加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2019.08.18
NEW!

オレンジのリュウグウノツカイ。。。もどき

お盆休みシーズンの真っ只中。

都内はいつもと違って人が少ないけど、観光地はどこもかしこも人と車でいっぱい。

ところで、僕にとっての今年の夏は、ある異変が起きている。

一つは、海に一度も浮かべていないこと。

このお盆休みのチャンスを逃すと、本当に夏が終わるまでに海に浮かべないかもしれないので、台風が過ぎ去った後にまだ少し風が強い中、出航。

太陽はギラギラ。海はキラキラ。紫外線はマックス状態で気温もグングンと上がっていく。

夏だー!と叫びたくなる。

風は少しあるけど、まあ、釣りをするには問題ない程度。

出航して10分の場所にあるいつもの根周りからスタート。今日も五目釣り。

水深は30メートルから40メートル。

良型のカイワリとサバが釣れるも、ちょうど干潮を迎えて魚がお休みモードに。

ポツポツと小魚が釣れる中、珍しい魚が。

アタリも置き竿なら絶対にわからないくらい小さなアタリ。

かなり沢山の種類の魚を釣ってきたけど、この魚は見たことがない。

そんなに大きくない魚。

なんだろう。。。これが大きいと、オレンジ色したリュウグウノツカイみたい。。。

ちょっと違うか。

リリースしたら水面にプカプカ。。。海鳥に拐われていきました。。。

咥えていた海鳥も、最後には落としていたから、、食べてはいけない魚だったのかな。


その後、水深70メートル前後のアマダイのマイ・ポイントに移動。

そこで、小さいアマダイを追釣した後、一瞬根掛かりかと思うような竿先にズン!というアタリ。

大き目のアマダイかと思ったら、良型のオニカサゴ。

そういえば、この周辺は小さな海底噴火があった場所で、今でも火口が海底にあるらしい。

その周辺にオニカサゴが住み着いているって聞いたことがある。

すぐに赤ちゃんオニカサゴも食ってきたので、やはりこの辺に巣があるみたい。

オニカサゴは成長が遅くて、一説によると1年で2センチしか大きくならないらしい。

貴重な海の資源。。赤ちゃんオニカサゴは、大事にお帰りいただきました。

それにしても、この時間になると風が強まり波も出てきて船も結構揺れていたので、カメラで写真撮るの忘れてしまった。。。

3時間くらいの短めの釣行だったけど、久しぶりの海。面白かった。

やっぱり、海はいいなあ。。

釣った魚は唐揚げで美味しく頂きました!


あとは、もう一つの異変、、山小屋に行けず、未だにジャガイモを収穫できていない、という問題。。

さあ、、いつ解決するかな。。





2019.08.14
NEW!

バチェラーガール

台風10号の影響か、、関東地方の大気はとても不安定。

僕はいつもより少しゆっくり目に支度をして、バスに乗って籠り場へと向かう。

お盆休みの真っ只中、バスは比較的空いているので、珍しく座席に座れた。

携帯画面に集中し10分ほど過ぎた頃に顔を上げると、窓の外はいつ間にか黒い雲が空を覆い、雨が降り出していた。

雨足は見る見るうちにその強さを増していく。

さらにその10分後、目的地に到着してもその雨足が弱まる気配はない。

雨傘兼用の日傘を持っていたので、それをさせば頭から濡れることはないが、この雨足だとあっという間に足元がビショビショになってしまう。

僕は人一倍、足が濡れることを嫌がる人間だ。

それに、今日の靴は布製で雨は簡単に靴下まで濡らしてしまうに違いない。

籠り場までは歩いて5分もかからないが、急ぐ理由もないのでレンガの建物の屋根の下で少し雨宿りすることにした。


立ちすくんで雨を見つめていると、その雨足はさらに強くなっていく。

バケツをひっくり返したとまでは行かないが、大きなコップくらいはひっくり返した感じだ。

これは、、、バチェラーガールだな。

心の中でつぶやく。

「雨は壊れたピアノさ 心は乱れたメロディー♪」

稲垣潤一が歌った1985年のナンバー。作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一というゴールデンコンビ。

