加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2019.10.27

新しい基軸

毎週のようにやって来る台風が、また大雨の被害を出した。

被害に遭われた方々が一日も早く通常の生活に戻れる日が来ることを願うばかりだが、「かつて経験したことがない」という言葉をここ数年で何度耳にしただろう。

そもそも異常気象という言葉が頻繁に使われるようになって久しいが、ここまで異常性が常態化した今、もはや異常気象という言葉も流石に使う人が減ってきたように思う。

電柱が重なって倒れている映像などを見ると、そろそろ電線も地中に埋蔵することを真剣に考えた方がいい。

未来の教科書には、僕たちが生きるこの時代を、「いよいよ地球温暖化による地球規模の変化が人間の日常生活に多大な影響を及ぼし始めた時期」として紹介するのかも知れない。

この先、僕たちは自然災害に対する対応策や考え方を根本的に変えていかなければならない時代を迎えることになりそうだ。

そもそも、異常気象による災害対策にとどまらず、物事の考え方というか、判断基準というか、従来の常識を進化させた新しい基軸を持たなければならない時期が来ているような気がしてならない。

それは、「民主主義」という政治のあり方もそうだし、僕が長年仕事で関わってきたコーポレイト・ファイナンスの世界、いわゆる資本主義経済における「株主利益の最大化の原則」という考え方さえも、本当にそれが世の中を正しい方向に導くものなのか、という漠然とした疑念を抱くことだってある。

地球上には、成熟した高度な経済システムが定着した先進国もあれば、まだまだ発展途上の国々も存在する。

世界中で議論されている環境問題などは、まさに経済成長を最優先する考え方にしがみついている限り、万人を幸せにしてくれるようには到底思えない。

そう感じているのは、僕だけではないはずだ。

僕がM&Aのアドバイザーとして第一線から退いたことにも、この手の違和感が何か影響しているのかも知れない。

世界は急には変わらないなら、変われる所から変わっていけばいい。

日本でも働き方改革について議論されて久しいが、働き方のシステムだけではなく、仕事に対する人々の考え方というか、、人生観そのものに新しい基軸が必要になっているように感じる。

先日、うちの会社を数年前に辞めた友人と会った。

聞けば、再び転職して新しい会社に勤めているという。

彼ももう40歳代半ばになったそうだ。

「色々ありまして。。」と照れくさそうに頭を掻く友人に「何も恥ずかしがることはない。」と僕は言った。

これは全くの私見だが、人はある程度の年齢に達したら、真剣に「自分がこの世で全うすべき使命が何であるか」ということを考えてもいいのではないかと思う。

分かりやすくいえば、その対局にあるのは「ただただストレスを溜めるだけの職場環境で、己の意思を無視して我慢し続ける」ということ。

ある意味、終身雇用制度の下では定年まで許されなかったことかも知れない。

ところが、会社に定年まで所属していれば何とかなった時代が終わった今、定年のはるか手前の段階でそういう選択が許される時代がきた、とプラスに考えるべきだろう。

「いやいや、いきなり40歳半ばになって自分の使命感とか、生き方とかを変えるなんて無理でしょう。」という人も多いかも知れないけど、僕はそうは思わない。

若い頃からそういう事に対する意識を磨いておけばいいということだ。

そう、僕らは人生100年時代の半分を迎える年齢になるけど、80歳とか90歳の人から見ればまだまだ十分に若いはずだ。

会社も暮らしも人生も、、、誰かが責任を持って守ってくれた時代は終わろうとしている。

それは、角度を変えれば、絶対的な一つの答えに縛られていろんな軋轢を生み出す窮屈さを感じながら生きる時代の終焉とも言える。

いつの日か人々にとって幸せを手にするための本当の意味で自由な選択が認められる世界が実現できればいいのに思う。

理想論かも知れないけど、、従来の考え方に縛られることのない新しい発想、ルール、捉え方、、、音楽やART(芸術)にはそういうヒントが沢山秘められている気がする。
2019.10.22

ジョアン・ジルベルトのように

ラジオ番組のマンスリーソング企画で、この夏に書き下ろした「夏色のウソ」という楽曲。

制作テーマが「アヴァンチュール」という大人の雰囲気漂うテーマであったため、僕にとっては初めてのコード進行で、さらに何を思ったかボサノヴァ風の曲に仕上げてしまった。

