨度合いが半端ない。。

恐るべし、、師匠。。


僕はといえば、夕方に仕事の会議の予定が入ったので、リハの開始時間を早めてもらって、そそくさとスーツ姿でリハを済ませて会議へ向かう。

道路は雨のせいもあって、超渋滞。。

なんとか会議には間に合って、それでも本番に間に合うように会議は申し訳ないが途中で抜けさせていただいた。。

長くライブやってるけど、、こういうパターンは初めての経験だ。。

しかし、帰りの雨足は強いまま、そしてまたまた大渋滞。。

それでも、一応余裕持って行動したので、本番には問題なく間に合う。


原宿クロコダイルは1年半ぶりくらい。

なんでかわからないけど、ここのPAシステムと僕のアコギの相性が悪いんだな。。

何度やっても、ギターの音がダメで。。

それが分かっていたので、今回は自前のアンプを持参。。

それが正解。

まだ喉が完全に治りきってないけど、返しの音響は気持ちよく、思ったよりも歌えた感じ。。

雨の中、お越しいただいた皆様、ありがとうございました。


セットリスト。

1. Wonderland
2. Fly into the Summer
3. ポプラと見上げた空
4. いつか笑えるよ
5. 白い月
^
TOP