大滝さん自身でも歌っているけど、僕が聴いていたのは稲垣潤一の「REALISTIC」という6枚目のオリジナルアルバムに収録されていたこの曲。

バチェラーと言えば、馴染みがあるのは僕もアメリカ時代に友人とか先輩が結婚する際に招かれたこともある「バチェラーパーティー」。

独身最後の夜を気心の知れた仲間とドンチャン騒ぎをする。

バチェラーは元々は独身貴族的な意味合いで男性に使われる言葉。

だけど、この曲の中ではタイトル通り自分を振って去っていく強い独身の女性を「バチェラーガール」と呼んで、土砂降りの中で一人取り残されて佇む男の切なさを歌ってる。

舗道を叩く強い雨が、修復できなくなった二人の関係や心情を如実に表しているね。

僕は、別に誰かに振られたわけじゃないけど、こんな土砂降りに一人佇んでいると、、気分的にはもう僕のものではなくなった彼女をマイ・バチェラーガールと呼んで見送る主人公になった気分だ。。。

。。。なんてこと考えていたら突然雨は小降りになり、そのわずか30秒後には太陽が顔を覗かせる。

太陽の日差しとともに、木陰に身を潜めていたセミが一斉に鳴き始める。

一気に気温も上昇し、空は夏色に様変わり。

舗道にできた水たまりは、太陽の光に熱せられ蒸発を始める。

その水蒸気が湿度を上げ、人々の不快指数を上げる。

なんだなんだ、、ここは本当に、、日本なのか??

これは、東南アジアか、グアムとかサイパンとか、、、熱帯雨林の気候だぞ。

僕の頭の中の「バチェラーガール」は、一瞬にして「シーズン・イン・ザ・サン」に変わってしまったわ!





2019.08.11

さよなら、夏の甲子園。

甲子園には魔物が棲んでいると昔から言われる。

この日、母校にとっての甲子園の魔物は8回の裏に現れた。でも突然現れたわけじゃない。試合の中盤くらいから、その姿が見え隠れしていた。



僕は朝7時羽田発のANA013便に乗り込んだ。到着地は大阪伊丹。同級生や在校生達もそれぞれの交通手段で続々と甲子園に向かっていた。

試合は第三試合。開始予定時刻は13時だが、その時刻を過ぎてもなお、第二試合の熊本工業対山梨学院の試合が延長戦に突入して決着がつかない。

その間、僕を含むアルプス席に入場する学校関係者は第14号門入り口を先頭に長い行列を作って待機。

僕は幸いにもテント下の日陰に陣取ることができたが、かなりの人が直射日光の下で一時間以上も立ったまま入場を待ち続けることに。。

僕も日陰とはいえ汗がダラダラと背中を伝っていくのがわかる。。もうこの時点で体力の半分を使い果たした感じだ。冷凍したペットボトルのスポーツドリンクの氷も半分が溶けている。

それにしても、最初から嫌な予感がないわけじゃなかった。というのも、母校の試合を三塁側で観戦して勝った記憶が僕にはないのだ。まあ、そんな個人的な思い込みなんて、当てにもならないと、、その時は思っていた。



さて、第二試合も終わり、いよいよ入場。僕は同級生達とはぐれてしまったので、一人でアルプススタンドの最上部へと登る。日差しはきついが、高い場所にいると海から吹いてくる浜風のおかげで、幾分でも暑さを凌ぐことができる。

試合は、初回に先制点こそ許したもののすぐに同点に追いつき、試合中盤には母校らしい小技を絡めた攻撃で、少ない安打数で着実に得点を重ねていく。

6回表が終わった時点で4-1でリード。

すると僕の背後から「練習試合でも4-1で勝ったらしいよ。この学校には負けたことないいうて言いよった。」という声。

僕の周りはどうやら野球部OBやOGの方ばかりのようで、みんな口々に野球に詳しそうなコメントをしている。

「今日はピッチャー、調子ええのう。」

「このまま今日も4-1で終わるじゃろう。」

3点リードに周りの雰囲気は、楽勝とはいかないまでも、「負けることはないだろう」という雰囲気が支配し始めていた。



僕は自分がまだ高校1年生だった頃の記憶を辿っていた。

夏の県予選を控えた5〜6月ごろ、全国の強豪校を招いての練習試合が毎週のように組まれる。修徳、天理、岡山南、松山商、、、いずれもそうそうたる強豪校ばかりだ。

僕はノートとペンを手に、他の1年生部員と並んでバックネット裏のスタンドに座って全ての試合を観戦していた。

今でも印象に残るは松山商との練習試合。正直、ミスも多く、攻撃力も強いとは言えない松山商は、僕の目からみても決して強いチームには映らなかった。僕の記憶が正しければだが、2試合ともに母校が勝ったと記憶している。