まさにボサノヴァ風にしたのが原因なのかもしれないけど、曲としては歌もギターも難易度が高い曲になってしまった。

そう易々と雰囲気を出してギターを奏でることも、歌うことも出来ない曲だ。

プロデューサーの安藤さんは、この曲を「ジョアン・ジルベルトみたいに歌うように。」と言っていたけど、どう転んでもジョアン・ジルベルトのように歌うことなど出来るわけがない。

ジョアン・ジルベルトが無理と分かるや否や、今度は「じゃあ、アストラッド・ジルベルトのように歌ってみて。」と言ってきた。

アストラッド・ジルベルトは、ジョアン・ジルベルトの奥さんだ。

女性のボサノヴァ歌手のように歌うのはジョアン以上に至難の業だ。

もう気持ちから何からボサノヴァの雰囲気に浸るしかないと、You Tubeでボサノヴァの曲を洗いざらい聴いてみる。

それでも、中々雰囲気を掴むことができない。

こうなったらトコトンやってやろうと、いつも使っているアコースティックギターを置いて、まさにボサノヴァにぴったりのガット弦ギターでチャレンジ。

思い切ってクラシックギターを購入。

以前からいつか欲しいと思ってたし、遅かれ早かれと思うし。。。

僕はフラメンコタイプではなくて、主に指弾きに適したタイプのギターの中から、ホアン・ヘルナンデスというスペインのギターをチョイス。

弾いてみると、やっぱりガット弦のギターは全然違う音色だ。とてもいい。「夏色のウソ」にもピッタリだ。

クラシックギターを手に取ってみて、思い出したことがある。

僕がビートルズに憧れて、野球部の活動が終息を迎えた中学3年生の秋頃に「ギターを始めたい」と言い出したことがある。

その時は、学校の先生からも「もうすぐ受験なんだから」と言われてあまり賛成してくれなかった。

でも、近所の方が僕がギターをやりたいと言っていることを聞きつけてか、「とても古いけど使っていないギターがあるから」と中古のギターを僕にくれた。

ギターなんて触ったことなかったし、それがどういう種類のギターなのかさえ分からなかったけど、今思い返せば、あのギターは紛れもないガット弦のクラシックギターだった。

クラシックギターは、アコースティックギターのようにピックを使ってジャカジャカとストロークするようなギターでもないので、そのギターで指弾きで遊んでいたのを覚えている。

かなり使い込んでいたし、ネックも反って弦高がとても高くなってしまっていて、また弦が切れても自分で交換するノウハウもなかったので、せっかく頂いたのに使わなくなって、、、あのギターは結局どこに行ったんだろう。。。と。

その2年半後の高校3年生の春に、僕は野球をやめてから始めた新聞配達のアルバイトで貯めたお金で、憧れのアコースティックギターを買った。

結局、そのアコギも1年後には押入れの中に仕舞い込まれたまま、何十年も日の目を見ることなく眠り続けることになるのだが。。

そんなガット弦ギターに纏わる遠い記憶に浸りながら、この日僕は「夏色のウソ」のレコーディングへ。

果たして、うまく行くのでしょうか。。。

ジョアン・アルベルト。。。。今年の夏、ボサノヴァの神と呼ばれたジョアンは天国へと旅立った。

ボサノヴァなんて縁がなくて僕は知らなかったけど、そんな巨匠が亡くなった夏に何故か作ってしまったボサノヴァ風の曲。

思い出に残る曲にしたい。
2019.10.16

ドラマ撮影

この度の台風19号の被害に遭われた方々に謹んでお見舞い申し上げます。

さて、ミナホ2019の2日目イベントが中止になったため、大阪滞在の予定だった三連休が東京滞在へと変更になった。

そこで、「東京にいるんなら出てよ。」と一度お断りしたドラマの撮影にAK監督から改めてお声がけ頂き、急遽朝早くから都内某所の撮影現場へと向かう。

何もかもがバタバタで進んでる感じの撮影現場に、セリフがない役だからとお気軽に構えたまま到着する僕。

まさにこの日クランクインを迎えて緊張感高まる現場との間に、いきなり温度差を感じる。

カメラは沢山あるし、衣装さんとかスタッフさんも沢山いる。撮影のセットの場所も結構広いし。。

奥の方では見たことある俳優さんがメイクしてる。

ドラマの撮影現場には何度かお邪魔した事あるけど、こんな感じの屋内のセットの中での撮影は初めて。さすがは某局のドラマ撮影現場。

なんか、、急に緊張してきたぞ。。。

そもそも「ドラマに出てよ。」と言われても、僕は一度も台本見てないし、自分の役こそ聞いてたけど具体的にどういうシーンを撮るのか、とか全然わかっていない。

周りの人は台本片手にブツブツ言いながら準備してるのに、、セリフの無い僕はやる事ないから「◯◯さん(←主演女優さん)からの差入れ」と手書きで書かれた張り紙のすぐ下に置かれた箱からどら焼きを一つ手に取り、朝ご飯代わりに頂く。

美味しいけど、、なんか場違いな所に来ちゃった感じだなあ。

そうこうしてると顔見知りの俳優さん達が何人か現れて声をかけてくれる。

そして、しばし談笑。

すると突然撮影のセットの方から僕を呼ぶ声が。

え?もう撮影開始?

