加藤ヒロ 公式サイト

BLOG

2021.03.31

ええ子やわ〜

篭り場からの帰り道。

阪神戦の試合開始に間に合うように家に帰りたいところだが、どうせ意気込んでテレビの前に陣取るとロクな結果にならない。

別に自分にそんな大そうなパワーが備わっているとは思えないが、「見ると負ける」と感じている人は世の中には少なくないようだ。

そんなプロ野球も開幕し、春の暖かさを感じるようになって、ようやく電動アシスト付自転車に乗る機会が増えてきた。

2月に購入した自転車のバッテリーが間も無く30%を切る。

そろそろ記念すべき第1回目の充電の時期だ。

所詮、自宅と篭り場の往復でしか乗らないから大した距離ではないのだが、想像していたよりもバッテリーの持ちはいい。

いつも篭り場まで少し距離のある有料駐輪場に自転車を停めて20分以上歩く。

歩数も格段に増えるから健康にもいい。

しかも、駐輪代は1日100円で済む。

自転車での移動が増えると車で移動する時と比べてコインパーキング代が浮くから、これで益々会社の経費削減が促進される。

いいことだらけだ。

そんな感じで、自転車を停めている駐輪場まであと少しでのこと。

踏切の手前30メートルの距離に信号のない横断歩道がある。

降りていた遮断機は上がり、車の往来が再開される。

僕がゆっくりその横断歩道に近づくと、、小学生だろうか、リュックを背負った一人の男の子が“気をつけ”の姿勢のまま、車が途切れるのを待っていた。

通りかかった一台のワゴン車が少年の姿に気づいて少年を渡らせる。

それを見た少年は、気をつけの姿勢からほぼ直角に深々とお辞儀をして、横断歩道を渡り始める。

そこへ反対車線には一台の乗用車が近づく。

少年は一瞬だじろぎ、歩みを停めるが、反対車線の乗用車は急いでブレーキをかけ、少年を渡らせる。

その時、少年はその乗用車にもほぼ直角に深々とお辞儀をして、小走りに横断歩道を渡りきった。

なんて礼儀正しい少年なんだ。

「ええ子やわ〜。」

と心の中で叫ぶ。

許されるなら、駆け寄って頭をなでなでしたいくらい。

きっと親御さんの教育がしっかりしてるんだろうな。

それか、スポーツ少年ぽいから、優れた指導者に恵まれているのか。

「ええ子やわ〜。」

と心で叫ぶながら、その少年の3メートル後ろから、僕もそそくさとその横断歩道を渡る。

ワゴン車は行ってしまったが、反対車線の乗用車は僕が横断するのも待ってくれていた。

そこで僕はほぼ直角に深々とお辞儀をしてら、、何の宗教??ってことにならないか。。。

なので、ちょこっと顎突き出して会釈だけしといたわ。

大人って、、、ダメやね。。。
2021.03.21

Ride on Time!

ほんの3日前には、その気配を感じとれなかった桜の枝に、チラホラとピンクの花が咲いている。

個体差があって、早くも満開に近い桜の木も所々で目にすることができる。

せっかく咲いたサクラの花が、今日の春に嵐で散ってしまわないかと心配したが、咲いたばかりのサクラの花は生命力が強いのか、簡単には散らなかったみたいだ。

いよいよ、春本番間近。

去年の今頃の話をすると、必ず新型コロナの話題に。

日本で新型コロナがまだ本格的に広まる前の話になると、ダイアモンド・プリンセス号のことを皆んな言いたいらしいのだが、客船の名前がすぐに出てこないのか。。

「ほら、あの〜、クイーンなんとか号・・」っていう人が多い。

クイーンなんて欠片も入ってないのにね。


さて、加藤ヒロの3枚目のフルアルバム「雨上がりの朝に」のリリース時期がちょうど夏が来る前くらいになりそうだ。

先日、無事にマスタリングも終了。

それにしても、そんなお方にマスタリングをお願いできるのか、というくらい大御所の方にご担当いただく。

写真は、マスタリングスタジオでの一コマ。

「この椅子にあの人もよく座って、スイッチをいじってるよ。」と言われ、僕も同じ椅子に座ってご満悦の表情。

あの人とは、、僕が尊敬するあの大御所のアーティストのお方。

後ろでサウンドディレクターのKOSENさんが、、これは、、寛いでるのか、、それとも、ダベッてるのか??

そろそろ、アルバムのジャケットデザインの作業にも着手。

素敵なデザインになりそう。

桜ももうすぐ満開だし、僕も会社を3月末で辞めていよいよ自由の身に。

色々とやりたいことをやっていこう。

サクラの花が然るべき時に咲くように、僕も時の流れに乗って行かなきゃ。

そう、時に乗れ!ですよ。

まさに、、Ride on Timeですよ!

頑張って行きましょう!



2021.03.06

レキシントンの幽霊と座敷童

村上春樹の「レキシントンの幽霊」という短編小説を読んだ。

ネタバレになるので詳細は書かないが、ストーリーとしては題名にある通り、彼がマサシューセッツ州ケンブリッジ郊外にある友人宅で過ごした一夜の出来事について綴った物語だ。

その小説を読み終えて数週間がたった頃の話。

その日、疲れていた僕はいつもより早く床に就いた。

僕の寝床は一階にある。

布団に潜り込み(僕はベッドよりも、昔ながらの布団で寝る方が好きだから布団で寝ている)、そっと目を閉じる。

いつもなら直ぐに訪れる眠りが、その日は中々訪れない。。

何度か寝返りをうつ。。

だめだ、、眠れない。

僕は35歳を境に、布団に入ってからすぐに寝ることが誰よりも得意になったはずなのに。

しばらくして、眠れない理由に気付く。

二階から聞こえてくる物音がうるさいのだ。

いや、その物音が物理的な騒音のように聞こえる訳ではない。

もっと言えば、その物音自体が、本当に二階から聞こえているかの確信さえも持てない。

でも、確かに誰かが二階で、、そう、、まるで子供がはしゃいでステップを踏んているような、そんな足音がずっと鳴っているのだ。

寝床で30分くらい経った頃、我慢できなくなり僕は二階へと様子を見に行った。

ところが、そこには誰もいない。

当たり前だ。

「うるさいんだけど!」

一言だけ言い残し、また一階に降りて布団に潜り込んだ。

不思議なことに、二階から聞こえていた足音はピタリと止んだ。

それから、間も無くして僕は深い眠りに落ちた。

一体、あの物音は何だったのか。。

春が近づく満月の夜に、たまたま僕の家の二階で誰かが宴でも開いていたというのか。

それとも、本当に座敷童でも現れたのか。。

不思議な夜の話。

幽霊なのか座敷童なのか分からないけど、不思議な夜はレキシントンだけではないようだ。


^
TOP