そのわずか2〜3ヶ月後、僕の目からみてあれだけ弱かったはずの松山商は、夏の甲子園でベスト8まで勝ち上がり、あの桑田・清原擁するPL学園と大接戦を演じ、惜しくも2-1で敗れるもあと一歩で勝てていた、というチームにまで強くなっていた。

高校野球のチームが、それくらい短時間の間にとてつもない成長を見せることは決して珍しいことではない。だから、練習試合で勝った・負けたということほど当てにならないということを、僕はその松山商の変貌ぶりで思い知らされていた。



今年の広島県予選の準決勝。優勝候補の大本命だった広陵高校を13-5で破って決勝に勝ち上がり、そして手にした甲子園の切符。

僕もPCの画面にかじりついて広陵との一戦を見守っていた。試合は、当初の予想を覆すような展開で、4回の表が終わった時点で6-0と母校がリード。

5回の裏に3点を返されて試合は6-3の3点差に。

その時は、いつ広陵の強力打線が爆発して試合をひっくり返されてもおかしくないし、どれだけ点差をつけても最後までハラハラドキドキしながら見ていた。

誰しもが同じ気持ちだっただろう。

同じ3点リードの試合展開でも、県予選の広陵戦と、この日の甲子園での岡山学芸館との一戦では、全く違う空気を試合を見る側が生み出していたのも事実だった。。。僕自身も含めて。



「勝てるだろう、と思った瞬間から負けのシナリオは動き出す」。。

僕がよく会社のメンバーに話す言葉だ。

スポーツの試合に限らず、実は会社組織の運営やビジネスの場でもこの教訓を忘れられないくらいの沢山の苦い経験を積んできた。その中でも、この言葉が一番現実を如実に表す言葉だと信じている。

M&Aの世界でも契約締結して「よし、これで終わった」なんて気を緩めたら、とんでもない大どんでん返しが待っていたりするものだ。

だから、案件が完全に成立するクロージングまでは、一瞬たりとも気を抜いてはいけない、という教訓。

この日、誰が気を抜いたわけではない。選手だって監督だって、応援席だって、みんな精一杯頑張った。

でも、甲子園の魔物は、無意識のうちに漂い始めた「負けることはないだろう」という目に見えない空気感、というものを見逃してくれなかったようだ。

とりわけ実力や精神面でのボラティリティーの高い高校野球の世界だから、そういう思いもしない出来事が割と起きてしまいやすのだろう。

これが「甲子園には魔物が棲んでいる」と言われる所以なのかも知れない。



3年生にとっては、これで最後の夏が終わってしまったけど、また新しいチームで来年の甲子園を目指して頑張ってほしい。

これだから、甲子園は永遠に憧れの場所であり続けられる所以でもある。

さよなら、甲子園。またいつか。




2019.08.09

あいちトリエンナーレ

ラジオ収録のため名古屋へ。

せっかくなので、今何かと話題になっている名古屋トリエンナーレに行ってみようとプロデューサーに誘われる。

面白そうなので、是非!と同行させて頂く。

まずは愛知県美術館10階へ。打ち合わせを兼ねた長いランチを終えて会場へと入る。

僕にとってこういうイベントは初めてかも。。

へえ、、なんとも言えない不思議な空間。。

中でも気になったのは、色んな格好をした作り物のピエロがランダムに置かれた空間。

一体一体が実は本物の人なんです、と言われてもおかしくないくらい。

ピエロが一斉に動き出したことを勝手に想像すると、心の底の方で何かモゾモゾとした感覚を覚える。

その後、場所を変えて名古屋市美術館へ。

歩ける距離だけど、暑いのでタクシー移動。

冗談ではなく、3分以上外を歩くと倒れてしまいそうな灼熱の世界だ。

名古屋市美術館に到着。

ここで気になったのは、立体的な装飾を施した大きな壷。

カジキ釣ってるし。。

その隣では、津田大介さんがお客さんを案内してる。。

色々と大変そうだけど、ご本人はとても楽しそう。

その翌日、あいちトリエンナーレの会場で警察官に液体をかけたとして、住所、職業不詳の男を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕したとのニュースが。

報道によれば、午後3時半ごろ芸術文化センターの関係者からヘルメットを被った男3人が10階の床に何かを塗っているとの通報があり、警察官が駆けつけて外で話を聞くために10階からエレベーターで降りる際に、男の一人が「ガソリンだ」と言って警察官に液体をかけたらしい。。

それにしても、、3時半ごろ、、僕らはそこにいたなあ。。いや、時間的には、僕らが名古屋市美術館に移動するために芸術文化センターを後にした直後の出来事だったかも。。。

少なくとも僕はヘルメット被った人は目撃していないけど。。

僕?ヘルメットなんて、、被ってませんよ。。。

色々と、、大変ですね。。







2019.08.07

未来志向の働き方

最近、忙しい。。ゆっくりする時間もあるけど、なぜか時間に追われている気がする。多分、疲れているのが最大の理由。

そもそも、人は時の流れを制御することはできないけど、自分の予定や思考を最適化させ、時には他人の手を上手に活用することで、あたかも時間を制御できているような日々を送ることはできる。

難易度が高く、簡単に出来そうもない予定を無理やり詰め込んだり、物事の完了に相当な不確実性を伴う予定を過密スケジュールの中に組み込んだりすると、やがて歯車が狂いだし、制御していたはずの時間はどれだけ走っても追いつけないくらいまで速度を上げられ、そのスパートに置いて行かれてしまう。

そこで立ち止まってしまったりすると、やがて時の流れは人の力では太刀打ちできないほどのすさまじい土石流へと変貌し、自らの意思が一切反映されることもなく、結果として思いもよらない方向へと押し流されてしまう。

働き方改革という名のもと、ここにきて世の中ではずいぶんと残業が減ったという話を聞く。僕の会社も例外ではなく、どうしても時期的に無理やり詰め込んで作業を終えなければならない状況は避けられないので夜遅くまで残業する日が続くことはあるものの、全体的に見れば昔と比べると残業そのものが減ってきたのは確かだ。

その反面、やる気に満ちた若手からは残業をしてもっと経験を積みたいし、残業手当で経済的な対価も欲しいのに、それができなくなってしまい残念だ、という声も聞く。本来であれば、働きたい人にはもっと働く機会を提供しつつも(もちろん際限なくというのは無理があるが)、健康上の理由やワークライフバランスの観点から残業を規制したほうがいい人に対しては会社がきちんと規制をする、という柔軟性をもたせたルールというものが望ましい。

それが、一部のプロ職を除いてすべて一律で規制してしまっているという画一的な柔軟性の欠如が、将来の日本の力を弱めてしまうことにならないか、若干心配なところである。人材の国外流出も含めて。

やはり根底にあるのは、労使関係という力関係であって、立場的に弱い側を守るというのが規制の原則的な考え方になるのだろう。

では、もっと仕事をしたい、という人はどうすればいいか。

細かい法律の話は詳しくわからないけど、基本的に残業規制は管理職には適用されないし、自営業の人にも適用されないはず。それならば、日本のサラリーマンも①独立して業務委託契約を締結する自営業型と②従来のサラリーマン型、の二つの選択制にしてしまえばいいのに、と思うときもある。あまり深く真面目に考えているわけではないけど。

もちろん新入社員に適用というわけにはいかないけど、入社して5年も働けばそれなりのノウハウも身についてくるだろうし、そうすれば立派に個人としての役務提供が個別の対価と引き換えに可能になるはず。その人は基本的に自営業になるから、主たる役務提供先である会社と利益相反する業務はできないとしても、空いた時間で副業とかは可能になる。しかも、残業規制も適用されない。

そして、そういう労働環境がもたらすもう一つのメリットが税効果だと僕は感じている。実際に、僕も自分で会社を持って音楽をはじめ複数のビジネスをやっているが、その中で、個人としてはやらないであろうことが、会社となるとできてしまうことが多々ある。

典型的なのが、接待。ビジネスをやるうえで人とのかかわりは重要だし、その関係を円滑に維持したり信頼関係を築いたりするには、一緒に飲食を共にするというのは、僕にとってはとても大切ないべんとだ。だから、個人では行かないであろうお店も、ビジネスのためで、かつ税金上損益で落とせるとなるとむしろ積極的に行ってしまう。