なんの準備もしていない僕は慌ててセットの中へ。衣装とか、このままでいいのかな?

言われた場所に座っていると、満を持して有名な女優さんがお辞儀をしながら入ってきた。

近くで見るとやっぱり綺麗だなあ。。

「それでは、シーン◯の撮影始めま〜す。」と助監督の声。

一人一人順番に「◯◯役の◯◯さんで〜す!」と紹介されていく。

そして誰かが紹介される度に、そこにいる全員からパチパチと拍手が起きる。

そして、最後に僕の番。

「◯◯役の加藤ヒロさんで〜す。」

「あ、ども。加藤ヒロです。宜しくお願いします。」

「パチパチパチ。」

凄え、、みんなの前で紹介されちゃったよ。

で、そこからお昼頃まで何シーンも撮影。

シーン替えの度に僕も持参したシャツに衣装を取り替える。

なんだか、、これ、、結構映っちゃうんじゃないの?僕。。。

で、最後に完全に映っちゃうシーンの撮影が。。。

僕の隣に主演格の男優さんが座って、その横に主演の女優さんが立つ。

やばいね。。。これ、絶対映ってるね。。僕。。

オンエア日は、もうすぐみたい。情報解禁も間もなく。。

お楽しみに、、と言いたいけど、、大丈夫だったかな、、僕。

観るの、怖くなってきた。。
2019.10.12

ミナホ、僕の出番は中止です。

本番に向けて2回目のリハーサル。

僕は、リハーサルを終えた後、夕方から暴風雨が強まる前に大阪に向けて移動する予定だった。

そして、土曜日は大阪でゆっくりして日曜日の本番に備えるつもりだった。

キーボードのたまちゃんも、金曜日のうちに大阪に移動して親戚の家に滞在する予定だったらしい。

さて、リハーサルでは、本番さながらの進行確認をしたうえで全5曲を演奏し終える。

「よし、いい感じ。」プロデューサーからもOKが出る。これで、準備は万端だ。

終了時間になって「お疲れ様でした。」と片付けを始めたところでマネジャーのMさんがスタジオの扉を開けて飛び込んできた。

「すいません。たった今、13日のイベントが中止という連絡がありました!」

「えっ、、中止???」

メンバー一同、呆然と立ち尽くす。

台風19号は静岡から関東に上陸し、13日の日曜日には東北沖に抜けるという予報だ。

だから、誰しもが大阪でのイベントは12日(土)こそ残念ながら中止になったものの、翌13日(日)の開催はほぼ問題無いであろう、と考えていた。

ところが、史上最強と言われる超大型の台風だけあって、台風通過後の爪痕がどの程度残るのかは誰にも想像ができない。

台風は過ぎ去っても、交通機関が果たして正常に動くかどうかもわからない。

ましてや、大阪でのイベントとはいえ、大多数のアーティストは東京方面からの移動になると思われる。

そう考えると、確かに日曜日の開催にはそれなりの不確実性が残る。

実際に、僕とたまちゃん以外は本番当日の日曜日の午後大阪に新幹線移動する予定だったから、万が一新幹線が止まってみんなが来れない場合は、「セットリストを変更してたまちゃんと二人でやるしかないね」なんて冗談半分で言っていた。

プロデューサーの安藤さん達は、大慌てで当日来てくれる予定だった方々に中止の旨の連絡を入れている。

本当ならリハ終了してみんなの機材を僕の車に積んで移動という心算だったから、その必要性が無くなった僕らは、しばしスタジオのロビーで放心状態。

まるで午後からの授業が休講になってしまい、「みんなこれからどうする?」っていう状況になった時の学生時代を思い出す。

まあ、こればっかりはしょうがない。

何よりも安全第一だし、とにかく台風で大きな被害が出ないことを祈るしかない。

9月に行った秋保神社で引いたおみくじに「目先のチャンスに囚われずにじっくりと、、」といった事が書いてあったけど、この事なのかな。

まあ、またチャンスはあるでしょう。

とにかく、しっかりと台風対策して、週末を乗り切りましょう。

皆さんもどうかお気をつけて。
2019.10.09

炒飯の日。

大阪のFM802主催の音楽フェス「ミナミホイール2019」まで1週間を切ったこの日。

リハのため、お昼前から加藤ヒロバンドのメンバーが集合してスタジオ入り。

今回は僕の出番の日にBrian the Sunのライブが広島であるということで、ドラムの駿汰君が参加できない。

加えて、ベースのまさや君も本番当日に他の予定が入っているとのことで、今回はギターのキミヒデ君の紹介でドラムのタカ君とベースのルイ君に入ってもらうことにした。

彼らと一緒に演奏するのは初めてだけど、実は「Fly into the Summer」のミュージックビデオの撮影のときに、それぞれドラムとベース役をお願いしたことがあるから、そのときに一度お会いしたことがある。

なので、全く知らない仲ではないからか、リハは思ったよりも順調に進む。

いつもと違うニュアンスの音になるかも知れないけど、それぞれに良さがあって、それこそが人が音楽を奏でてる証拠。

本番が楽しみ。

リハの後は大急ぎで荷物を置きに一旦自宅に戻ってから新幹線で名古屋へ。

この日はお世話になっているZIP-FMの26周年記念パーティーがZIP-FM本社にて催されるということで、収録に合わせてお邪魔することになっていた。

もうすぐパーティーだというのに、どうしても我慢できない空腹に崎陽軒の横浜炒飯弁当を衝動的に購入してしまう。

乗車中に食べていると安藤さんからLINEが。

返信として、横浜炒飯弁当の写真を送ると、すかさず「あ、崎陽軒!」と返信が来る。

さすがだ。

僕はその時まで崎陽軒とは気づかなかったのに。

名古屋到着後に、いつものZIP-FM本社ビルへ。

会場には、ZIP-FMの社員以外にも番組の制作関係者やミュージックナビゲーター(ZIP-FMではパーソナリティーをこう呼ぶ)の人たち、そして翌日から開催されるZIP-FM主催のフェスに出演するアーティストを中心に色んなアーテイストが顔を見せていた。

ZIP-FMの社長さんのご挨拶と前社長さんによる乾杯の後、入れ替わり立ち替わり色んな人がステージでお話しをしている。

そんな中、僕とハルキもステージに呼ばれ、MIDNIGHT RUNWAYのナビゲーターとして紹介される。

一言挨拶を、ということで、僕とハルキが一人ずつマイクを持つ。

関西弁で喋り始めると、なんかミュージシャンというよりも漫才師みたい。

別に何かネタをやった訳じゃないけど。

そして、パーティーもいい感じになった頃、僕たちは番組収録のためスタジオへ。

僕も乾杯のお酒が入った状態が冷めないまま収録開始。

いつもよりハイテンション。

そして、呂律が上手く回らなかったり。

なんとか2週分の収録を完了。

もう時刻は22時半を過ぎている。

予定では、この日の〆として安藤さんとROUND ONEで卓球することになっていた。

二人でラケットと着替えを持って、意気揚々と待ち合わせ場所に向かう、、、と、安藤さんがお腹が空いたとラーメン屋に入る。

そこでまた僕は餃子とミニ坦々麺付きの炒飯をいただく。

すると、急に眠気が。。。

そうだよな。朝からリハだったし。

安藤さんは卓球やりたそうな表情を浮かべながら「疲れたんなら、無理しない方がいい。また、大阪もあるし。」と。

で、お言葉に甘えて無理せず卓球は諦め、ホテルに戻って就寝。。。

安藤さんが一人で卓球をしに行ったかどうかは誰にもわからない。

お疲れ様でした。。




2019.10.06

サウナトランス

体の免疫力が落ちている時に、過密スケジュールで蓄積した疲労が一線を越えたり、体が冷えたり、胃腸に過度の負担がかかったりすると体調を崩してしまいがち。

その初期的な症状として、僕の場合は喉に軽い炎症を覚えることが多い。

体の弱い所にそういう初期症状が現れるとすれば、僕は人一倍喉に気を遣わなければならないのに、今まではそんなこと全然気にしてこなかった。

若い頃はまだよかったけど、さすがに年を重ねてくると回復力は少しずつ下がってくるから、体調を崩しそうになってもどうにか一線を越えないように体を労らないといけないという自覚が芽生えたのはいいこと。