車だってそうだ。仕事で使う以上、ガソリンも駐車場代も全部経費で落とす。サラリーマンにとっては、生活するうえでのコストでしかなく、それらをいかに削減するかという点にフォーカスされがちだが、会社となるとそれらのコストは「費用」ではなく「投資」という意味合いを帯びてくる。だから、浪費はよくないが、将来の果実のために撒く種としては撒くことに個人の財布から出すときほどの躊躇はない。

アメリカは、サラリーマンでも自分で税務申告を行う。だから、競馬好きの人は、当たり馬券で儲けた所得に、負け馬券のお金を損金で相殺することが可能だ。だからといって、負け馬券にいくら投資をしてもいいかと言うとそうじゃないだろうし、競馬場で負け馬券を一生懸命拾い集めるおじさんの姿を見たときは、ちょっと引いてしまったが。

日本でもその昔、お買い物券とか、減税による還付とかやっていたけど、本質的な消費行動を惹起させる政策としては、そういう制度とかを考えてもいいんじゃないかな。

もうこのご時世、働き方改革とか言っても、勤務形態とか残業規制とか、そういう縦割りの一つの側面からの議論ではなく、税金もそうだけど、地方創生への取り組みとか、街づくりの観点からの大胆な規制緩和による独立支援とか、もっと横串をさすような構造的なインフラ改革をセットで議論しないと中々目に見える成果を上げることは難しいんじゃないかな。

まあ、政治家の方々は僕たちの知らないことも一生懸命やられているのかもしれないけど。独立して自営業になっても、元請と下請けの関係とか、実質的には会社での労使関係以上に社会的には弱者の立場に置かれている中小企業が多いから、そう簡単にはいかないと思うけど。

え、、僕。。。?

はい。。。

未来志向の働き方の模範をみせるべく、、、音楽活動という投資コストを損金算入させていただいております。いつか、所得に化けることを夢見て。まあ、、誰も投資してくれないベンチャーみたいなものですから。だから、自分で投資しております。

DCFの割引率、、高いよ〜。← 分からない方は無視して下さいね。
2019.08.03

盛り上がっております!

週末の朝。。

閉め切った掃き出しの窓を開けた瞬間、それまでの静寂が嘘のように無数の蝉の鳴き声が響き渡る。

そして、間髪入れることなく湿った熱風が、人工的に心地よく冷却されたリビングという密閉空間の中に吹き込んでくる。

そのまま窓を開け放しに放置しようものなら、リビングはその熱い空気の塊にあっという間に支配されてしまいそうだ。

8月6日に開幕する夏の甲子園大会。

こんな真夏の炎天下で灼熱の太陽の光を浴びながら、ユニフォームを着て野球をする甲子園球児の気力と体力には感服だ。

もっと言えば、その試合をスタンドから応援する人たちも、並大抵の覚悟がなければ3時間もそこにずっと居られるわけがない。

「必要なチケットの枚数を教えてください。」と同期の同窓会幹事からラインが配信される。。。

他人事ではない。

果たして、自分にその覚悟が出来ているのか、、、人工的に心地よく冷却されたリビングのソファーに寝転んで僕は自問自答する。

組み合わせ次第では、そもそも甲子園に行けない日程に試合が入ってしまう可能性があるし、僕も一社会人として仕事をしている立場上、しかも甲子園から500キロ以上も離れた東京に住んでいるという状況を考えると、決められた時間に甲子園まで足を運ぶことは決して容易ではない。。(バックネット裏の阪神戦ならピンポイントでも行きますが。。)。

なんとか勝ち進んでくれれば、行けるチャンスはありそうだけど。

先週、「甲子園出場、おめでとうございます。」とたくさんの方からラインやメッセージを頂いた。

出場するのは選手なので、果たして僕が祝福される立場にあるのか、というと微妙だけど、、、僕のバーチャル短冊のお願い事が叶ったことをお祝いして頂くのは、あまり普段からお願い事をしない僕にとってみればとても嬉しいことだ。

だから、来年のバーチャル短冊には、「今年の紅白に出れますように。」と願い事を託してみようかと思う。

叶うわけないけど。。

甲子園、、応援に行ける行けないはともかく、母校の関係者は盛り上がっております!
^
TOP