僕の場合は一線を越えると喉の痛みが強くなり、やがて鼻の奥がただれた感じになって風邪の症状が悪化する。

こうなると、少なくとも1週間はまともに歌が歌えなくなる。

特にライブを数日後に控えている場合は、それだけは避けなければならない。

それなのに、ライブのために練習しすぎて疲労を溜め込んでしまうことで体調を崩してしまう、という苦い経験を何度か味わったこともある。

そういえば、テレビでプロのオペラ歌手が、どうやっても年に数回は風邪を引いてしまうので、「ステージの日程を考えると風邪を引くなら今のうち」とばかりに意図的に風邪を引いて寝込む、なんてことを言っていた。

まあ、絶対に風邪を引けない日程が予め分かっていると、そういう気持ちになるのも分からなくもない。

さて、去る7月のこと。

原宿クロコダイルでのライブの3日前に風邪を引いてしまった僕は、ライブの前日に行きつけの耳鼻咽喉科に駆け込んで「何とかしてください」とお願いして薬を処方してもらった。

こういう場合に処方される薬は、結構きつい薬の場合が多いから出来るだけ飲みたくはないけどしょうがない。

幸い熱も出なかったし、薬で少しは症状も改善したので大丈夫かなと思ってライブ当日にリハに行ってみたものの、歌えばすぐに脂汗は出るし、声は所々ひっくり返るような始末。

周りの人も「大丈夫か?」と心配してくれて。

そこでリハを終えた僕は、迷わずサウナへ。

そう、以前にも似たような状況に陥った時に、僕はサウナに行って著しい回復を実感したことがあったのだ。

元々サウナはどちらかと言うと苦手な方だった。

とにかく暑いし、苦しいし。。。

なんで好んでそんな苦しい思いをしなければならないのか、、と。

ましてや水風呂なんて猫が水を嫌がるくらいの勢いで毛嫌いしていた。

とある日、サウナの達人ともいうべき人が、「サウナは水風呂に入るためにある」という話をしていたのを聞いた。

それから考え方が変わって、水風呂に入るのが好きになってしまった。

その日も、限られた時間の中で、サウナに2回、水風呂に2回。

サウナで「ととのう」という意味がなかなか分からなかったけど、その時に実感。

意識はとてもすっきりしていて、体のどこにも力みはなく、とってもリラックスした状態。。

そう、軽く上を向けば自然と「ふう〜」と小さなため息が出る感覚。。

医学的にも安心感や幸福感をもたらすと言われるβエンドルフィンという神経伝達物質が分泌されている状態なんだとか。

おかげでその日は、サウナの後にしっかり発声練習をしたこともあり、本番で無事に歌うことが出来て事なきを得た。

それ以来、温泉宿に行ったり、少し時間があったり、疲れがちょっと溜まってきたり、喉に軽い炎症を覚えた時には、迷わずサウナに駆け込んでいる。

もうサウナトランス状態にヤミつきになってしまった感じ。

そんなわけで、昨日もまた、はい。。ととのえてまいりました!
2019.10.01

「スタートライン」TD完了!

まだ表立って現れていない筋肉痛の予感を右肩に感じながら目を覚ます。

朝から最高の天気。

気がつけば日付は10月に。

9月最後の一週間はまさに怒涛の一週間だった。

9月26日からの4日間、人生初の4日連続のライブ。

金曜日の夜のギター弾き語りを除けば、ハルキとシュンタのサポート付きの編成。

セットリストもぞれぞれ異なるステージで、出来不出来に随分と差が出てしまったような気がするけど、何はともあれ無事に乗り切れたのが良かった。

そして、週明けの9月最後の翌日、午後から新曲「スタートライン」のレコーディングの仕上げとも言えるTD(トラックダウン)の為、スタジオへ。

そして無事にレコーディング完了!

とてもいい仕上がりになりました。

そして、この曲は10月からのZIP-FMのラジオ番組「MIDNIGHT RUNWAY」のテーマソングになります!

どうぞお楽しみに!

最後にエンジニアの篠宮くんと記念撮影。

レコーディング終了を祝って、安藤さんとスタジオ近くの卓球場へ。

もちろん自前のラケット持参で。

僕と同じく阪神ファンの安藤さん。

気になる最終戦を携帯でチェックしながらも、夜9時まで3時間半ぶっ通しで卓球に没頭。

汗ビッショリで二人ともヘロヘロ。

こりゃあ、卓球用のシューズが必要だね。

卓球場のおばあちゃんも呆れてたわ!

結構、上達した、、かも??



^
TOP